トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > Apple Payでカードが追加、登録できない時の対処法
Apple Payでカードが追加、登録できない時の対処法
更新
まとめ・説明書

Apple Payでカードが追加、登録できない時の対処法

Apple Payでカードが追加、登録できない時の対処法

Apple Payが使えない?

こんにちは! Applisionです! 昨年10月についに解禁された、iPhoneの決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」。

もう解禁されてからずいぶんと立ち、CM等もよく見かけるようになってきましたね。

すでにお使いになられている方も、多いとは思いますが、どうもApple Payにカードの追加や登録がうまくできないトラブルが起こる事があるようです。

カード追加できないとなると、せっかくのApple Payも台無しです。

Apple Payのカードの追加・登録のトラブルの対処法をご紹介していきます。

そのカード、Apple Payに対応してる?

まず、何はなくとも登録したいクレジットカードが、Apple Payに登録できるかどうかを確認しましょう。

「カードを追加できませんでした」というメッセージが出る場合の多くは、カード側がApple Payに対応していないようです。

以下のApple サポートを参考にしてみて下さい。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行会社

Apple Payは障害が起こる事も?

もしかしたら、Apple Pay側でシステム障害が起こっていて、カード追加できないという場合も、稀ですが起こり得ます。

Apple サポートのシステム状況

どうしても原因がわからないという場合は、システム障害が起きていないかを確認しましょう。

もしそのような状態であれば、少し時間をおいてから、再度カードの登録や追加を行ってみましょう。

またiOSのバージョンが古いと、カードの追加や登録できない状態に陥る場合もある様です。

古いバージョンの場合は、OSを最新のものにしてから、再度チャレンジしてみて下さい。

Apple Payへの基本的なカード登録方法

iPhoneにインストールされている、「Wallet」アプリを起動し、「カードを追加」をタップしましょう。

画面に表示された枠内に、登録したいカードが収まるように調整し、カードの読み込みを行います。

iTunesやApple Storeで、登録した履歴が残っている場合は、セキュリティコードを入力できる画面が表示されます。

カードの読み込みがうまくいったら、画面上の情報とカードが一致しているかを必ず確認して下さい。

問題がなければ、セキュリティコードを入力しましょう。利用条件を読み「同意する」をタップすれば、カードが「Wallet」に追加されました。

カードを認証する

Apple Payは、登録するだけでは使用する事ができません。そこでカードの認証を行います。

カードの登録が完了したら、「QUICPay」のロゴが画面に表示されます。

その画面右上にある「次へ」をタップ。

カード認証の画面へ移りますので、SMSを選択し認証コードが届くのを待ちます。

届いたコードを、カード認証の画面に入力します。

正しく入力ができると、「アクティベート完了」という文字が出て、Apple Payにカードが登録できました。

ここまでがApple Payにカードを登録し、使えるようになるまでの行程です。

何か忘れている事がないか、今一度確認してみましょう。次からもっと詳しく説明していきます。

Apple Payにカードが追加できない時の対処法

先ほどご紹介した通り、まずはシステム障害等を疑いましょう。そしてOSが最新のバージョンであるかを確認します。

問題がなければ、まずはiPhoneを再起動してみましょう。

原因不明のエラーのせいで、うまくカードの追加ができない可能性もよくある事なのです。

それでもダメな場合は、登録しているカードを一旦削除してみるのも効果的です。

カードの削除のやり方

Walletを起動し、削除したいクレジットカードを選択します。

画面右下にある丸で囲まれた「i」のアイコンをタップしましょう。

カードの情報ページが開きますので、ページを下のほうに送り「カードを削除」を選択し、削除を行います。

これは以下の方法でも可能です。

iPhoneの「設定」→「Wallet と Apple Pay」→削除したいカードを選択→「カードを削除」削除が完了したら、再度カードの追加を試してみて下さい。

もしこれでもうまく追加ができない場合は、Apple Payそのものより、カードに問題がある可能性も出てきます。

その時は、使用したいカードの会社へ直接問い合わせてみる事をオススメします。

Apple Payのトラブル、まだまだある

Walletで追加してあるカードを確認すると、「カードをアップデートすると、Apple Payが利用可能になります。」こんなメッセージが出てエラーになる事があるようです。

カードをアップデートってどういう事でしょう?

このエラーメッセージは、かなりの人が苦しめられているようです。

しかもついさっきまで普通に使えていたカードが、いきなり使えなくなるという現象まで起こる始末。

Appleのサポートでもすぐ解決できないようで、難易度の高いエラーなのかもしれません。

完全な解決策ではないのですが、このような状況の場合、バックグランドで動いているアプリが無いかを確認してみて下さい。

メモリ不足が原因かどうかは、はっきりとした事は分からないのですが、大量にアプリが稼働したままだったのをすべて終了させると解決したという意見があります。

複数枚のカードを登録すると使いにくい

Apple Payには複数の種類のカードを追加する事ができます。

もちろん、その中からメインで使うカードを指定する事ができます。

しかし、使いたいカード以外が出てきてしまうので困る……、という意見もよく耳にします。

実はこれ、Apple Payにカードを登録した順番が関係しているようなのです。

一番最初に登録したカードが何かを覚えていますか? QuicPayかIDかSuicaか。

どれでも順番自体は問題はないのですが、一番最初に登録したものをメインのカードとして認識するようなのです。

そこでメインのカードを指定しておくと大変便利です。

Walletアプリを起動すると、追加してある各種カードがずらりと表示されます。

メインとして使いたいカードを長押しすると、ひょこっと持ち上がるので、一番手前に移動させる事が可能になります。

すると「”○○○カード”がメインカードになりました」というメッセージが表示されます。

これで今一番手前に移動させたカードが、常に一番最初に使用するメインカードとなります。これ、結構便利です。

まとめ

Apple Payでカードが追加・登録できない時、どうしたらいいのか、対処法や、それ以外のトラブルについてもご紹介してみました。

まだまだこれからのシステムなので、色々な不具合やトラブルもこれからどんどん出てくるでしょう。

便利なものも最初は不便がつきものなので、うまく対処して、お買い物を快適にして下さい。

iPhoneでアプリ内課金できないようにする方法まとめ

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る