トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > Instagramのアカウントを一時停止する方法
Instagramのアカウントを一時停止する方法
更新
まとめ・説明書

Instagramのアカウントを一時停止する方法

Instagramのアカウントを一時停止する方法

忍び寄るSNS疲れ

こんにちは! Applisionです! SNSをやっていると、ふとした瞬間に「疲れたなぁ……」と感じる事はありませんか?

芸能人や有名人がこぞってやっているし、メディアが頻繁に取り上げるし、友達もやってるし……。

そんな状況を見て、自分もなんとなくはじめてみたインスタ。

でも、ちょっと思ってたのと違うと思う事や、やっているうちにできた人間関係に辟易したり。

いわゆる「SNS疲れ」ですが、そんな時、あなたならどうしますか?

アカウントを削除してしまって、すっぱりInstagramをやめてしまうのもいいのですが、それもなかなか踏み切れない場合が多いですよね。

そこで提案したいのが、Instagramのアカウントを一時停止する方法、ご紹介いたします。

Instagramのアカウントを一時停止する

さっそく、Instagramのアカウントを一時停止する方法をご紹介します。

iPhone・Android等のスマートフォン、パソコン、どのデバイスからやるにしても、まずはWEBブラウザでInstagramにログインする事となります。

Instagram

一時停止する場合、アプリから作業する事はできませんので、必ずWEBブラウザ(Safari等)を使用しましょう。

ブラウザのInstagramにログインしたら、画面右上にあるユーザーネームの部分をタップします。(バージョンやデバイスによっては人の形のアイコンの場合もあります)

次の画面で、ユーザーネームの下にある「プロフィールを編集」をタップします。

プロフィール編集画面を一番下まで進めると、「アカウントを一時的に停止する」という文字が現れますので選択。

「アカウントを一時的に停止」というページに進みますので、アカウントを停止する理由を選択します。

記載されている理由に当てはまるものが無い場合は、「その他」を選択しておけばいいでしょう。

理由を選択すると、パスワードを入力する窓と「アカウントを一時的に停止」というボタンが現れます。

Instagramにログインする際に必要なパスワードを入力し、この赤いボタンをタップしましょう。

すると「実行しますか?」という確認がされますので、問題が無ければそのまま「OK」をタップすれば、そのアカウントは一時停止されます。

Instagramのアカウントを一時停止するとどうなるの?

Instagramのアカウントを一時停止すると、見え方はどうなるのでしょう?

一時停止にしていると他のユーザーからは、あなたの情報はすべて非表示となります。

これまでに投稿した写真や動画、コメントやいいね、フォロワーは非表示ままです。

アカウントの削除の場合と違って、あくまでも一時停止の措置を行っているだけなので、データ自体は削除される事はありません。

もし、Instagramを少しでも再開するかもしれないという可能性があるのであれば、削除ではなく一時停止を選択するようにしましょう。

注意点として、アカウントの削除をしてしまうと、全てのデータは削除されてしまい、二度と復活する事はできず、そのアカウント名等も2度と使用する事はできません。

ちなみに、アカウントを一時停止できるのは、1週間に1回までとなっています。

一時停止を解除する方法

一時停止にしていたInstagramのアカウントを解除する方法はとても簡単です。

停止をした時とは違い、まずはInstagramの「アプリ」を起動します。

ログインに必要なユーザーネームとパスワードを入力してInstagramにログインします。

すると「アカウントを再開しました」と表示され、今まで通りInstagramを再開する事が可能となります。

一時停止を解除して再開する時の注意点として、すぐには解除できないという事を覚えておきましょう。

これはInstagramのシステム的な問題で、一度一時停止にすると、解除するには数時間、時間を置かないと処理が追いつかないんです。

一時停止自体は、速やかに処理されて反映されていますのでご安心を。

疲れたら一時停止してみる

Instagramを一時的にお休みするなら、「アカウントの一時停止」にしましょう!

せっかく大切に重ねた思い出を、一時の気の迷いで消してしまっては勿体ありません。

まずはアカウントを一時停止にしてみて、執行猶予期間をおいてみるのも悪くはないはずですよ。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る