トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > Apple IDは削除できるのか? できないのか?
Apple IDは削除できるのか? できないのか?
更新
まとめ・説明書

Apple IDは削除できるのか? できないのか?

Apple IDは削除できるのか? できないのか?

意外と深い、Apple IDの話

こんにちは! Applisionです! 突然ですが、Apple IDっていくつお持ちですか? そう聞かれると大抵の方は「1つ」と答えるかもしれません。

しかし、長くiPhone等のApple社製デバイスを使用していると、Apple IDを複数持ってしまう事も多いようです。結構簡単に作れますしね。

でも、そんな増えすぎてしまったApple ID、削除する事はできるのでしょうか? 今日も一緒に考えていきましょう。

Apple IDは削除できる?

不要な古いApple IDが残っていると、セキュリティ等の問題で不安になりますので、できれば削除したいですよね。

単刀直入にお答えしますと、Apple IDは削除する事は「可能」です。

ではどのようにして既存のApple IDを削除すればいいのでしょう?

Apple IDの削除の仕方

Apple IDを削除する方法は、

・Apple Care:0120-277-535

上記のサポートに電話をかけてください。そしてスペシャリストに対応してもらいましょう。すると不要なApple IDを削除してもらう事が可能です。

どうせなら、複数出来てしまったApple IDのデータとかを一つにまとめてくれるといいのですが、どうやらそれはできないようです。

削除したApple IDは二度と戻らない!

おそらくApple Careのサポートに電話すると、1度は必ずApple IDの削除を止められる事でしょう。もしかしたら1度では済まないかもしれません。

というのも、Apple IDを一度削除すると、どんな事があっても、そのApple IDは元には戻らないからなんです。

Apple IDを削除してしまうと、どうなるのでしょう?

1.削除したApple IDで、App storeやiTunes storeで購入したアプリが一切使えなくなる
2.削除したApple ID作成した、iCloudに存在するバックアップが、iCloudのサーバー上から消えてしまう
3.削除したApple IDで使ったメールアドレスは、今後新規のApple ID作成時には使用できない

この3つがApple IDを削除した場合の、面倒な事象です。

1の購入したアプリが使えなくなるという項目を補足すると、実は購入してiTunesにいれてある音楽も聞けなくなるそうなんです。

せっかく買ったアプリや音楽が無駄になってしまうのは、本当に悲しいですよね。

iCloudのサーバーにバックアップを残していると、それは丸ごと消えてしまいます。

それを忘れてしまって、何も対策を取らずにApple IDを削除すると、iPhoneが何らかのトラブルに陥り復元したいときに困る羽目になります。

また3つ目の問題については、先に削除してしまうと、残っている他のApple IDとのひも付もできなくなってしまいます……。

しかもどうやらこの作業……大変手続きが面倒で、時間もかかってしまうそうです。

削除したいApple IDでサインインしているデバイスからすべてサインアウトする事が絶対条件。

・iTunes Store
・iCloud
・iMessage
・Facetime
・コンピュータの認証解除

ざっとあげただけでもこれだけの段取りを踏まないと、削除をする事ができないんです。

1つでもサインアウトしていないデバイスがあると、取り返しがつかない事になる事もあるようです。

長~い規約を確認してから、同意→削除なのですが、この長~い同意書も、きちんと読まないと問題がおこった時困るので、読まないわけにはいきません。

手続きに要する時間は、電話をかけてから最低でも1時間はかかると覚悟しておかねばなりません。

あと、これは絶対に注意してほしいのが、その削除するApple IDに関連付けられたStore等の残高が残ったままだと、その残高も消えてなくなります。お金は大事です! 注意してくださいね!!

まだまだあります、次からもっと深く考えていきましょう。

Apple IDを残しておいてもいいの?

現段階では、特に問題ないと申し上げておきましょう。

ただし、完全に問題がないわけではないので、

・パスワードや秘密の質問を分かりにくいものに変えておく
・修復用のメールアドレスを登録しておく

この二つを必ず行っておきましょう。

そして最後に、不要なApple IDに登録しているクレジットカードの情報を削除しておく事をお勧めします。

これで基本的には、不要なApple IDを削除せず残しておいても大丈夫です。

まとめ

不要になったApple ID。基本的にはそのままにしておいたほうが、何かあった時便利そうですね。

無理に削除せずに変更して使用したり、そのまま何かの時の為に置いておきましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る