トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhone買い取り前にする事、データ削除方法まとめ
iPhone買い取り前にする事、データ削除方法まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhone買い取り前にする事、データ削除方法まとめ

iPhone買い取り前にする事、データ削除方法まとめ

iPhoneを下取りに出す前に

こんにちは! Applisionです! 新しいiPhoneが出たら、心躍りませんか?

そろそろ機種変更してもいいかな……なんてお思いのあなた!

今お使いのiPhone、どうしますか?

家族に譲渡する……なんて事もあるようですが、大抵は古いほうのiPhoneは下取りか、買い取りに出す事になるでしょう。

今回は古いiPhoneを買い取りに出すほうにターゲットを捉え、買い取り前にする事や、買い取り前に行わなければいけないデータの削除等の方法や注意点についてご紹介いたしましょう!

買い取り前にバックアップを

絶対に買い取り前行わないといけない事は、古いiPhoneのバックアップ作業です。

長く愛用しているiPhoneにはたくさんのデータが蓄積されています。

買い取り前には、必ずそれらを漏れなくバックアップしておかなくてはいけません。iPhoneのバックアップは、

1. iCloudで
2. iTunesで
3. アプリやソフトを使って

この三通りが一般的となっています。

三つ目のアプリやソフトを使ってというのは、個人個人、環境や相性が異なりますので、ご自身に合った物を探すところからスタートです。

今回は一つ目と二つ目の方法を簡単にご説明しておきましょう。

iCloudでiPhoneのデータをバックアップ

iPhoneの「設定」→「iCloud」→「バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」これで、今まで使っていたiPhoneのデータが、iCloudにバックアップされます。

注意点としては、iCloudにバックアップを作成する場合は必ずWi-Fi環境で行う必要があります。

iTunesでiPhoneのデータをバックアップ

PCをお持ちの方はこちらのほうが便利かもしれません。

パソコンのiTunesを起動して、iPhoneとパソコンを附属ケーブルで接続します。

するとiTunes図の画面左上に、iPhoneのアイコンが表示されますのでそれをクリックしましょう。

「バックアップ」の項目の中にある「今すぐバックアップ」をクリックすると、iPhoneのバックアップが開始されます。

買い取り前の事前チェック

iPhoneを売る時に必ずチェックが入るのが「水没」です。

実はiPhoneには水没したかどうかをチェックする事のできる「水没マーク」というものが存在するのです。

水没した事のあるiPhoneは、原則買い取りはできないと考えておきましょう。

ただ。この下取りマーク、水没させた覚えがなくても些細な事で、マークが反応してしまう事もあるようなのです。

お店に行ってから、実は水没してて……とならないように、買い取り前にご自宅でチェックしておきましょう。

水没マークのチェックが終わったら、買い取り前のセルフクリーニングを行いましょう。長くiPhoneを使っていると、どうしてもスピーカーやマイクの部分、ボタン等の隙間に、埃やゴミがたまってしまうもの。

柔らかい布等を細くねじって先端をとがらせたら、とにかく「優しく」「丁寧」に汚れを取り除きましょう。

買い取り前に少しでも査定額がUPするよう、綺麗にしておきましょう。

そして、忘れてはいけないのが、iPhone購入時についてきた付属品たち。

純正のケーブルに充電器、イヤホン、そして箱! 無くても大丈夫な場合が多いですが、あればやはりそこは査定に影響するようですね。

もし今回は無くても、次回に備えて箱等は取っておくといいかもしれません。付属品たちも、できればiPhoneと一緒にセルフクリーニングするのもいいでしょう。

くれぐれも「水」だけは禁物ですよ!

買い取り前準備の総仕上げ!

ここからは、iPhone本体の設定や、データ削除等の最終仕上げに入ります。

契約しているキャリアにネットワーク利用制限の解除を確認する

iPhoneを買い取り前に必ず確認したのがこれ。

実はネットワークの利用制限がかかっているiPhoneは、原則買い取りはしてもらえません。忘れないように確認をしておきましょう。

「iPhoneを探す」の機能をオフに

iPhone買い取り前にこれも忘れず行いましょう。

iPhoneの「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」を開き、その中にある「iPhoneを探す」のボタンが、緑色から白になるようタップします。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

iPhoneともいよいよお別れ目前

買い取り前の最後の作業。

それがiPhoneに入っているデータ消去をおこない、iPhoneの初期化を行います。

最後にもう一度、残すべきデータがiPhoneの中に残っていないか、必ず再度確認しておきましょう。

ついうっかり……は初期化してしまったら通用しません。iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」これでiPhoneの中のは、工場出荷状態になりました。

最後にやりたい事

買取業者によっては、「アクティベート」を行っておいて欲しいといわれる場合もあります。

恐らく無理にする必要はないとは思いますが、知っていれば行う事ができますのでご紹介しておきましょう。

「アクティベート」「「アクティベーション」とは、次に使うユーザーがそのiPhoneを使えるようにする為の、利用設定と思ってください。

初期化が完了したiPhoneの電源を入れると、画面に「こんにちは」と表示されます。これがアクティベーションの画面です。

画面を左から右にスワイプすると、言語設定の画面になりますので「日本語」を選択。次の「国または地域を選択」では「日本」を選択してください。

「キーボード」のページでは特に何もせず、画面右上にある「次へ」を。

「Wi-Fiネットワークを選択」で、あなたの環境にあったWi-Fiネットワークをリストから選択しましょう。

選択するとパスワードを求められますので、Wi-Fiネットワークのパスワードを入力し「接続」を。

次の画面の下のほうにある「位置情報サービスをオフにする」→「OK」→「TouchIDを後で設定」→「続ける」今度は「パスコードを作成」→「パスコードオプション」をタップし「パスコードを追加しない」を選択し「続ける」を。

「Appとデータ」の画面で「新しいiPhoneとして設定」Apple IDの画面で「AppleIDをお持ちでないか忘れた場合」→「”設定”で後で設定」→「使用しない」。

「利用規約」のページで、画面右下にある「同意する」をタップ。「Siri」のページで、「Siriを後でオンにする」に。「診断」のページで、「送信しない」を。

「ようこそiPhoneへ!」という文字が表示されたら、アクティベーションの完了です!

長い道のりでしたね~お疲れ様でした!

買取前にできる事

買い取り前に古いiPhoneで何をしておけばいいか、まとめてみました。

少しでもいい状態にしておく事が、「iPhone買い取り前」の重要なお仕事です。

くれぐれも見落としが無いよう、気を付けてくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る