トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iphoneのメールを削除してゴミ箱を空にする方法
iphoneのメールを削除してゴミ箱を空にする方法
更新
まとめ・説明書

iphoneのメールを削除してゴミ箱を空にする方法

iphoneのメールを削除してゴミ箱を空にする方法

メールはずっと溜まりっぱなし

こんにちは! Applisionです! 突然ですが、断捨離してますか?

不要なものをばっさり捨てて、すっきりした気持ちで生活するのっていいですよね。

iPhoneのメールも、ばっさり削除してスッキリしたいと思いませんか?

iPhoneに日々届く、有益だったり無益だったりがさまざま織り交ぜられたメール達。きちんと整理されていれば、大事なメールを探すのにも無駄な時間を取る事もありません。

でも、iPhoneのメールって一気に消せるの? これ、意外と知らない人が多いんです。

そこで今回は、iPhoneのメールを削除してゴミ箱を空にする方法について一緒に考えていきましょう。

iOS10のiPhoneのゴミ箱、どこに行った?

不要なメールをゴミ箱に入れて、サクッと一括削除を……と思ったら、ゴミ箱がない。

そう、iOS9までは「すべてゴミ箱に入れる」という項目があったのに、iOS10からはそれがなくなってしまったのです。

この手の改変っていきなりなので、いつも使っている機能だと地味に困りますよね。

ではiOS10以降のiPhoneで、メール一括削除するにはどうしたらいいのでしょうか。

「すべてゴミ箱に入れる」はできないけど、まとめて削除は可能

ゴミ箱は消えても、iOS10以降のiPhoneでメールをゴミ箱に入れて削除する事は可能です。

ある程度不要なメールが溜まったら、この方法でメールを一括削除してしまいましょう。

iPhoneのメールアプリを起動。

「編集」→「すべてマーク」→「開封済みにする」で、まずは未読のメールをすべて既読にします。

次に「移動」をタップしながら、先ほど選択したメールのチェックマークを外していきます。全て外せたら「移動」から指を外してOKです。

少し時間がかかるかもしれませんが、「メッセージをメールボックスに移動します」と表示されます。

すると「ゴミ箱」が選択できるようになりますので、タップすると、選択したメールはすべてゴミ箱へ移動します。

ゴミ箱にメールを入れる時の注意点

上記の方法でiPhoneに届いた不要なメールをゴミ箱に入れる事ができるのですが、ゴミ箱を開くと勝手に削除されてしまうのです。

一度消えたメールは復元する事はできません。

バックアップを取ってあれば、そこから復元する事は可能ですが、できれば必要になる可能性があるメールは、ゴミ箱に入れないよう注意して下さい。

次からもっと詳しく説明していきます。

ゴミ箱のメールが消えない場合

ゴミ箱に入れてもメールが消えない場合は以下の方法で、ゴミ箱内のメールを削除して空にしてしまいましょう。

メールボックスの項目にある「iCloud」→「ゴミ箱」を開きます。

次に、画面右上の「編集」→画面左下にある「すべてを削除」→「すべて削除」をタップすれば綺麗さっぱり削除完了です。

メールがゴミ箱に移動できない

メールボックス内にある不要なメールを、ここまでのやり方をもとにゴミ箱へ移動させようとしても、「メッセージの移動ができません。このメッセージはメールボックス“ゴミ箱”へ移動できません」……このようなメッセージが出てしまい、メールをゴミ箱に移せない事もあるようです。

そんな時は以下の方法を。

iPhoneの「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」に入ります。

ゴミ箱にメールを移せないメールアカウントを選択しましょう。

「詳細」→「削除済メールボックス」→使用しているiPhoneの上にある「ゴミ箱」をタップ。

ここまでの流れを終えた後に、再度メールをゴミ箱に移動し、削除を行って下さい。恐らく今度は問題なく、メールをゴミ箱へ移動する事ができるはずです。

ダメな場合は、メールアプリや、iPhone本体を再起動してから、再度トライしてみて下さい。

まとめ

iPhoneのメールを削除して、ゴミ箱を空にする方法についてお話してみました。

iOS9までは気軽にできたゴミ箱の管理が、iOS10で急に仕様が変わってしまい戸惑う方も多いようです。

また以前のような手軽な処理ができるようになればいいのですが、中々そうもいかないのかもしれませんね。

不要なメールが溜まってきたら、ぜひ試してみて下さい。

iPhoneからiCloudのメールエイリアスを設定する方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る