トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで連絡先を簡単に交換する方法
iPhoneで連絡先を簡単に交換する方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneで連絡先を簡単に交換する方法

iPhoneで連絡先を簡単に交換する方法

iPhoneを一新したら……

こんにちは! Applisionです! 新しい環境になった時に必ず必要となるのが、iPhoneでの連絡先交換。

みなさんは、どんな連絡先交換の方法を選択していますか? 出来れば、簡単に手軽に連絡先交換したいものですよね。

では、iPhoneでの連絡先交換のやり方にはどんなものがあるのか、どの連絡先交換の方法が簡単なのかご紹介します! 今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneでの連絡先交換

簡単な連絡先交換の方法で、一番に思いつくのは「LINE」ではないでしょうか?

LINEなら、「ふるふる」や「QRコード」で簡単に連絡先を交換できますので、難しいやり取りが必要ありません。

また、iPhone同士でなくても連絡先交換がしやすいのメリットです。

iPhoneとAndroidでの連絡先交換でも、アプリに依存する事で操作法も同じなのは、iPhoneや携帯に不慣れな人にも有難いやり方です。

しかし最近でも「私、LINEやってないんです」なんて方もいらっしゃいますよね。そんな場合はどんなやり方で連絡先の交換をしたらよいのでしょう?

どんな連絡先交換が人気?

連絡先交換としては実はアナログな「電話番号を交換する」というやり方が一番人気。

確かに電話番号を知っていれば、SMSでメッセージを送る事もできますし、LINEでの検索も可能になります。

その次が「メールアドレスを教える」方法。メールアドレスを知っていれば、メールを送る事が出来ます。当たり前の事ですね。

最近では携帯やiPhoneを契約しているキャリアのメールアドレスではなく、Gmailのメールアドレスを交換する方も多いようです。

確かにこうしておけば、iPhoneが壊れたり、迷惑メール対策でアドレスを変えても、ある日突然連絡がつかなくなるリスクが低くなります。

Gmailのアドレスを頻繁に変える人って少ないですからね。教え方としては、

・口頭で
・紙に書いて
・アプリを使って
・メッセージ機能の「連絡先を送信」で

これらの方法が多く利用されているようです。

一番確実で、一番簡単なのはアナログな方法かもしれません。次からもっと深く考えていきましょう。

新たな連絡先交換の手段

iPhoneの「AirDrop」と言う機能をご存知ですか? iPhoneのホーム画面を下から上に引き上げると、「コントロールセンター」が登場しますよね。

その中にある下向きのパックマンのような渦巻き模様が「AirDrop」です。

「AirDrop」は赤外線通信と似た働きを持つ連絡先や・写真等のデータがやり取りできる機能です。こちらは、iPhoneのWi-FiとBluetoothを使用します。

先ほどのコントロールセンターの中ほどにある「AirDrop」をタップしてみましょう。次に「すべての人」を選択。

この時iPhoneが自動的にWi-FiやBluetoothに接続されますので、最初から接続していなくても大丈夫。

これで下準備が出来ましたので、早速連絡先を好感してみましょう。

iPhoneの「連絡先」アプリを開きます。

すでに登録してある、自分のiPhoneの連絡先を開き、「連絡先を送信」をタップします。

連絡先交換したい相手のiPhoneも「AirDrop」がオンになっていれば、あなたのiPhoneに「タップしてAirDropに共有」というメッセージとともに表示されます。

そこに表示された相手のiPhoneをタップすれば、あなたの連絡先を送信する事が可能となります。

交換したい相手のiPhoneの画面に、AirDropのアラートが表示され、ここで「受け入れる」を選択します。

その後連絡先アプリを開くち内容を詳しく確認する事が出来ますので、開いてみましょう。そのまま登録で良ければ画面右上にある、「保存」をタップします。

iPhone同士の連絡先交換であれば、LINEの次にこのやり方が簡単なのではないでしょうか?

ちなみに「AirDrop」の機能は必要のない時は必ず「オフ」にしておきましょう。

必用のない時にオンになったままだと、だれかれ構わず連絡先や写真等が交換できる状態になってしまうので、セキュリティの面でもよくありません。

便利なアプリや機能を駆使して、簡単に連絡先を交換!

私自身、LINEのQRコードを使った連絡先交換をメインとして使用しています。「ふるふる」はうまくいかない事が多いので、結構環境に左右されやすいようですね。

アナログ方式で紙に書いたりもいいんですが、その紙の取り扱いに神経を使ってしまいます。 口頭だと間違えてしまう可能性も高いですしね。

なので、一番簡単なのはLINE。LINEを持っていない場合は、アナログな方法か、iPhone同士の場合に限りますが「AirDrop」と使うやり方となります。

様々な方法がありますので、その時の状況に合わせてうまく使い分けましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る