トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのバックアップをとる時は暗号化を設定しよう!
iPhoneのバックアップをとる時は暗号化を設定しよう!
更新
まとめ・説明書

iPhoneのバックアップをとる時は暗号化を設定しよう!

iPhoneのバックアップをとる時は暗号化を設定しよう!

iPhoneのバックアップ、何でやってますか?

こんにちは! Applisionです! 最近は、iCloudで手軽にiPhoneのバックアップされる方も増えてきているようですね。

しかし本当にそれで大丈夫でしょうか? 何が大丈夫か?

それはiPhoneのバックアップデータの安全性についてです。

iPhoneのバックアップを取る時、確かにiCloudでささっとできれば、こまめにバックアップする習慣もつけやすいでしょう。

でも、iCloudでのバックアップでは、iPhoneのすべてのデータをバックアップできないですよね?

バックアップできていないiPhoneのデータに限って、いざと言う時消えてしまうとダメージが大きかったりするものです。

そこで登場するのが「iTunes」での「暗号化」でのバックアップです。iTunesで暗号化したバックアップをすれば、iCloudではバックアップできなかったiPhoneの中のデータも守る事が可能です。

しかし、「暗号化」と言う言葉に少しためらってしまう方も多いはず。何をどうやって暗号化するのか、気になりますよね。

暗号化でバックアップしたiPhoneのデータを復元するのも、なんだか難しそう……とか。

そこで今回は、絶対やっておいたほうがいい、iPhoneの暗号化パックアップについて、設定方法のみならず色々とご紹介してみましょう!

iPhoneのバックアップをする時の暗号化とは

iPhoneのデータをバックアップする時に暗号化すると、それらのデータをロックしてエンコードしてくれます。

つまり、むき出しになってしまっているiPhoneのデータを、外部の敵から守るために、外から見えないようにコーティングしてくれるのです。

ポイントは「外から見えないように」の部分。

ただiPhoneのバックアップデータをロックした状態にするだけでなく、盗まれても解読するのを困難にするのがポイントです。

次からメリット、デメリットを説明していきます。

暗号化してバックアップするメリット・デメリット

iPhoneのデータをバックアップする際に、暗号化したほうがいいメリットといえば、以下のデータもバックアップする事ができるからです。

・iPhoneの中に保存してある各種パスワード
・Wi-Fiの設定
・Safari等でのサイトの閲覧履歴
・ヘルスケアデータ

暗号化しないバックアップを行った場合、この4つは「絶対」にバックアップされません。

やはりこれらのデータは特に重要なデータとなるので、暗号化しないといけないのでしょうね。

本来この4つのデータは、iTunesでのバックアップの対象にはならないので、完全なiPhoneのバックアップをする為にも、暗号化する事をおすすめしています。

後程、暗号化したバックアップの手順についてご紹介しますが、暗号化をしてのバックアップは、1度設定すると次回からはずっと暗号化されたバックアップをおこないます。

それは暗号化の項目をオフにしない限り続きます。

重要なデータまでバックアップできるので素晴らしい!……と思われがちですが、メリットがあれば当然デメリットもあります。

iPhoneのバックアップを暗号化する際に、パスワードを設定する事になっています。

このパスワード、大変重要なもので、万が一忘れたりしてわからなくなると、せっかくとったiPhoneのバックアップを復元する事ができなくなってしまうんです。

パスワードってついつい頑張って難しいものにしようと思って、忘れてしまいがち。

メモしたらそのメモをなくすとか、どこに置いたか忘れたとか……ないとはいいきれませんよね。

しかし、このパスワードは絶対に忘れるなんてあってはいけません。

よくあるパスワードリマインダーは、暗号化に限って存在しないのです。

なので、暗号化用のパスワードを忘れてしまうと、バックアップしたデータは一生元に戻す事はできないのです……。

せっかく完全なiPhoneのバックアップが取れたのに、忘れたせいで全部無効になるなんて!……と落ち込む事間違いなしなので、くれぐれも注意が必要です。

また暗号化パスワードを忘れると、暗号化でのバックアップをオフにする事もできなくなります。

これもなかなかの困った展開になりますので、本当にくれぐれも!暗号化バックアップのパスワードは忘れないよう気を付けてくださいね!

パスワードを忘れる事よりは問題的にはレベルは低いのですが、もう一つ暗号化にはデメリットが。

それは、ものすごく時間がかかると言う点です。

暗号化バックアップを初めて見たものの、時間かかるなんて聞いてなかった!となる方も結構おられるようです。

時間に余裕をもって行うようにしましょう。データ量によっては、ちょっとやそっとの時間ではない場合もありますので。次からもっと詳しく説明していきます。

iPhoneのデータを暗号化してバックアップしよう

iPhoneをパソコン・Macに専用ケーブルで接続します。

パソコン側のiTunesを起動し、iTunesが最新のバージョンになっているかを確認しましょう。

最新でない場合は、まずはiTunesのバージョンアップを行ってください。

iTunesの画面左上に、iPhoneのアイコンが表示されるのでクリックします。

これまでにiTunes StoreやApp Storeから、コンテンツをダウンロードした事のある方は、コンテンツのバックアップを行いましょう。

iTunes上部のメニューにある「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を(あなたのiPhoneの名前)から転送」とクリックしていきましょう。

コンテンツの保存が完了したら、いよいよ暗号化でのバックアップです。

iPhoneのアイコンをクリックし、「概要」→「バックアップ」と進みます。「バックアップ」の中にある、

・このコンピュータ
・iPhoneのバックアップを暗号化

この二つにチェックを入れてください。

すると暗号化をする為のパスワード設定に移ります。

このパスワードは、初回のみ設定する事になります。このパスワードの重要性については、すでにお話してありますので、くれぐれも忘れないように、気を付けてくださいね!

任意のパスワードを入力し、画面右下にある「パスワードを設定」をクリックすると、自動的にバックアップが開始されます。

ここでかなり時間がかかる場合がありますので、ご注意を。これで、iPhoneのバックアップを暗号化して行う事ができました。

まとめ

iPhoneのバックアップ、必ずしも暗号化する必要はなく、暗号化なしで行う事も可能です。

時間がかかる事や、パスワードを忘れると復元できない事から、暗号化でバックアップする事が必要ではないという考え方もあります。

しかし、やはりデータを簡単に漏えいさせないという点では、暗号化には大きな必要性を感じます。

あなたのiPhoneのデータを守るために暗号化が必要か必要でないかを聞かれると、やはり「必要」と答えたいですね。

急いでバックアップを取りたい時等は、一時的に「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックをはずすのもありですよ!

iPhoneを修理に出す前にすべき事リスト(バックアップ等)

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る