トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 「iPhoneは使用できません」と表示される場合の原因と解除方法
「iPhoneは使用できません」と表示される場合の原因と解除方法
更新
まとめ・説明書

「iPhoneは使用できません」と表示される場合の原因と解除方法

「iPhoneは使用できません」と表示される場合の原因と解除方法

iPhoneが使えない?

こんにちは! Applisionです! 突然ですが皆さん、お使いのiPhoneのパスコードって覚えていますか?

このパスコードが必要な場面で入力ミスを繰り返すと、iPhoneの画面に「iPhoneは使用できません」という文字が表示されてしまいます。

パスコードが思い出せない、わからない状態の場合、ますますパニックになりますよね。

さて、この「iPhoneは使用できません」となってしまった場合、どのような対処法があるのでしょう?

「iPhoneは使用できません」と表示されてしまう原因、詳しくご紹介してみたいと思います!

iPhoneは使用できませんが表示されたら

もし、パスコードの入力を何回もミスしてしまって、iPhoneの画面に「iPhoneは使用できません」と表示されたのなら、表示される理由はパスコードの入力ミスのせいで間違いありません。

恐らく、「iPhoneは使用できません」の文字の下に「1分後にやり直してください」と表示されているはずです。

ちなみにこれ、パスコードの入力を「6回」ミスると表示されるのです。

そして、7回目……8回目……とミス入力を重ねるたびに、「○分後にやり直してください」の時間が伸びていきます。

最初はたった「1分後に……」と言ってくれていたiPhoneも、堪忍袋の緒が切れるのでしょうか? ロックがかかってしまう時間は、以下の通りです。

・6回目の入力ミス……1分後
・7回目の入力ミス……5分後
・8回目の入力ミス……15分後
・9回目の入力ミス……60分後
・10回目の入力ミス……60分後

1時間使えないとなるとなかなか厳しいですよね。

しかし「iPhoneは使用できません」も11回目の表示は存在しないのです……。

なんと11回目の入力ミスをやらかしてしまうと、もう猶予の時間は与えてもらえず、iPhoneを初期化する以外、直し方はなくなってしまうのです。

ちなみに11回目に表示される言葉は……「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」。

ついに、言い切りです、何とも言えない怖さすら感じますね。

初期化を回避するには?

普段からなかなかバックアップが取れない方も多いですよね。

本来なら決めた曜日とか、月初・月末等決めておいて、アラームを設定する等する事で、定期的なバックアップを取れるのですが……。

皆が皆、そういうわけにはいきません。

そこで、11回目の恐怖が起こらないようにする設定をしておきましょう!

iPhoneの「設定」→「touchIDとパスコード」と進みましょう。

少し下のほうに「データを消去」と書かれた項目を解除しておけば、「iPhoneは使用できません」になっても初期化せずにすみます。

ただ……、この方法はあくまでも「iPhoneは使用できません」が表示された際の、初期化回避策なだけだという事をお忘れなく。

思い出すまでひたすら、「iPhoneは使用できません」の文字と、待機時間と闘いながら、正しいパスワードを導き出す事になります。

一番いいのは、この設定をしないでいいように、小まめにバックアップをとっておくか、忘れないようなパスコードを設定するかです。

次からもっと詳しく説明していきます。

初期化方法を覚えておこう

「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」となってしまったら、もうどうしようもありません。観念してiPhoneを初期化する事となります。

もちろん、バックアップデータがあるのであれば、「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」となって初期化しても、復元すればいいのです!

iPhoneの初期化には、iCloudにある「iPhoneを探す」の機能がオンになっているか、おふになっているかで方法が異なります。

「iPhoneを探す」がオンになっている

iPhoneを探すがオンになったままでは、PCのiTunes経由でiPhoneを初期化する事はできません。

なんとかして「iPhoneを探す」をオフにしてPCのiTunes経由で初期化するか、iCloud経由で初期化するかのどちらかになります。

・まずPCから「https://icloud.com/#find」にアクセスしましょう。
・そのページで初期化するiPhoneを選択します。
・次に「iPhoneの消去」をクリックしましょう。
・あとは画面の指示に従ってデータの消去をしていくだけとなります。

これがiCloudでの初期化方法です。

「iPhoneを探す」がオフになっている

この場合、いくつかやり方はありますが、iTunesを使って初期化するのがおすすめです。

ただ、「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」と言う割には、言われた通り専用ケーブルでPCとiPhoneを繋ぎ、iTunesを立ち上げてもうまくいかないのです。

気持ちをぐっとこらえて、今からご紹介する方法を試してみてください!

下準備として、PCのiTunesを最新のバージョンにしておきましょう。最新のものにできたらいざ、初期化です!

iPhoneの電源を切り、PCのiTunesを起動させておきます。

次にiPhoneの「ホームボタン」を押しながら、iTunesを起動しているパソコンへ附属ケーブルで接続します。

ちなみにiPhoneの「ホームボタン」は、画面にiTunesの音符の書かれた丸いアイコンと、ケーブルの絵が表示されるまで押し続けてくださいね!

iTunesが「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります。」と言ってきますので、「復元」をクリックします。

これ以外のメッセージが出ている場合は「iPhoneの復元」を選択すれば、問題は回避できる事でしょう。

すると、そのiPhoneを工場出荷状態に戻していいか?と聞かれますので、ここはおとなしく「復元とアップデート」をクリック。

これで後は自動的にiPhoneの初期化がスタートします。

ちょっと時間がかかる場合が多いので、気長に終わるのを待ちましょう。

パスコード絡みは基本、忘れない事

パスコードって結構忘れてしまう方が多いみたいなんですよね。

なので「iPhoneは使用できません」のメッセージに太刀打ちする方法をご紹介してみました。

できれば「5分後に……」ぐらいまでにパスコードが思い出せると、一番良いんでしょうね。

パスコードは簡単すぎてもダメですが、忘れやすいものも後々困りますので、気を付けてくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る