トップページ > ゲーム > ライト・暇つぶしゲーム > テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」
テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」
更新
ゲーム

テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」

こんにちは!Applisionです!

今回は、テープを貼る生き物を操ってポイントを稼いでいく、簡単操作のスマートフォンゲームアプリ、「Tape it Up!」をご紹介します。

非常にシンプルなゲームになっているので、スマートフォンゲームアプリを初めてやってみる!なんて方にもオススメですよ。

シンプルなゲーム性でアプリ初心者にピッタリ!

どんなゲーム?

テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」 テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」

工場の中、それも空いているダンボールが流れてくる、いわゆるライン作業の一部を抜き出した舞台です。

プレイヤーはテープを口から出しているかわいい生き物のようなものをフリックで操作して、空いているダンボールの蓋を、段ボールから落ちないように次々に閉じていきます。

まるでライン作業の仕事を面白くゲームにした、そんな作品になっています。

ゲーム全体がドットで描かれており、どこか懐かしさを感じさせてくれる雰囲気になっているので、ゲームにあまり親しみがない人でも雰囲気を楽しむことができると思います。

ゲーム自体もタップでダッシュ、スワイプで左右移動の簡単操作なので、慣れれば誰でも楽しむことができますよ。

おもしろいポイントは?

テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」 テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」

様々な大きさの段ボールが流れてきますが、その中にはアイテムが入っていたり、吸いこまれてゲームオーバーになってしまうダンボールもあります。

気持ちよくぴょんぴょんとダンボールをさばいていると、直前まで吸い込まれるダンボールだと気づかずに入ってしまうこともあり、悔しい気持ちになりますが、とても面白いです。

特に、f e v e r という文字を獲得すると一定時間地面に落ちることなくダンボールを飛び越えていけるようになります。この間はゲームオーバーにならないので、ポイントを稼ぐチャンスです!

さらに、段ボールの蓋をきちんと閉じる必要があるため、最初から最後までテープをはらないとポイントにならないのも面白いです。中途半端な仕事だと怒られちゃうわけですね!もちろん、このゲーム中は怒られないので安心して下さいね。


まだまだこのアプリの面白さを紹介していきます!

たくさんのキャラクター

テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」 テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」

実は、画像の中にだけある赤色のテープを出すキャラ以外にも、様々な種類のテープを出せるキャラクターがいます。こちらは課金をすることで解放することができるので、気になる方は買ってみて下さい!

どれも個性豊かな色や設定をしており、課金額も高価ではないので何かのついでに買ってみるのも良いかもしれません。

最近だと少し珍しい、ドットで可愛く描かれたキャラを使ってゲームを楽しむことができますよ。

大事なのはコース選び

コースは一つだけではなく、3レーンをダンボールさえあれば自由に行き来することができるので、いかにはやくポイントをより稼げるルートを選べるかが重要になってきます。

タップをしてダッシュすることでボーナスポイントを貰えるので、ダッシュが可能なコースを選ぶと良いかもしれません。

コース選びは、実際にプレイしてから慣れていくっていうのが一番なので、実際にプレイして自分だけのコースを見定めていきましょう!

ドットで可愛く描かれたキャラを、今までにない テープで蓋をする という面白いテーマで遊ぶことができるのはこのゲームだけです。簡単操作で知り合いに気軽に誘うことができるので、友達とポイントを競い合っても楽しいかもしれませんね。

このゲームを少しでも気になった方は、下にリンクを貼っているのでそちらからダウンロードしてみて下さいね。

このアプリが気になった人はこちら!
テープをフリックで自在に操る「Tape it Up!」
『Tape it Up!』をストアでダウンロードする
App Store:無料 Google Play:無料

販売元:Devsisters Corporation
販売価格:無料
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。

パリンゴゆでたまご: 快感!?ゆで卵むき名人になれるかも!!

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る