トップページ > 攻略連載コラム > サモンズボード > 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター
【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター
更新
サモンズボード

【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター

サモンズボードの効率的な探索方法

こんにちわ、銀河三畳です。
今回のテーマは「探索」についてです。
ゲームをプレイしていない時間を有効に使って、サモンズボードを効率よく進めちゃいましょう♪


■探索ってなに?

探索とは、パーティに組み込んでいないモンスターをお使いに出して、様々なアイテムを拾って来てもらうものです。
メニューの「モンスター」>「モンスター探索」と進むと、モンスターを探索に出すことができます。
  • 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター

コインやモンスター、ガチャポイントのほか、石版のかけらや光結晶や、グリンをはじめとした御三家など、レアなアイテムやモンスターが手に入ることも。

ログインできない時間は、探索を積極的に利用して、何もせずにこれらのアイテムを手に入れちゃいましょう!

探索のコツその1・探索に最適なモンスターは?

それではさっそく「探索」を行ってみましょう。

  • 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター
探索を行うためには、
・探索するモンスター
・探索する時間
を選ぶことになります。

では、探索に行かせるモンスターには、どのようなモンスターが向いているのでしょうか?

結論から先に言うと、星の数が多い=レア度の高いモンスターを使うのがオススメです。

  • 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター

星3のモンスターを探索に出すと、星1や2のモンスターより1回多く、星4では2回、星5なら3回多く探索を行ってくれる=一回に取ってくるアイテムの数が多くなります。

ただ、レア度の高いモンスターは、当然パーティに入れているでしょうから、「進化素材」を探索に出すのがオススメです。
進化素材の探し方は、【連載】サモンズボード攻略法Vol.6:進化素材の入手場所をご確認ください。

  • 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター

もしくは、リセマラで星5のモンスターを手に入れたけど、コストが高過ぎてパーティに入れられない……。
なんて場合は、プレイヤーランクが上がるまでは、そのモンスターを探索用として使うと便利ですよ。
リセマラのやり方は、【新連載】サモンズボード攻略法Vol.1:リセマラのやり方・手順をチェック!をチェックしよう!

探索のコツその2・最適な時間は?

次に、探索に出す時間についてです。

探索の時間は「1時間」「3時間」「5時間」「10時間」「20時間」の中から選ぶことが出来ますが、それぞれの時間に応じた探索の回数は、

1時間・3時間:1回
5時間:2回
10時間:4回
20時間:8回
となっています。
  • 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター 【10時間】
  • 【連載】サモンズボード攻略法Vol.7:効率的な探索のやり方と最適モンスター 【20時間】

これまで「1回の探索にかける時間が長いほど、質のいいアイテムが手に入る」説があり、「探索時間は3時間がベスト!」という考え方があったようですが、

「1時間でもレアアイテムが手に入った」という報告もあったりして、結局何時間がいいのかは、未だに結論が出ていないようです……。

ただ「10時間や20時間は効率が悪い!」というのは間違いないようです。
(確かに1時間を10回or20回繰り返した方が、回数多くなりますもんね……。

20時間連続で起きてるのも若干キツいですけどw)

ということで、私の考えとしては、
「1時間か3時間を、自分の生活状況に合わせて選ぶ」

のがベストだと思われます。

学生さんであれば、授業前の休み時間ごとに1時間の探索に出すなど、なるべくログイン回数を増やした方がいいでしょう。
※ちなみに、学校にiPhoneを持っていって没収されても、私の方で責任は取れませんのであしからず(^ ^;)


前の記事
【連載】サモンズボード攻略法Vol.6:進化素材の入手場所

サモンズボード攻略記事は毎週火・木曜日に更新されます!
お楽しみにお待ちください!!
< 販売元:ガンホー
販売価格:無料
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る