トップページ > ゲーム > RPG > 【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など
【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など
更新
RPG

【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など

【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など

本日3月20日15時より、『プリンセスコネクト!Re:Dive』において、新コンテンツ「共闘」がリリースされました。

こんにちは、Applision萌えゲー担当のエリックです。ゲリラ的に行われてびっくりですね。明日の朝5時にはクランバトルも控えているので、今日は何もないと油断してたらこれですよ……。
「共闘」はユーザーを2人集めて、合計3人でリアルタイムでクエストを攻略していくバトルとなっており、マナ、ルピ、装備やスキップチケットなどのアイテムを獲得するチャンスとなっています。実際にプレイしてみた感じだと金枠の装備はでないのかなぁって感じですが、もしかすると単純にドロップ率の問題もあるかもしれないです。

共闘のルール

【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など 【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など

最大3人のプレイヤーがリアルタイムで協力して敵パーティにバトルを挑みます。
味方と敵が1パーティずつ出撃しバトルします。

敵と対戦するメインプレイヤー以外のプレイヤーは、ユニオンバーストを使ってメインプレイヤーを援護できます。
味方パーティが敵パーティに勝利、もしくは敗北すると、次のプレイヤーと交代してバトルを開始します。

敵の3つのパーティを全滅させると勝利です。

共闘の参加方法

自分がホストとなってルームを作るか、ほかのプレイヤーが作成したルームにゲストとして参加します。
ルームを作るには共闘チケットが必要です。
ゲストは、共闘チケットが無くてもプレイできますが、報酬は共闘チケットを使用した場合よりも少なくなります。

共闘チケット

1日に2枚の共闘チケットをお贈りします。贈られた共闘チケットは直接所持数に加算されます。
共闘チケットは最大12枚まで所持できます。
※共闘のリリース時は、6枚の共闘チケットを所持しています。

共闘の挑戦回数

1日の挑戦回数に制限があり、1日に20回まで挑戦できます。
クリアに失敗した場合は、挑戦回数は減りません。
共闘チケットを使用していない場合でも、挑戦回数は減ります。
挑戦回数は、毎日「05:00」にリセットされます。

挑戦できるクエストと解放条件

●ダナエ岩窟・I(NORMAL)/ダナエ岩窟・II
前衛キャラの装備品を獲得しやすいクエストです。

●エゲリア泉洞・I(NORMAL)/エゲリア泉洞・II
中衛キャラの装備品を獲得しやすいクエストです。

●ガラテア氷穴・I(NORMAL)/ガラテア氷穴・II
後衛キャラの装備品を獲得しやすいクエストです。

難易度NORMALの解放は、メインクエスト 5-6(NORMAL)をクリア後、難易度HARDはメインクエスト 7-6(NORMAL)をクリア後に行われます。

ミッションの追加

共闘のリリースにともない、新たにミッションを追加しました。

・共闘を1回クリアしよう(デイリーミッション) 達成すると、「プレイヤーEXP×30」と「EXPハイポーション×2」をお贈りします。
・○人のプレイヤーと共闘をクリアしよう(ノーマルミッション)
はじめて一緒にプレイするプレイヤーと共闘クエストをクリアすることで達成となります。
最大20人のプレイヤーと一緒に共闘をクリアするたびに、毎回「ジュエル×50」をお贈りします。

一部のキャラのユニオンバーストについて

共闘のバトル中に、メインプレイヤー以外のプレイヤーがユニオンバーストを使用した場合、一部のキャラのユニオンバーストの効果が変化します。
2018/03/20(火) 15:00時点で、大きく効果が変化するユニオンバーストは、下記のとおりです。

・クウカ(エクスタシートリップ)
【サポート使用時】一番前の味方に魔法吸収バリアを展開する。

・ジュン(インフェルノシールド)
【サポート使用時】一番前の味方に物理/魔法吸収バリアを展開する。

コッコロのユニオンバースト「オーロラ」のように、自分のみへの効果を含むスキルは、自分のみへの効果を除いたスキル効果を発揮します。

注意事項

1. 共闘はプレイヤー1人では挑戦できません。
2. 共闘についての詳細は、アプリ内のフッターメニューから[メニュー]をタップし、[ヘルプ]内の「共闘」をご確認ください。
3. 共闘に関する内容は、予告なく変更する場合があります。
4. 共闘が「準備中」になっている場合は、タイトル画面に戻って再度ご確認ください。

共闘をやってみた感想

とりあえず現状はそこまで難しい感じでもなく、ギスギスした共闘にはならない感があるので、のんびりと楽しめる感じがあってよいですね。あとはチケットを使ってないほうもマナなども稼げるコンテンツなので、できれば最初からやっててほしかった(

【プリコネR】ついに共闘が実装!共闘のルールや参加方法など
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る