DMMGAMESは、AndroidアプリをPCでプレイするための仮想化技術を持つBlueStackと業務提携し、本日4月19日にDMM GAME PLAYER上で一部機能を実装した。

DMMGAMESがBlueStacksと提携し、スマホアプリのPC展開を強化

DMMGAMESのマルチデバイス展開と業務提携の背景

DMMGAMESでは、データ連携によりユーザーの接触率を増やす事で売上増加が期待できるマルチデバイス展開を推奨しています。しかし、PC最適化等の開発コストやリソースがネックとなりスマホアプリのPC展開を断念するケースが多く見られます。

そのような問題点を解決し、コストやリソースを圧縮しながらスムーズに進行できる環境を整えるべく、BlueStacksと業務提携する事になりました。これにより、ユーザーはこれまでスマートフォンでしかプレイできなかったタイトルを、スペックやバッテリーを気にすることなく、DMM GAME PLAYERを通してPCの大画面で迫力あるプレイをお楽しみいただけるようになります。

今後できる事

現在Android向けに出しているアプリを今後はDMM GAME PLAYERでも提供できるよう、専用に対応したSDKを提供いたします。DMMGAMESへの認証や課金周りのシステムに対応する必要はありますが、初めからマルチデバイス展開を想定していないタイトルであっても、開発・管理コストを抑えてPC版を展開する事が可能です(※)。

また、今後のアップデートにてキーボードやマウスに操作設定の割り当てができるようになり、従来のPCゲームに遜色ない快適なゲーム体験をお届けすることが可能となります。
※調整作業が多数発生する場合はこの限りではありません。
※アップデート内容は予告無く変更になる場合がございます。

初回タイトルは2作品

BlueStacksの持つ機能を搭載したタイトル第一弾として『ダービースタリオン マスターズ』、第二弾で『三国ブレイズ』をリリース予定です。今後も続々タイトル追加予定の為、続報を楽しみにお待ちください。

ダービースタリオン

三国ブレイズ

タグ一覧