トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの写真の位置情報を確認、設定する方法
iPhoneの写真の位置情報を確認、設定する方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneの写真の位置情報を確認、設定する方法

iPhoneの写真の位置情報を確認、設定する方法

写真をどこで撮影したかがわかる?

こんにちは! Applisionです! SNSやブログ等で、自分で撮った写真をネットに公開する機会が増えてきましたね。

でもその写真、ただの写真と思い込んでいませんか?

iPhoneで撮影した写真は、一般的な写真とは異なります。

何が異なるのかというと、その写真の中に、多くの個人データが刻まれているからです。

その中でも怖いのが位置情報です。その写真を介して、実はやろうと思えば第三者があなたの位置情報を調べる事ができてしまうのです。

自宅で撮影した写真の場合、位置情報がついたままだと、自宅周辺は特定されてしまうかもしれません、このiPhoneの写真の位置情報についてご説明いたします。

iPhoneで撮影した写真の位置情報を確認してみよう

実際どんな風に位置情報が写真に刻まれているのか、それを知るには実際に確認してみるのが一番です。

撮影した場所の位置情報を写真に刻み込む機能を「Exif(イグジフ)」と呼びます。

お使いのiPhoneで「GPS」機能をオンにして、撮影するとこの「Exif」に「ジオタグ」と呼ばれる座標が記録される仕組みになっています。

「Exif」が写真に記録するデータについてはまた後でお話するとして、位置情報の確認方法に移りましょう。

iPhoneで撮影した写真をパソコンで見ると、「Exif」に刻まれた情報を見る事ができます。

パソコンでiPhoneで撮影した写真を右クリックしてみましょう。

写真のプロパティが開きますので、上にあるタブの中から「詳細」を選びます。

すると表示された写真の情報の中に「GPS」という項目があるのが分かります。

「緯度」「経度」「高度」、これだけあれば、少し詳しい人なら、位置情報を特定する事が可能となります。

iPhoneからでも位置情報が記録されているか確認できる

パソコンがない方は、この方法でiPhoneで撮影した写真に位置情報が記録されているかどうかを確認しましょう。

「写真」アプリを起動し、画面左下にある「写真」を選択。

次の画面左上にある「コレクション」をタップ。

すると「日本」等の位置を示す文字が表示されますので、それをタップします。

自動的に地図が画面に表示され、その写真をどこで撮ったのか、地図上で確認をする事ができてしまいます。

これを使えば、iPhoneを紛失した際等に、第三者があなたの日常の行動範囲や自宅を特定できてしまうのです。

「Exif」に記録される情報

さて、では先ほどお話しした「Exif」に記録される情報についてみておきましょう。

先ほど登場した「位置情報」に加え、あなたの情報が記録されています。

・撮影日時
・iPhoneの機種名
・作成者名
・撮影した時のカメラの設定

「作成者名」は設定してあると、著作権情報として表示されます。

そんな事まで?と思ってしまう「カメラの設定」にも驚かされるばかりです。

シャッターのスピードや、フラッシュ撮影をしたかしていないか……等盛りだくさんですね。

緯度や経度がバレてしまえば、専用のアプリやソフトで、あっという間に位置情報を特定する事もできなくもない為、ネットにUPする際は十分な注意が必要です。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

位置情報を削除してくれるSNS等も登場している

一般的な大手のSNSは、たとえあなたがiPhoneで撮影した写真に位置情報が記録されていても、自動的に消す仕様になっています。

Facebook・Twitter・LINE・Instagram・mixiのような、誰もが知っているSNSサイトは既に対策を行っています。

SNS以外だと、アメーバブログやメルカリ等も、同様です。

livedoorブログやSeesaaブログのように、設定次第で位置情報を消す事ができるものもあります。

それだけ、位置情報が写真から漏えいしてしまうのは危険だという事が、よく分かりますね。

iPhoneの設定で位置情報を記録させない方法

自分の身は自分で守るのは、現代社会では当然と言われています。

なので、iPhoneで写真を撮った際に、位置情報が記録されないように設定を行いましょう。

iPhoneの「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」を開きます。

「位置情報サービス」の中から「カメラ」の項目を「オフ」にすれば、もう写真にあなたの位置情報は表示されない状態になります。

まとめ

iPhoneの写真の位置情報を確認・設定する方法についてご紹介しました。

専用のアプリやソフトを使えば、記録されてしまった位置情報を編集で消す事も可能です。気になるようであれば、チェックしてみて下さい。

一度ネットにアップしてしまった写真は、後から消したい!と思ってもなかなか難しいものです。

悪意のあるなしに関わらずSNS上で拡散されてしまうと、もう追いかけようがない場合もあります。

そんな写真が、悪意の第三者に見つかったらどうしますか?

怖い思いをしないためにも、写真の位置情報は記録されないように設定しておく事をオススメします。

iPhoneで位置情報をオンにする事のメリット・デメリット

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る