iPhone同期に関する知っておくべき基本事項とトラブル解決まとめ

iPhoneが同期できない場合のチェック項目

iPhoneの同期は定期的に行っていますか?
大切な情報をなくさないためにも、同期は重要ですが、家電のように「ぽん!」とワンタッチでできるものでもないので、難しいですよね。

Wi-Fiで同期、USBで同期、手動で同期や、iCloudにバックアップ、コンピューターにバックアップなど方法もいくつかあり、複雑です。

加えて、iPhoneを長く使うことによる情報量の肥大化、バージョンアップによるトラブルも多発しているようです。
お困りの方も多いかとおもいますので、同期できない場合に確認すべき、基本的なチェック項目をまとめてみました。

iPhoneの同期する際の基本チェック!

●バージョンを確認してみよう!
iTunesが最新バージョンになっているか確認してください。バージョンが古いと、同期できないことがあります。

●手動同期にしていませんか?
手動で同期するように設定されていると、接続するだけでは同期が始まりません。
iTunesの「概要」で確認できます。

●選択した項目のみを同期する設定になっていませんか?
この設定だと、当然ながら、同期したい項目にチェックが入っていなければ同期できません。
同期させたい音楽がない!という方は、この原因が多いかもしれません。

●Wifi同期がオンになっていますか?
Wi-Fi経由で同期する為には、iTunesの同期オプションをオンにしなければなりません。
iTunesの「概要」で確認できます。

以上が基本的な同期のチェック項目です。
上記の内容に不備のなさそうな場合は、「iTunes」と「iOS」のデバイスを「再起動」してみてください。とにかくこれが手っ取り早いです!これだけで改善する場合が多々あるようですよ。

  • iPhoneが同期できない場合のチェック項目2

上記以外にもiPhoneが同期できない原因はまだまだあります。次から、iPhoneが同期できない時のその他の原因と対処法をご紹介します。

タグ一覧