トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのランドスケープモード(横向き表示)の切り替え方法
iPhoneのランドスケープモード(横向き表示)の切り替え方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneのランドスケープモード(横向き表示)の切り替え方法

iPhoneのランドスケープモード(横向き表示)の切り替え方法

ランドスケープモードって何?

こんにちは! Applisonです! iPhoneの機能で、ランドスケープモードってご存知ですか?

ランドスケープモードとは、iPhoneを横向き表示にする事を指します。

このランドスケープモード、iPhoneの画面表示を横向きで使用したいときはいいのですが、実際は動画を見るときぐらいしか使用していないと思いませんか?

実は最近、iPhoneのランドスケープモードに対応したアプリ等が出てきて、うまく使いこなせば大変便利だと注目されています。

例えば電卓。

ホーム画面をランドスケープモードにすればあっという間に「関数電卓」に早変わり。Safariを使用しているときに切り替えるとタブビューが見やすくなる事も高評価です。

カレンダーアプリだと1週間表示が見やすくなるので、先の予定を確認するのにも便利ですね。

iPhone 6 PlusやiPad等の、ホーム画面が大きいので、ランドスケープモードの切り替えを上手に駆使するとこれ以上ない便利な機能となっています。今日はこのランドスケープモードについておさらいしていきましょう!

iPhoneのランドスケープモードの切り替え方

iPhone6s Plusの新機能として前評判もよかったランドスケープモード。

実は蓋を開けてみると、iPhoneのホーム画面がランドスケープモードにならない状態になる事があるようなのです。

便利に使えてこそのiPhoneの機能なのに、快適に使えなくては意味がありません。そこで、iPhoneのランドスケープモードの切り替え方法を紹介してみたいと思います。

iPhoneの画面の回転がロックされていませんか?

まずはこれを確認しましょう。

大抵の場合、画面ロックをしていないのにランドスケープモードになってる! とかならない! とかが多いので、念の為に。

画面ロックしていないのに、iPhoneのホーム画面だけが、ランドスケープモードにならないというのが一番多い症状です。

しかしiPhoneの「設定」の項目には「ランドスケープモード」に関する設定個所がありません。ではどうしたらいいのでしょう?

iPhoneの「ランドスケープモード」を設定する方法をご説明していきましょう。

iPhoneの「設定」→「画面表示と明るさ」を開きます。「画面表示の拡大」の項目にある「表示」の項目が「拡大」となっていますね。

ここをタップしましょう。「画面表示の拡大」に入ったら上部にある「標準」を選択。次に画面右上にある「設定」をタップ。

ポップアップで表示された「 “標準” を使用」をタップすれば、iPhoneが自動的に再起動して「標準」のホーム画面になります。

これで、iPhoneのホーム画面は、「ランドスケープモード」に設定できました。さて、それでは次から、ランドスケープモードあるあるを紹介していきます。

「拡大」も「標準」も見た目はほぼ変わりません……が

「画面表示の拡大」設定は「標準」にしても「拡大」にしてもさほど大差はありません。

同じホーム画面を並べてみたらアイコンが少し大きいかな……? ぐらいではないでしょうか?

それなら、便利に使える「ランドスケープモード」に設定しておくのが断然お勧めです。

・メール
・Outlook
・メッセージ
・Facebook Messenger

これらのアプリはiPhoneを「ランドスケープモード」にしておくと、ランドスケープモード専用の表示が用意されていて、新たなアクションを起こす事が出来ます。

最近ではTwitterの公式アプリも、「iPhone 6 Plus」用のアプリを提供開始しました。

これは使い方をマスターしておかないと、便利な機能についていけなくなってしまいます!

iPhoneのランドスケープモード(横向き表示)の切り替え方法

iPhoneの画面をただ横向きにするだけじゃない、便利な機能「ランドスケープモード」小さな画面のiPhoneでは少々厳しいですが、画面が大きな「iPhone 6 Plus」なら大歓迎!

注意点は「拡大」を使用すると、「ランドスケープモード」が解除されてしまうという事でしょうか?

意外にこれ、やってしまうんですよね。

それ以外には文句なしで便利な機能なので、どんなアプリが対応しているのか、いろいろ触ってみてください!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る