トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > LINEで消えた友達やトークを復元する方法まとめ
LINEで消えた友達やトークを復元する方法まとめ
更新
まとめ・説明書

LINEで消えた友達やトークを復元する方法まとめ

LINEで消えた友達やトークを復元する方法まとめ

あいつとLINEで何話してたっけ……?

こんにちは! Applisionです! LINE、便利ですよね。

LINEでのお友達の会話のやり取りは楽しいし、仕事や部活等での連絡手段もLINEなんて方も多いでしょう。

iPhoneの機種変更や、原因不明のエラー等でLINEの友達やトーク履歴を消してしまった、なんて経験のある方もおられるかもしれません。

これだけLINEが浸透したこの世の中で、LINEぼっちなんて、絶対嫌ですよね。

そこで今回は、LINEの消えた友達やトーク履歴を復元する方法をご紹介いたします。

消えたLINEのトーク履歴や友達は復元できる?

消えたLINEのトーク履歴や友達については、状況によっては復元する事が可能です。

当然状況によっては復元できない可能性もあるのですが。

まずはなぜLINEのトーク履歴や友達が消えてしまったのか。その原因について考えてみましょう。

1. LINEアプリのアップデートや大規模トラブルによる不具合
2. iPhoneの機種変更を行った
3. 登録している友達がLINEのアカウント削除を行った

LINEのトーク履歴や友達が消えてしまう現象の原因は、おおよそこの三つのうちのどれかでしょう。

LINEアプリの不具合が原因の場合

LINEアプリそのもののアップデート時にもたまにすべてのトーク履歴や友達等のデータがすべて消えてしまう事があります。

また、アップデート以外でもLINEアプリ自体の予期せぬトラブルや、大規模なトラブルが発生して消えた……なんて事もありました。

iPhone同期中にLINEが消えたなんて話も耳にします。

こればかりは、ユーザー自身ではどうする事もできませんので、LINEのアナウンスを待つのが賢明です。

iPhoneの機種変更を行った

次によくLINEのデータが消えたというトラブルが起こるのがこれ。

iPhoneだけではありませんが、機種変更を行う際、必ずLINE等のアプリデータの復元しますよね。

その時にLINEの履歴をインポートしようとしたら、なぜか失敗してしまいデータが復元できないというのも、結構起こるのです。

この現象が起こる場合も、LINEのアップデートや不具合同様、すべてのデータが消えてしまう事もあるのでバックアップを取る等、対策が必要です。

LINEのアカウント削除

さりげなく多い原因がこれ。

気づかないうちに友達がLINEのアカウントを削除していたというもの。

原因はお相手に聞くしかわかりませんが、その友達が元のLINEアカウントを復活させない限り、友達一覧にその方が戻る事はありません。

もしかしたらアカウントを変更されたのかもしれませんし、iPhoneを機種変したのちLINEのアカウントを新しく取り直しているかもしれません。

どの道、この場合は解決方法は、相手次第です。

消えたLINEのデータを復元するには「バックアップ」が重要

小まめにLINEのバックアップを取っていれば、完全……とまでは言えなくても、ある程度のデータは確実に復元できます。

しかし、LINEバックアップって……いや、バックアップ全般に通じますが……。取るの、かなり忘れますよね。

面倒くさいとか、時間がなかなか取れないとか、言い訳を挙げだしたらきりがないのですが。

では、LINEのデータのバックアップがない場合は、打つ手もないのでしょうか? 次からもっと詳しく説明していきます。

バックアップなしでLINEの友達を復元する

バックアップがなくても、事前にLINEにメールアドレスとパスワードを設定してあれば、消えた友達の復元方法は存在します。

そこでまずはiPhoneのLINEに、メールアドレスとパスワードを登録する方法からご紹介。

iPhoneのLINEアプリを起動し「その他」→「設定」→「アカウント」と進みます。

画面に表示された「メールアドレス登録」をタップ。任意の「メールアドレス」と「パスワード」を登録。

登録したメールアドレスに認証番号が届きます。

画面の指示に従ってその認証番号を入力し、最後に「メール認証」をタップ。

メールアドレスとパスワードが登録できれば、バックアップなしで復元する方法を行いましょう。。

LINEをアンインストールする復元方法

バックアップなしで友達を復元するには、LINEを一度アンインストールして、再度インストールし直す必要があります。

iPhoneのホーム画面でLINEアプリのアイコンを長押しします。LINEアプリのアイコンに「×」が登場しますのでそこをタップ。

これでアンインストールは完了です。

次はApp StoreでLINEを再度インストールします。

再インストールする際、「新規登録」ではなく、データを復元時は「ログイン」を選択しましょう。

画面の指示に従って、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力。電話番号を入力して「番号認証」をタップ。「認証番号」→「次へ」と進みます。

年令確認に関しては特に必要はありませんので、どちらでも結構です。

ここまでの作業を行えば、無事LINEの友達データが復元されているのではないでしょうか。

ですが、これではまだ完ぺきな復元ではありません。トーク履歴の復元はまだできていない状態です。

トーク履歴の復元をするには、バックアップにコツがある

LINEのトーク履歴を復元するには、バックアップが絶対条件です。

しかも、iTunesを使って暗号化していないと復元はかなり難しいと思っておいて下さい。

まずはiTunesの暗号化バックアップの方法です。

バックアップしたいiPhoneをパソコンに接続し、iTunesを起動します。

iTunesの「iPhoneのバックアップを暗号化」を選択し、バックアップを作成します。

この「iPhoneのバックアップを暗号化」が絶対条件です。チェックを忘れないよう気を付けて下さい。

これで機種変更後のiPhoneや、データが消えたiPhoneをパソコンに繋いでLINEを復元すれば、見事トーク履歴も復元されるはずです。

このようにきちんと手順を踏んでバックアップを取っていれば、トーク履歴のみならず画像やスタンプも復元できます。

これだけメリットがあるのですから、面倒と思わずにバックアップしておきたいですね。

LINEのデータのバックアップについて、次からもっと詳しく説明していきます。

暗号化バックアップがないと絶望的?

機種変更等で旧iPhoneの通常バックアップ(暗号化でないという意味)した後、まだ移行先のiPhoneでLINEを起動していなければ、可能性は残されています。

もしまだ復元したいiPhoneでLINEを起動していないのなら、急いでもう一度バックアップを取りましょう。

その時は必ず「iPhoneのバックアップを暗号化」する事を忘れないようにして下さい。

ちなみに、LINEのバックアップはiTunes以外でも可能です。

パソコンをお持ちでない方等は、iCloudでバックアップを取っておけば、いざという時にデータの復元が可能です。

iCloudでバックアップ縲恤恁ウ

iCloudへのバックアップは特別の作業ではありません。

通常通り、画面の指示に従ってiCloudにバックアップを行います。

LINEのみのバックアップでも良いですが、ついでに他のバックアップもしておくといいですね。

そして復元したいiPhoneにLINEをインストール。起動すると「本人確認」を促すメッセージが表示されますので、指示に従いましょう。

するとメールアドレスとパスワードの入力を求められますので、ここでも指示に従って入力を。

恐らくメールアドレスは既に入力済みになっているはずなので、パスワードのみでOKなはずです。

次にPINコードを入力する画面になりますので、さらに指示に従って入力をしてください。

これでほとんどのデータが復元されているはずです。

まとめ

LINEの消えてしまったトーク履歴や友達等のデータを復元する方法をいくつかご紹介しました。実行する場合は自己責任でお願いします。

大切なデータなのであれば、絶対にこまめなバックアップを行うようにしましょう!

毎月一日に、等、そんなレベルでも全くデータが無くなるよりいいはず。

ちなみにスタンプ類は、再ダウンロードで解決する事もありますので、そちらもよく確認して下さいね。

LINEで写真のサイズを綺麗なまま送信する方法

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る