トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの「ピープル」について、追加、非表示など
iPhoneの「ピープル」について、追加、非表示など
更新
まとめ・説明書

iPhoneの「ピープル」について、追加、非表示など

iPhoneの「ピープル」について、追加、非表示など

「ピープル」って何?

こんにちは! Applisionです! iPhoneは、説明書が無くても簡単に操作できるのが魅力のはずなのに、結構知らない機能も多いですよね。

そんな知られざる機能のひとつが「ピープル」です。

「ピープル」とは、iOS10から搭載された、iPhoneの写真アプリの新機能です。

この「ピープル」の機能では、iPhoneで撮影した写真に映っている人の顔を自動で判別し、一気に探す事ができる便利機能です。

しかしその便利さは、もろ刃の剣で、なぜかいらない人がピープルに認識されてしまい、別に見たくもない人の写真がずらーっと並ぶ事も。

便利なんだか不便なんだかよく分からないこの「ピープル」の追加や非表示にする方法等、詳しくご紹介してみましょう。

勝手に登録された人物を非表示に

冒頭でもお話した通り、「ピープル」は、iPhoneが勝手に関係ない人物を認識してしまいます。

そこで、必要ない人物を「ピープル」に表示されないようにします。

まずはiPhoneの写真アプリを起動し「アルバム」を表示します。「アルバム」の中にある「ピープル」をタップ。

画面右上にある「選択」→非表示にしたい人物を選択し、「非表示」をタップ。

これで「ピープル」からその人物が表示されなくなりました。

iPhoneのピープルでは、写真の削除は行えません。あくまでもピープルの中から非表示にできるだけなのです。

なので、非表示をガンガン使って、不要なピープルを消していくといいでしょう。

今後のアップデートで、削除の機能が搭載される事を願うばかりです、非表示だと、なんだか落ち着かない気持ちもわかりますので。

iPhoneのピープルに特定の人を追加する方法

iPhoneが自動認識してピープルに人物が追加されていくのですが、当然手動でも人物を追加する事が可能です。

追加方法は以下の通りとなります。

iPhoneの「写真」アプリを起動→「アルバム」→「ピープル」→「人を追加」で追加の写真を確定し→「追加」をタップすればOK。

うっかり違う写真をピープルに追加してしまった場合は、先ほどご紹介した非表示にする方法を行えば問題なしです。

ふたつ以上に分かれてしまった同じ人物の写真を統合する

よくある話なのですが、同じ人物が写真の写り方によって、別人物として登録されてしまう事があります。

うまく認識されない状態で、分かれてしまった場合は、手動で結合してしまいましょう。

iPhoneの「アルバム」アプリを起動→「ピープル」→「人を追加」ここで、別人と間違い登録されてしまった人物の写真をすべて選択します。

選択で来たら、画面左下にある「結合」ボタンをタップすれば、ひとつの登録にまとまります。

次からもっと詳しく説明していきます。

誤認識されてる?

同一人物のはずなのに、なぜか違う人物のピープルとして登録されている場合もあります。

確かに写真によっては別人にしか認識できない物もありますよね。

そんな時は以下の方法で、間違っている事を教えてあげましょう。

iPhoneの写真アプリから「アルバム」→アルバムに表示されている人物をタップし、「すべてを表示」を選択。

次の画面で表示された一覧の中から、ご認識されてしまった人物の写真がすべて表示されます。

「選択」→「顔を表示」→ご認識されてしまった顔写真を選択し、共有ボタンをタップ。最後に「この人ではありません」を選択すればOKです。

間違っていた人物は、追加する方法を参照して、正しく登録しなおしてあげましょう。

まとめ

iPhoneのアルバム機能にある「ピープル」についてご紹介してみました。

結構、うっかり写りこんだものや、スクショ等からキャラクターの顔を認識してしまってたりとかあるようですね。

そういうのをiPhoneから推されても困りますよね。なので、不要なものは手動で編集して、快適なiPhoneのピープルにしておきましょう!

iTunesでiPhoneの写真が同期できない時!

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る