トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで花火を撮影する時に便利なカメラテクニック
iPhoneで花火を撮影する時に便利なカメラテクニック
更新
まとめ・説明書

iPhoneで花火を撮影する時に便利なカメラテクニック

iPhoneで花火を撮影する時に便利なカメラテクニック

花火を綺麗に撮りたい

こんにちは! Applisionです! 最近は、何かにつけて花火が見れるイベントというのが年中どこかで行われていますね。

テーマパークや年末年始のイベント等、夏じゃなくても花火が見れると、iPhoneで撮影もしたくなるってものです。

でも、花火とかの夜の撮影ってなかなか難しいですよね。

コツとかテクニックがあれば、もっと綺麗に花火の写真を撮る事ができるのでしょうか?

そんな皆さん! iPhoneに標準搭載されているカメラアプリでも、撮り方のコツを覚えたら、とってもきれいな花火画像をiPhoneに収める事だって可能なんです。

今回はそんなコツやちょっとしたテクニックをご紹介してみたいと思います!

iPhoneを固定して撮影

ひとつ目の撮影テクニックは、iPhoneを固定する事です。

これは、iPhoneで花火だけに限らず、上手に写真を撮るコツとも言えるでしょう。

最近は片手で気軽に持てる、一本足の脚立も安価で発売されていますので、自分に合った物を見つけてみましょう。

ちなみに、iPhone専用のミニ脚立というのも販売されていますので、まずはそこから試してみるのもいいですね。

AEロック/AFロックの設定

ふたつ目のコツは『AEロック/AFロック』を有効にする事です。

花火の撮影はスピード勝負。

「ここだ!」と思ったところで構えていたiPhoneの画面をタップし、ピントを合わせていては、到底間に合いません。

そこで、まずはiPhoneを花火が上がりそうな位置に向けて掲げます。

できればiPhoneの画面の真ん中に花火が来るのを狙いましょう!

花火が来る、と狙った画面の部分を、指で長押しします。これで『AEロック/AFロック』をする事ができました。

『AEロック/AFロック』を有効にする事で、カメラ初心者には調整が難しい、フォーカスと露出が一度に固定する事ができるんです。

花火の写真が撮れたら、iPhoneの画面内のどこか違う部分をタップすれば、『AEロック/AFロック』の解除完了です。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

HDR撮影を駆使

みっつ目のテクニックは、『HDR撮影』です。

HDR撮影とは、撮影したいところの明るいところと、暗いところの写真を二枚撮影し、それを合成して一枚にするという何ともすごい機能なんです。

過去のiPhoneでは、このHDR撮影をしようとすると、ものすごく時間がかかってしまっていたので、iPhoneで写真撮影する方には少々敬遠されていました。

しかしiPhone6以降になって、その機能は飛躍的きに進化し、さほど時間がかかりにくくなったので、花火を撮影する時にはぜひ使ってほしい機能の一つです。

花火の良さを最大限に引き出す事のできる『コントラスト』がはっきりした写真も、HDR撮影をオンにする事で、撮影可能となります。

連写

四つ目のコツは『連写』です。

これもひとつ目の撮影時と同じで、iPhoneで写真を撮るのに必須のテクニックとなります。

沢山撮影する事で、良い写真を撮影する確率をUPするのが目的です。

iPhone5sから搭載された『バーストモード』この機能を使う事で1秒間に、なんと十枚もの花火の写真を撮影する事が可能となるんです。

花火が上がったらiPhoneを夜空に構え、シャッターボタンを長押しすれば『バーストモード』での連続撮影となります。

動画だって素敵に撮影できる

写真だけでなく、動画でも素敵だったり面白いものが撮影できるのがiPhoneの魅力。

花火の特性を生かし、スローモーション撮影してみるのはいかがでしょう。

スローモーションの動画撮影をしておくと、「ここ」というポイントを、画像として切り出す事だってできるので、お勧めです。

色んな設定で暗い場所でも快適に

iPhoneは、ちょっとしたコツや設定を知っていれば、いつもより数倍素敵な花火の写真を撮る事ができます。

もちろん花火を素敵に撮影するための専用カメラアプリなんかもありますので、そちらを使ってみるのもいいでしょう。

でも、iPhoneの標準カメラでも、ここまでできるのか! と感動できる事間違いなしなので、ぜひ試してみてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る