トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhone付属のイヤホンから音が聞こえない時の対処法
iPhone付属のイヤホンから音が聞こえない時の対処法
更新
まとめ・説明書

iPhone付属のイヤホンから音が聞こえない時の対処法

iPhone付属のイヤホンから音が聞こえない時の対処法

音が聞こえない?

こんにちは! Applisionです! 通勤・通学時や、ジムで汗を流しながら等。

イヤホンを使ってiPhoneで音楽を楽しむ機会って多いですよね。

お仕事等でiPhoneを使用される事が多い方の場合は、音楽だけでなく、電話の通話でもイヤホンを使ったりしますよね。

ちなみにそのイヤホン、どこのメーカーのものをお使いですか? ご自身で好きなデザインや品質やメーカーのイヤホンを購入するのも楽しいですよね。

iPhoneで音楽を聴く時、イヤホンから好みの音質で流れてきたら気分も上がります。歌詞が聞き取りやすいとか、重低音が、高音のパキッとした感じが……。お好みはいろいろある事でしょう。

でも、iPhoneに付属されている純正のイヤホンも、中々いい仕事をしてくれるので、愛用されている方も多いようです。

しかしある日突然、そのiPhoneに付属されていたイヤホンから音が聞こえない状態になったら? そんな時、どのような対処をすれば問題が解決するのか、ご紹介してみたいと思います!

イヤホンのトラブルが起こったら

今回は、iPhone付属のイヤホンから、音が聞こえない状態になったらですが、困った時はまず、iPhoneを再起動する事をお勧めします。

かなりの高確率で、iPhoneの再起動という対処法は、トラブルに対して解決へと功を奏します。

イヤホンのような付属品のトラブルでも、iPhone本体が原因不明のエラーを起こしてしまっている場合が多いんです。

なので、iPhone付属のイヤホンから音が聞こえないときは、第一にiPhoneを再起動してみてください。

ゴミやほこりが原因かも?

私はiPhoneをきれいに使ってるので、ゴミやほこりなんて! そうお思いかもしれませんが、iPhoneって見た目以上にゴミやほこりが付着してしまうものなんです。

そこで、ティッシュ等の柔らかくて乾いたもので、iPhoneのイヤホンジャックを優しくお掃除してみましょう!

たったそれだけの事で、聞こえない状態を解決できる可能性があるんです。

イヤホンそのものも一緒にお掃除するようにしておくと、なおさら完ぺきです。

少しのほこりや小さなゴミも、散り積もってしまうと、iPhoneとイヤホンの接続がうまくいかず、音が聞こえない状態に陥りがちです。

たまにでいいので。時間を見つけて、ゆっくり、優しく、丁寧に、お掃除しておくようにしてくださいね。

マナーモードに設定されていませんか?

いやいやいやいや、そんなわけないでしょう! と怒られるかもしれませんが、これも結構あるんです。

知らない間マナーモードになってしまっていて音が聞こえないとか、マナーモードにしていたのを忘れていて、イヤホンから音が聞こえない。

マナーモードの設定は、iPhone本体の側面にあるボタンで設定する事ができます。そのせいで、勝手にマナーモードになってしまい音が聞こえないという現象が起こりやすいようです。

そりゃそうですよね、マナーモードにしているんですから、イヤホンから何も聞こえないのは当然の事です。

iPhone側面のボタンでマナーモードのオン/オフを切り替えます。

オレンジ色が見えていると、iPhoneはマナーモードになっていますので、解除してみて、まだ音が聞こえないかどうかを確認してみましょう。

マナーモードだけでなく、iPhoneの音量調節の設定にも注目してみましょう。

こちらも勝手にサイレントや音量が最小とかになってしまっていると、当然イヤホンから音は聞こえにくいです。

かなり小さい音量になってしまっていると、あなたがいる環境によっては全然聞こえない事もあるはずです。

バックグラウンドで動いているアプリに注意

iPhoneでアプリをいろいろ使っていると、きちんと終了せずにバックグラウンドで動き続けているアプリが出てきます。

この、終了していないアプリのせいで、イヤホンから音が聞こえない状態になる場合があります。

なので、アプリ類を確実に一度終了させて、必要なアプリを再起動させてみましょう。

iPhone本体にあるホームボタンをダブルクリック。終了させられていないアプリの一覧が表示されます。

それらのアプリをすべて、iPhoneの画面の下から上にスワイプする事で、すべて終了させる事ができます。

Siriを使った対処法?

イヤホンから音が聞こえない不具合なのに、「どうして?」と思わず目を疑うような対処法が二つあります。

ひとつはSiriを起動させる事です。

もうひとつは、iPhoneの言語設定を一度、他言語に変更してから、再び日本語の設定に戻す方法です。

なぜイヤホンから音が聞こえないトラブルを解決できるのかは謎です。

しかし、これらを試して、音が聞こえないトラブルから脱した方が、結構いるみたいなんです。

実際に行う場合は自己責任でお願いします。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

もしかして故障……?

ここまで来ると、いよいよ故障の文字がちらつき始めます。

そこで、どんなイヤホンでも構いませんので、他のイヤホンを使用しても、音が聞こえないのかを確認してみましょう。

他のイヤホンを使用したら、両耳ともしっかり音が聞こえているとなると、おそらく付属のイヤホンの故障でしょう。

さて、その付属のイヤホンですが、もしかしたら、右耳だけ、または左耳だけ聞こえる or 聞こえないなんて事はありませんか?

イヤホンが片方しか聞こえない場合は、

・イヤホンジャックがきちんとiPhoneに刺さっていない
・見えない部分でイヤホンが断線している

このふたつが考えられます。

ですがたまに、iPhone側の設定のせいで片方しか聞こえない事もあるようなんです。

ひとつ目はiPhoneの不具合です。しかし、ここまでの方法ですでにiPhoneの不具合の場合にできる対処法はご紹介済みです。

そこで確認してほしい設定が、左右の音のバランス。

右か左、どちらかにこのバランスが偏っていると、片方しか音が聞こえない状態だったり、聞こえにくい状態になるのです。

iPhoneの設定 → 一般 → アクセシビリティと進みます。

アクセシビリティの項目の中にあるモノラルオーディオを見てみましょう。

これが右か左かによっていると、バランスが取れていない状態になって音が聞こえないわけです。

もし、偏っていなかったとしても、念のためにオン/オフをしてみたり、スライダーを左右に動かしてから真ん中に戻したりしてみましょう。

これでダメなら、本当に故障の可能性が大変高いので、Appleのサポートに速やかに連絡を入れる事をお勧めします。

まとめ

音楽を聴く、動画を見る、ゲームをする、電話の通話をする。

イヤホンって、なくてもなんとかなるという方もいらっしゃいますが、あるに越した事ないアイテムです。

せっかくイヤホンを使用するのだから、いざという時音が聞こえない場合に備えて、ぜひ対処法を覚えておいてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る