トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでのエンコードに関する知識おさらい
iPhoneでのエンコードに関する知識おさらい
更新
まとめ・説明書

iPhoneでのエンコードに関する知識おさらい

iPhoneでのエンコードに関する知識おさらい

iPhoneのエンコード問題

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使用している時に、突然文字化けが起こった経験はありませんか?

届いたメールを開くと、何が書いてあるかさっぱり判読できない文字化け。

でも、送った方に送信メールを確認してもらっても、当然文字化けはしていない。

iPhoneで調べ物をしようとブラウザで色々見ていたら、何もしていないのに文字化けが……。経験のある方も多いと思います。

なぜiPhoneを使っていると、突然文字化けが起きてしまうのでしょう? 一緒に考えていきましょう。

iPhoneが文字化けを起こす原因

本来、iPhoneのみならず、インターネットは英語のみで処理するように設計されていました。

なので当然、日本語のテキストには対応していないのです。

そこで日本語のテキストには、それぞれ「文字コード」と呼ばれる番号が振り当てられました。

その番号は、文字としての情報ではなく、情報として通信上でやりとりができるものとして確立しました。

しかしこの文字コード、かなりの数が存在してしまう為、WEB上では混乱をきたすのです。

テキストの制作者が「A」という文字コードを指定してサイトやメールを作成したとします。

しかし、それを見る側となる人の環境が「B」という文字コードとして認識してしまうと、文字化けが起きてしまいます。

大抵の場合、iPhone等に入っているアプリが、自動的に文字コードを判別します。これを「エンコード」と呼びます。

エンコードは、文字だけに影響を及ぼすわけではありません。

特定の絵文字が表示されない、その絵文字の部分だけ化ける……という事も起こります。

この現象は、きちんとエンコードはされているのに、受け手側のiPhone等の環境に、その絵文字やフォントが存在しない為に起こります。

かといって、すべてiPhone等のデバイスの問題というわけでもないのがエンコードトラブルの悩み。

iPhoneを契約しているキャリアメール等の場合は、メールの受信・送信のサーバーがエンコード自動検出行います。

その為、自動的にキャリア間で表示できる絵文字等にエンコードしてしまうのです。

文字コードの主流は「UTF-8」

現在のWEBページでの日本語のエンコードは「UTF-8」が主流です。

もちろん、iPhoneでもエンコードは「UTF-8」に設定されています。

しかし時々「Shift-JIS」というエンコードで作成されたWEBページやメールも入り混じるため、文字化けを起こします。

「Shift-JIS」のになってしまっている為、うまくエンコードが変更されないパターンが一番多いのですが……。

突然びっくりするような言語に変換されてしまう事も、実はよくあるのです。

次からもっと詳しく説明していきます。

iPhoneのSafariでの文字化け対処法

iPhoneの標準ブラウザである「Safari」。

一番よく使われているWEBブラウザだからこそ、エンコードがおかしくなった時の対処法は抑えておきましょう。

一番簡単なエンコード設定変更の対処法は、URLをコピーして別のブラウザアプリで閲覧する方法です。

iPhoneの場合は「ドルフィンブラウザ」がおすすめのようですね。

最近よく使われるようになってきた、「GoogleChrome」も使い勝手が良いのでおすすめです。

アプリを使用しての対処法なら、下記のものがいいでしょう。

文字コード選択Webユーティリティ

このアプリをiPhoneにインストールしておけば、おかしなエンコードになり文字化けしてしまった画面を、正しくエンコード変更ができるのです。

エンコードを正しくする方法はとても簡単。iPhoneのSafariで開いたページのエンコードがおかしい時は、URLの頭に「ch」と入れるだけで、エンコードが変更されます。

iPhoneのメールの文字化け対処法

残念ながら、iPhoneに初期搭載されているメールソフトを使用した受信メールには、対処法がないのが現状です。

この場合は、Gmail等のWebメールに再度メールを送ってもらうか、相手側のエンコード設定を変更してもらうしかありません。

送信者側がであればできる事もあります。送信するメールのエンコードを、「UTF-8」固定するのです。

「UTF-8」のエンコード判定の出る特殊記号を署名等に入れておく事で、相手が文字化けで読めなくなる事を回避します。

署名の設定方法

iPhoneの「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「署名」。

自分の名前等を入れている署名の欄の最後に、先ほどご紹介したような「UTF-8」送信される記号を入れておけばOKです。

まとめ

iPhoneのエンコードがうまくいかず、文字化けをしてしまった時に知っておきたい知識についておさらいしてみました。

エンコードそのものが何かという事も、お分かりいただけましたでしょうか。

まだ文字化けを経験していない方も、対処法を知っているといざという時に役立ちます。

何度も使う文字に便利! iPhoneで定型文を登録する方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る