iPhoneがいきなり充電できない(充電されない)ときの対処方法

iPhoneを使っていると、急に充電ができなくなることがあります。すぐにiPhoneの故障を疑わずに、ここで原因と対処法を見ていきましょう。

iphoneが充電できない時の原因と対処法

iPhoneがフリーズしている

とりあえず、まず疑いたいのはiPhoneの一時的なフリーズです。一時的なフリーズは、電源を一度切り、再度電源を入れなおせばOKです。

コンセントマークが表示され続ける

バッテリー残量が極端に少ない場合は、充電を開始してもコンセントマークが表示され続けることがあります。15分以上充電を続けると、正常に戻ります。

充電ケーブルやコネクタ、コンセントの故障

かなり原因として多いのが、

・充電USBケーブルの不具合
・コネクタの故障
・抜き差しのしすぎによる摩耗
・充電器コンセントの故障

などが、比較的原因になりやすいです。

この場合は、再度商品を購入するのが最も安価で簡単な方法になるでしょう。

純正Apple充電器とケーブルを使っていない

iPhone5/iPhone5s以降では、Apple純正の充電器やケーブルを使わないと、ちゃんと充電できないということもあります。

サードパーティのプロダクトを使用している人は、純正品を試してみることをオススメします。

iPhoneのバッテリー寿命

iPhoneのバッテリーの寿命であれば、バッテリーを交換しましょう。バッテリーも使うほど劣化していくので要注意です。

iphoneの水没経験がある

水没経験がある方は、これが原因の可能性もあります。これは残念ですが修理が必要になります。

修理会社もしくはAppleサポートに連絡をしてみましょう。

どれにも当てはまらない場合リセットをしてみる

このどれにも当てはまらない方は、一度iPhoneをリセット(強制再起動)してみましょう。

■iPhone X/XS, iphone 8/8 Plus
音量をあげるボタンを押す→音量を下げるボタンを押す→スリープボタン(サイドボタン)を押し続ける

■iPhone 7/7 Plus
スリープボタンと下げる方の音量ボタンを同時に長押しする

■iPhone 6s/6s Plus/SE
スリープボタンとホームボタンを同時に長押しする

まとめ

原因がわからない場合は、iPhone側の接続部分の故障が考えられますので、その時はAppleStoreに行ってなおしてもらいましょう。