iphoneを水没させてしまったときに起こる画面の不具合について

iPhoneが水没して起こる不具合まとめ

料理中、お風呂での使用中、夏場に水辺で遊んでいた時など、iPhone画面に水が付いてしまった、または水没させてしまった経験はありませんか?
気がついたら時既に遅し。呆然としてしまいますよね。

今回は、iPhoneが水没して起こる不具合と、対処法についてご紹介したいと思います。

iPhoneを水没させてしまうと、以下の様な症状が起こる可能性があります。

・画面が真っ白(または真っ黒・真っ赤・青)になってしまった。
・画面がまだら模様になり、汚れている。
・画面が真っ暗で何も映らない
・時々画面の中が揺れる
・画面がチカチカと点滅する
・画面が暗い、シミができた、線が入る
・ホームボタンが聞かない
・タッチパネルが反応しない
・充電が出来ない
・英語でエラーが表示される
・一度電源を落とすと、iTunesで復元が必要
・バックライトがつかない
・明らかに不要なポップアップが出る
・文字が勝手に入力される
・充電速度が遅い

このような症状が出てしまった場合は、すぐに修理に出しましょう。

次から、iPhoneが水没してしまった時の対処法について詳しく説明していきます。

iPhoneを水没させてしまったときの対処法

以下は、iPhoneを水没させたときの対処法です。方法はネットで様々でていますが、復活する可能性の高い方法をまとめてみました。

・電源をすぐに切る。
   電源を付けたままにしていると、最悪の場合ショートします。
・カバーを外す。
   これ以上水が本体に入らないようすぐに外しましょう。
・SIMカードを抜く
   SIMカードは万が一の時非常に重要です。最悪SIMカードだけは守りましょう。
   抜いた後はティッシュで水をきれいに拭き取ってください。
・ドットコネクタに充電器等は絶対に接続しない
   接続した瞬間ショートする可能性があります。
・ジップロックに乾燥剤を入れて、数日乾燥させる。
   我慢してしばらく乾燥するのが一番です。
・iPhoneをティッシュで包む
   とにかく水分を吸い取るようにしましょう。
・絶対に振らない
   iPhone本体全体に水を送り込むことになってしまいます。
・特殊な液体は水で洗い流す
   コーヒーやオイル、ビールなど特別な液体の場合は、時間が経過しても乾燥した状態になりません。電源を切って、水で洗い流しましょう。

iPhoneの画面自体は、多少水滴がついても、継ぎ目から水が浸入しない限り故障することはありません。
水没は致命的ですが、正しく、時間をかけて対処すれば復活する可能性は0ではありません。
すぐに修理に出すことが出来ない場合は、上記の方法を参考にしてみてください。

iPhoneが水濡れした場合の反応チェック方法と修理

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

タグ一覧