トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで通話内容を録音する方法まとめ
iPhoneで通話内容を録音する方法まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneで通話内容を録音する方法まとめ

iPhoneで通話内容を録音する方法まとめ

急きょ、この話を記録したい!

こんにちは! Applisionです! iPhoneで通話している時、仕事の内容や、友人との約束、覚えておかないといけない事ってありますよね。

通話内容をメモしておければいいのですが、手元にないからどうしよう?

そんな時、iPhoneで通話を録音できれば、メモ代わりになって大変便利ですよね。

iPhoneで電話の内容を録音方法ってどうやるのでししょう? 今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneそのものに通話を録音する機能は存在しない

これちょっと驚きですよね。

まさかのiPhoneそのものに通話を録音する方法がないなんて……。

それというのもiPhoneの販売元があるアメリカでは、通話を録音するという行為そのものが法律で禁止されているからなんです。

しかし全世界中で見ても、日本のiPhoneシェア率の高さは群を抜いているので、お財布ケータイのように日本だけ解禁されるかもしれません。

しかし、それまで待っているわけにもいきません。

iPhoneで通話を録音するには?

iPhone本体に通話を録音する機能がないので、専用のアプリやボイスレコーダー等で録音する事となります。

通話の録音をiPhoneでやろうと思った時、最初にオススメしたいアプリが「TapeACall」このアプリがあれば、iPhoneでの通話を簡単に録音する事が可能です。

TapeACall」で通話を録音するには、通常の電話ではなく、iPhoneの「グループ通話」機能を使います。

このグループ通話ができるのは、auとSoftBankのみとなります。

残念ながらdocomoからグループ通話ができないので、「TapeACall」での録音はできません。

では「TapeACall」のアプリを使って、iPhoneの通話を録音してみましょう。

まずはiPhoneで通話をする前に「TapeACall」を起動させておきます。

インストール後、初めて使う時は設定が必要となりますので、済ませておくようにしてください。

TapeACall」を起動すると録音開始を行うボタンがあるので、それをタップしましょう。

すると、自動的にiPhoneの通話画面に表示が変わりますので、通話画面になったら画面左下にある「通話を追加」をタップしてください。

しばらくすると「通話を追加」の表示が「グループ通話」という表示に切り替わります。

「グループ通話」を選択してから、録音したい通話の相手に電話をすれば、その会話の音声を録音してくれるという段取りです。

かかってきた電話を録音する

通話を録音するおすすめアプリはいろいろあるのですが、先ほどの「TapeACall」のように、事前準備が必要では困る場合もあります。

iPhoneにかかってきた電話の通話をいきなり録音したい!という場合のほうが実際は多いかもしれませんね。

そんな時に便利なおすすめなのが「imemo」です。

この「imemo」は大変簡単にiPhoneでの通話を録音する事が可能なんです。

かかってきた電話を録音したい!となったら、「imemo」をiPhoneのイヤホンジャックに差し込み、録音ボタンを押すだけでOK!

いちいちアプリを起動したりする手間が省けるので、持っていると大変便利です。

この「imemo」は単体で使えばボイスレコーダーとしても機能するので、お仕事の会議や、学校の授業を録音する等も可能です。

次からもっと詳しく説明していきます。

他にも通話を録音する仕方は存在する

iPhoneそのものに通話を録音する機能が無くても、LINE通話を使えば会話を録音する事が可能です。

しかし、LINEもiPhone同様通話を録音する機能は存在しません。

そこで登場するのが「録音 for iPhone」これがあればLINEでの通話も録音する事が可能です。

有料のソフトとなりますので、通話の録音時間に制限がないのも魅力。コストも悪くないので、LINEでの通話が多い方には断然おすすめのアプリです。

スカイプをよく使われる方におすすめなアプリは「Call Recorder for Skype」こちらも「録音 for iPhone」同様、とても簡単にスカイプでの通話を録音する事ができます。

通話のたびに録音のスイッチを入れたり、アプリを起動する手間が無いので、いきなり録音したい!という時に活躍してくれそう。

またボイスレコーダーを使用する事でも、iPhoneの通話を録音する事ができます。

iPhoneの通話を録音するのに特化したものも販売されているので、用途に合わせて購入できるのが魅力。

Bluetooth対応のものもおおく、内臓マイクや内蔵スピーカー搭載のもの等を使えば、ハンズフリーでイヤホンなしでも使えるんです。

やり方は色々

iPhoneでの通話を録音する方法についてご紹介してみました。

今回ご紹介した以外でも、便利な通話を録音するアプリはいろいろありますので、自分に合った物を探してみるのもいいですね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る