トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのバッテリー交換時期はいつぐらい? 交換方法は?
iPhoneのバッテリー交換時期はいつぐらい? 交換方法は?
更新
まとめ・説明書

iPhoneのバッテリー交換時期はいつぐらい? 交換方法は?

iPhoneのバッテリー交換時期はいつぐらい? 交換方法は?

電池が切れやすくなった

こんにちは! Applisionです! 最近iPhoneのバッテリーがやけに熱くなるなとか、すぐに充電が無くなるなあ……なんて感じる事はありませんか?

それってもしかすると、iPhoneのバッテリー交換時期が来ているのかもしれません。

iPhoneのバッテリー交換時期っていつごろなんでしょう? 今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneのバッテリー交換時期

iPhoneのバッテリー交換をするタイミングと言われても、あまり知れ渡っていないのが正直なところ。

なぜかというと、バッテリーというのは、iPhone等本体の使用状況によって、消耗度が大きく左右するからなんです。

なので、どれぐらいの期間使えば、何年使えばバッテリー交換するべきなのかという、厳密な基準がないんです。

しかし、Appleはついに公式でiPhoneやMac等のApple製品の寿命についてのアナウンスを行ったんです。

さて、iPhoneのバッテリー交換時期、一体どれぐらいだと思いますか?

AppleはiPhoneやiPad等の製品の電力消費期間は、3年間を想定していると発表しています。

正直なところ、3年ももつのかな……? というのがSNS等の正直な感想のようです。でも、iPhoneとかって、結構高価なものなのに、3年しか持たないとは……ちょっと残念ですね。

もちろん、先ほどお話しした通り、iPhoneの使い方次第では、バッテリー交換時期をもっと先延ばしにする事も可能です!

電池の消耗が速くなった場合等は、急いでバッテリー交換に出すのではなく、できる事もたくさんあります。

バッテリー交換かどうかを見極める

iPhoneがどのような状態になるとバッテリー交換時期の目安となるのでしょう?

Appleの公式発表である3年という数字に惑わされず、iPhoneそのものをよく観察して、どこかにおかしなところはないかをチェックしてみましょう。

もしかしたらバッテリー交換せずともまだまだ使えるかもしれないからです。

発熱や、バッテリーの残量を記すパーセンテージがおかしくなったり、電池が膨張している等は、バッテリー交換の可能性が高いです。

しかしこれらのトラブルも回避・改善する可能性がなきにしもあらず。

そこで、Appleがユーザーに対して行っている「iOS診断」をやってみるのも、一つの方法です。この「iOS診断」を利用すれば、iPhoneさえあれば自分でバッテリー交換かどうかのチェックをする事ができます。

iPhoneでSafari等のWEBブラウザを起動します。

Appleのお問い合わせページへアクセスしましょう。

「Apple サポートに問い合わせる」の項目の最下部にある「こちらから」の文字をタップ。次に表示されたページを下にスクロールして、iPhoneを選択してください。

今度は「バッテリー、電源、および充電」→「バッテリーに関する質問/トラブルシューティング」と進みましょう。するとサポートを選択できる画面に代わります。

iOS診断をするには今のところ「今すぐアドバイザーと話がしたい」の項目のみ可能となっています。

画面の指示に従って、iPhoneのシリアル番号、名前と電話番号を入力→「続ける」これで折り返しサポートから電話がかかってきますので、iOS診断をしたい旨を伝えたり、バッテリーの不調について相談してみてもよいでしょう。

バッテリー交換の方法は?

もしiPhoneのバッテリー交換となった場合、どこで交換してくれるのでしょう?

バッテリー交換の窓口は、

・Apple正規サービスプロバイダ
・Apple Store
・Appleオンライン修理サービス

この三つとなっています。

またSoftBankやauショップでも受け付けが開始されましたので、確認してみるのもいいでしょう。

iPhoneの修理や、バッテリー交換の方法は、

・「配送修理」
・「持込み修理」

この二通りの方法があります。

配送修理

ネットか電話で配送修理依頼を行うと、専用の配送業者が手配されすぐに集荷に来てもらう事ができます。

およそ一週間ほどで、修理済みのiPhoneが送り返されてきます。

持込み修理

最寄りのApple Store直営店か、Apple正規サービスプロバイダに事前予約を行い、iPhoneを持ち込む事も可能です。

基本的には、その場での修理・お渡しを原則としています。

ただバッテリー交換やバッテリー周りのトラブルの場合、リペアセンターに送られる場合もありますので、修理には1週間程度かかる事を覚悟しておきましょう。

ちなみにそのiPhoneが製品保証期間内の場合は、代替機を貸し出してもらえる事もあるそうです。

配送修理にしても、持込み修理にしても、必ず事前にiPhoneのバックアップ作業を行っておくのを忘れないでくださいね。

次からもっと詳しく説明していきます。

バッテリー交換の価格は?

・修理に際する診断結果
・製品保証
・AppleCare+の保証状況

これらによって価格は変動します。

もしあなたのiPhoneが製品保証期間内であったり、AppleCare+に加入していれば無償交換対象になる可能性が大変高いです。

AppleCare+ for iPhoneの利用規約には、「電源を維持する対象デバイスのバッテリーの能力が正式な製品仕様の80%未満しか発揮できなくなった」と明記されています。

保証対象外のiPhoneの場合は、7,800円(税別)が発生します。

AppleCare+に加入しているかどうかが分からない場合は、以下のサイトよりiPhoneのシリアルナンバーを入力すると確認可能です。

保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート

必要だからこそ把握しておきたい

iPhone必需品のバッテリー。

バッテリー交換時期は少々わかりにくいので、おかしいなと思ったらiOS診断等、サポートに確認してみるといいでしょう。

トラブルが頻発しているのに、放置していると発熱や発火等、あらゆるトラブルが起こって大変な事になるかもしれません。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る