トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの天気予報をフル活用! 気温・湿度・地域別など
iPhoneの天気予報をフル活用! 気温・湿度・地域別など
更新
まとめ・説明書

iPhoneの天気予報をフル活用! 気温・湿度・地域別など

iPhoneの天気予報をフル活用! 気温・湿度・地域別など

簡単に確認できるけど

こんにちは! Applisionです! スマートフォンやiPhoneの普及でテレビを見る機会が減った方も多い事でしょう。

現在はiPhoneでも天気予報を知る事ができるので、他の媒体で天気予報をチェックされている方は、これを機に使ってみてはいかがでしょう?

もちろん、すでにiPhoneの天気予報をお使いの方にも「こんな使い方あったんだ!」と思ってもらえる事間違いなし!

今日はお天気情報の上手な活用方法について、これを読んで、iPhoneの天気予報をフル活用してください!

iPhoneの天気予報アプリを知る

iPhoneにインストールされているアプリの中に「天気予報」アプリも存在します。

お日様が雲の中から顔出しているマークのアイコン。それが天気予報を知る事ができるアプリです。

iPhoneの天気予報アプリは、ウェザー・チャンネルを使用しています。

ウィジェットのインターフェイスが大変美しいのは、このウェザー・チャンネルのおかげなんです。

天気予報アプリを使ってみよう

まずは、初めて天気予報アプリを使う方向けのご説明。

iPhoneのホーム画面にある天気予報アプリを起動しましょう。

一番初めの起動時には、位置情報に関する確認が表示されますので、ここは「許可」をタップして進めます。

位置情報サービスが動作しているのであれば、iPhoneの画面には現在地の天気予報が表示されています。

一番上に現在あなたがいる地域名が表示されているはずです。

エリア名の下には、「晴れ時々曇り」のように、れからの天気予報が記されます。

その下に、現在地の気温が大きく数字で表示されています。

この温度を記している数字をタップすると、湿度や降水確率を確認する事ができるのです。

大きくな文字の気温の下には、今日これからの天気予報が時間ごとに表示されています。

この部分を左右にスワイプすれば、なんと1時間ごとの天気予報と気温を確認する事ができるのです。

ちなみに、この天気予報はiPhoneの通知センターの「今日」の部分にも表示されます。

このアプリの背景色は、昼と夜で色が変わるのも特徴の一つ。昼間は「水色」で夜間は「紺色」になるよう設定されています。

昼間と夜間をどうやって判別しているかと言うと、iPhoneがあるエリアの「日の出」と「日の入り」が基準になって、背景色を切り替えます。

iPhoneの天気予報によくわからないマークが表示される

iPhoneの天気予報アプリですが、普通に使う分にはタップしてチラ見するぐらいですよね。

チラっと見れば、分かりやすいイラストのアイコンで天気予報が表示されているので、助かります。

しかし、ふと見ると「これは?」と思うアイコンが……。そんなよくわからないアイコンの意味をご紹介しましょう。

風の強さを表す「Breezy」

三本の線の先がうねうねち波打って、先端がとぐろを巻いたようなアイコン。

初めて見た方はぎょっとするかもしれませんね。

これは秒速6.7~11メートル程度、やや強い風が吹くであろうという予報です。

吹雪を表す「Blowing Snow」

こちらは先ほどの「Breezy」のアイコンの上に、白い雪の結晶が乗っているアイコンになります。

もうみての通りと言う感じですね。

このほかにも晴れのマークを半分ドットが隠してしまう「Dust(塵・埃)」や、雲のマークから雨粒が出ている「Drizzle(霧雨)」等など。

ちょっと分かりにくいのが本音ですよね。

それと言うのも先ほどの項目でお話しした通り、iPhoneの天気予報アプリはウェザー・チャンネルが提供しているので、米国方式になっているのです。

その為、日本人にはなじみのない、分かりにくい記号で予報が表示されているというわけです。

どうもしっくりこないようであれば、iPhoneで使える天気予報のアプリがたくさん出ていますので、そちらを使うほうがいいかもしれません。

次からもっと詳しく説明していきます。

iPhoneに表示する天気予報の地域を変更する

GPSの影響で、現在地の天気予報がきちんと表示されなかったり、旅行や出張等で他の地域別に天気予報を知りたい場合もありますよね。

他の都市を登録しておくと、天気予報の画面を左右にスワイプするだけで、地域別の天気予報を一発で切り替える事が可能です。

それではさっそく、現在地以外の地域を設定してみましょう。

天気予報の画面の最下部、右下にある三本線をタップします。

登録されているエリア名のさらに右下に「+」マークがありますので、こちらをタップ。

次の画面で、地域を検索できるようになっていますので、表示させたいエリア名を入力します。

「大阪」とか「札幌」とかですね。もちろん海外の都市も設定する事も可能です。

検索結果に希望の都市名が表示されたら選択しましょう。これでその地域の登録は完了です。

天気予報の画面に戻って、画面を左右にしてみてください。

もっと詳しい天気予報の詳細が知りたい!

iPhoneの天気予報アプリでは体感気温や、湿度、降水確率、風等もチェックする事が可能です。

天気予報の最初の画面を上にスワイプしてみてください。

すると現在から九日先までの天気予報を、曜日ごとに見やすく表示されます。

一緒に「最低気温」と「最高気温」も表示されますので参考にしやすいですね。

その画面をさらに下に進めていくと各曜日の天気の概況や、湿度とか降水確率も確認する事が可能です。

体感気温だけでなく、UV指数等もありますので、女性の方には嬉しい機能ですね!

的中率ってどうなの?

せっかく使うのなら、当たる天気予報が知りたいですよね。iPhoneの天気予報アプリの的中率ってどんなものなんでしょう?

大方の意見では、外れる事も多いという印象が強いようです。

しかし、実際気象庁の天気予報でも、八割程度と考えておくのが良いと言われているので、外れる事もあると思っておくほうがいいでしょう。

それに、iPhoneの天気予報アプリは米国の情報をもとにしているので、どうしても日本の気象庁の予報とは大差が出る場合もあるようです。

まとめ

当たる天気予報アプリがあるかと言われると、無いわけではない……ぐらいのようですね。

それなら当たる・外れるにこだわるより、自分が使いやすいもの、好みの表示だったり機能があるものを探すほうが建設的です。

あくまでも予報は予報なので、転ばぬ先の杖として、参考にするぐらいがちょうどいいですね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る