トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで特殊文字を使う方法まとめ
iPhoneで特殊文字を使う方法まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneで特殊文字を使う方法まとめ

iPhoneで特殊文字を使う方法まとめ

iPhoneで特殊文字を使いたい

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っていて、LINE等でメッセージを貰った時、かわいい顔文字を見て、自分でも使ってみたいと思った事ありませんか?

最近の顔文字はとても凝っていて、特殊文字を多用する事で広がりを増やしています。

ですが、そんな特殊記号、文字ってなに? という方もいるはず。

顔文字以外にも用途のある特殊文字。iPhoneでどうやったら打てるのかまとめてみました。

iPhoneの特殊文字ってどうやって打つの?

iPhoneで受け取ったメッセージにある特殊文字、読む事はできるのに、入力する方法は分かりづらいですよね。

ですが、一部の特殊記号は、普通にiPhoneのキーボードで入力する事が可能なのです。

iPhoneのキーボードを長押しすれば、特殊文字が表示されるんです。これは覚えておきたいです。

使い方は簡単。「英語キーボード」を表示して「A」や「E」のアルファベットを長押ししてみてください。

すると変換候補の一覧が表示されます。

これはアルファベットだけではなく「$」「&」でも表示されます。

ちなみに「かなキーボード」の場合はフリックで代用可能な特殊文字が入力可能です。

もっとたくさんの特殊文字をiPhoneで使いたい!

先ほどご紹介したものは、キーボードから入力する事ができますが、あまり種類がありません。

かわいい顔文字や、メッセージをデコるには、もうちょっと違う感じの特殊文字を希望されますよね。

この場合は特殊文字を「入力」するのではなく、「変換」する事で、iPhoneでも使用する事ができます。

変換で特殊文字を出す場合は、キーボードの切り替えが少し面倒ですが、覚えてしまえばさほど難しくはありません。

一番簡単にiPhoneで特殊文字を出すには、日本語キーボードを使い、ひらながで「きごう」と入力してみましょう。

入力できたらキーボードの右上にある、上向き矢印のようなアイコンをタップ。

するとiPhoneで使用する事のできる、さまざまな特殊文字の記号一覧が表示されます。

・「たんい」
・「すうがく」
・「けいさん」

なんていうのもぜひ試してみてください。見た事のある特殊文字が沢山表示されるはずです。

私的によく使うのは「やじるし」です。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

絵文字だって特殊文字の仲間

iPhoneの特殊文字と聞くと、アルファベットのような記号ばかりを想像しがちですが、絵文字だって立派な特殊文字です。

「きごう」の時と同じように「えもじ」と入力してキーボード右上の上矢印をタップ。

今度はいろいろな表情の顔の絵文字や、よく使う絵文字アイコンがたくさん表示されました。

同じように「はーと」と入力すると、色々なパターンや色のハートマークが表示されます。女子にハートマークは必須ですよね。

女子に必須と言えば「きらきら」とかもですよね。

でももっと便利に使うなら「かわいい」とか「どうぶつ」とか入力してみましょう。

するとかわいいのカテゴリにあたる色々な種類のお花や、キラキラしているところを表示しているもの、魚や猫等の動物が表示されます。

ちなみにこの「かわいい」等の場合、特殊文字を組み込んだ絵文字が一覧に出てきますので、そこから顔文字を入力できます。

「さみしい」とか「なく」とかこちらもいろいろ試してみてくださいね。

iPhoneのキーボードより使い勝手のいいアプリたち

魚と言えば、最近よく聞かれるのが「ヒトデ」や「亀」。

これらはiPhoneのキーボードを使うよりも、専用のアプリを導入するほうが簡単で楽ちんです。

特殊顔文字
みんなの顔文字キーボード

まとめ

せっかくのメッセージのやり取りも、特使文字で絵文字・顔文字を駆使して、楽しくデコりたいですよね。

お友達が送ってくれた面白い・かわいい特殊文字はコピーして辞書に保存しておくのも便利です。

最後にご紹介したアプリの中には、キーボードの背景画像を好きなものにできたりと、別の楽しみ方があるものも。

ぜひ試してみてくださいね。

何度も使う文字に便利! iPhoneで定型文を登録する方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る