トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > instagramで二段階認証を設定する方法
instagramで二段階認証を設定する方法
更新
まとめ・説明書

instagramで二段階認証を設定する方法

instagramで二段階認証を設定する方法

Instagramの不正対策を

みなさん、セキュリティ対策は万全ですか?

ウイルスソフトや、キャリアが行っているセキュリティ対策? いいえ、違います。Instagramの話なのです。

よく耳するアカウントの「乗っ取り」実はこれ、Instagramでも起こるのです。

アカウント乗っ取りに合わない為に、Instagramにも、最低限の対策を講じておきましょう。

どんな対策か、それが「二段階認証」です。ご説明いたします。

悪意からアカウントを守る「二段階認証」とは

二段階認証とは、ズバリその名の通り、今使用しているパスワード以外にもログインする為に必要な情報を追加するものです。

ひとつなら簡単に突破できても、ふたつみっつと重ねていくとセキュリティは格段に上がります。

Instagramにも、ぜひ二段階認証だけでも設定しておきましょう。

二段階認証を設定したから、絶対に第三者からの乗っ取りがなくなる……というわけではありませんが、しないよりははるかにマシです。

ちなみに、Instagramで二段階認証を設定していると、ひとつ目の壁を突破された場合、速やかに不正ログインがあった事が通知されます。

二段階認証でInstagramのアカウントを保護する

Instagramでは二段階認証を行う為の紐づけに、電話番号の登録が必須となります。

何らかの不正アクセスがあった場合、この時登録した電話番号に「認証コード」がSMSで送られてきます。

この認証コードは、この後Instagramにログインする際に必須となります。

では実際に二段階認証を設定するやり方について、ご紹介してみましょう。

次から詳しく説明していきます。

Instagramを二段階認証にする手順

iPhoneでInstagramのアプリを起動します。ご自身のプロフィールのページを開き、画面右上にある歯車のアイコン(設定)をタップしましょう。

プロフィールへの入り方は、Instagram起動がの画面右下にある、人のシルエットのアイコンをタップすれば移動できます。

オプション画面が開きますので、画面を下にスクロールしていくと「二段階認証」という文字が現れますのでタップしましょう。

次の画面で「セキュリティコードをオンにする」という選択肢が現れますので、右のボタンをタップ。

あなたが設定上、まだ電話番号を登録していない場合「電話番号が必須です」という表示が現れます。

ここでは指示に従って「電話番号を追加」をタップしてください。

不正アクセスがあった時にSMSが届く電話番号を入力します。画面上は「+81」と表示されていますが、気にせず「080」「090」から入力しましょう。

すると登録した電話番号にSMSが送られてきます。SMSに記載されているのが、数字6桁からなる認証コードです。

その6桁の数字を、認証のページで入力します。

問題なく認証が完了すると、バックアップコードが画面に表示されます。

便利な事に、ここでInstagramのアプリがスクリーンショットを撮影するかどうかまで聞いてくれる、至れり尽くせりぶり。

お言葉に甘えておくのがいいでしょう。そのスクリーンショットの管理にも気を付けて下さい。

これで二段階認証の設定は完了です。

念の為に「設定」→「二段階認証」→「セキュリティコードをオンにする」がオンになっているかだけ、確認しておいて下さいね。

まとめ

Instagramで二段階認証を設定する方法についてご紹介しました。

セキュリティは少しの事で、効果がぐんとアップします。

他にもアカウントを守るための手段は色々ありますが、二段階認証の設定なら初心者の方でも、今すぐできそうです。

あらゆるSNSがどんどん二段階認証を導入しています。それだけ個人情報が危険にさらされているという事を、認識しておかなければなりませんね。

iPhoneのマップアプリの履歴を削除する方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る