トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでGPSの位置情報がずれる場合の対処法
iPhoneでGPSの位置情報がずれる場合の対処法
更新
まとめ・説明書

iPhoneでGPSの位置情報がずれる場合の対処法

iPhoneでGPSの位置情報がずれる場合の対処法

正確にはここじゃない

こんにちは! Applisionです! iPhoneのGPS位置情報を駆使して遊ぶゲームが大ブームになり、多くの人が熱狂的に盛り上がりましたよね。

もちろんそれだけではなく、iPhoneのGPSを使用する機会というのはなかなか多いはず。

マップやカーナビ、SHOPアプリにある店舗の場所を検索……等等等。

iPhoneやスマホを快適に使うにはGPSの位置情報サービスというものは、切っては切り離せないものとなりました。

しかし……GPSって意外に位置情報がズレると思いませんか? 頼りにしているのに、なぜか位置がずれる事の多いGPS。

あまりにズレてしまうと「バグ?」なんて思ってしまいますよね。

なぜiPhone等のGPS位置情報はずれるのでしょう? 原因と対策について、ご紹介してみましょう。

iPhoneのGPS位置情報がずれてる?

iPhoneのマップアプリを立ち上げると、全く違う場所を指示している事ってありませんか?

これはGPSの位置情報取得に時間がかかるため起こってしまうバグのようなものなんです。

しかも、読み込まれるエリアの情報は広範囲にわたる為、結構な確率で実際の場所とはずれた場所に、現在地として表示されるなんて事は多いんです。

GPSというのは、10メートル程度のずれというのは、誤差の範囲と言われているので、仕方ないと言えばそうなのですが……。

目的地にいつまでもたどり着けないとなってしまうと、困ってしまいますよね。

三つの情報を駆使する

位置情報を取得するには三つの情報が必要となります。

・GPS……衛星通信から位置情報を取得
・Wi-Fi……お手持ちのiPhoneのある付近のWi-Fi電波から位置情報を取得
・モバイルネットワーク……キャリアの基地局から、使用しているiPhoneへの電波の距離や方向から位置情報を取得

この三つが位置情報の精度をUPさせています。

iPhoneではApple独自のAssist GPS(AGPS)を使用しています。

これがWi-Fiや、モバイルネットワークのデータを収集して、位置情報を確定しています。

その中でも肝となるのがWi-Fi通信。なので、Wi-Fiを使わないようにしていると、正確な位置情報をiPhoneで取得できない状態になる事も多いようです。

しかし、街中にあるWi-Fiを見つけ出さないと精度が悪い!!と焦る必要はありません。

なぜかというと、iPhoneは自動的に街中にあるWi-Fiを見つけ出すシステムがあるので、勝手に繋いでくれるでしょう。

そういう意味では、都心部のほうが、GPSの精度が上がる傾向にあります。

精度が悪いiPhoneのGPSをなんとかしたい!

iPhoneのGPSの精度を上げるには、先ほどご紹介した三つの柱を全て使用する事です。

しかし、どうすればいいのでしょう?

どうもiPhoneは、Androidと比較すると、GPS位置情報が狂う確率が高い傾向にあるようです。なぜなんでしょうね?

では早速、次から、iPhoneでのGPS位置情報の精度を上げて、おかしい位置情報を正しく導いてあげましょう!

iPhoneのGPS精度を上げる設定

iPhoneの「設定→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」と進みます。

この中にある「Wi-Fiネットワーク」と「コンパスの調整」の項目はオンにしておきましょう。

アプリごとにGPSの精度を上げるには以下の方法を行います。

iPhoneの「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「位置情報サービス」ONに。

そしてGPS位置情報サービスを利用したいアプリが、位置情報取得を許可するになっているかを確認しましょう。

もしオンになっていたら一度、オフにしてから再度オンにする事でGPS位置情報の取得し直しを行いますので、対処法としては有効です。

iPhoneの再起動やアプリを終了させる

GPSの位置情報がずれておかしい場合は、iPhoneでよくある「原因不明のエラー」が影響する事もあります。

その場合はiPhoneに蓄積しているキャッシュをクリアする事でも、問題を改善する事ができます。

iPhoneのホームボタンを素早く2回おすと画面に表示される、バックグラウンドで稼働し続けているアプリを、下から上にスワイプして終了させる。

まずはこれを試してみて、それでもGPSの位置情報が不調だなと感じたら、iPhoneの再起動をおこないましょう。

また一つの方法として、iPhoneの「時刻」を自動取得するようにしておくのも良いそうです。

iPhoneの「設定」→「一般」→「日付と時刻」→「自動設定」をONです。

それでもダメならコンパスアプリを

iPhoneにはGPSの位置情報の精度をアップするアプリがあります。

これらのアプリを調為政するのも、有効な対処法です。

この「コンパス」アプリはiPhoneにデフォルトで搭載されていますので、ご安心を。

コンパスアプリをきちんと調整しておく事で、iPhoneに入っている位置情報を必要とするアプリの不良も正してくれる場合があるそうです。

コンパスアプリを立ち上げて、画面の指示に従うだけで調整はOKです。

最初はコツがいるかもしれませんが、難しくありませんのでぜひ、行ってみてくださいね。

位置情報のリセットもしてみよう

iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」「位置情報とプライバシー」の項目をリセットしましょう。

これでキャッシュがクリアできたので、位置情報を再取得してくれます。

iPhoneでGPSの位置情報がずれる場合の対処法

GPSは衛星からの通信によって位置情報を所得する為、天候にも左右されやすいものです。

曇っている日は間違いが多いかもしれません。

それでも、改善する対処法はありますので、おかしいなと思ったら、ぜひ試してみてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る