トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法
iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法
更新
まとめ・説明書

iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法

iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法

iPhoneの機能制限パスコードについて

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っていると、覚えておかないといけないIDやコードがいろいろありますね。

それらをすべて忘れないように管理しておくのは大変!

そこで今日は、iPhoneの「機能制限パスコード」を忘れた場合の対処法についてご紹介してみましょう。

機能制限パスコードとは

iPhoneで特定の機能「だけ」を制限する事ができるんです。それが「ペアレンタルコントロール」この機能を制限するのが「機能制限パスコード」です。

「機能制限パスコード」を入力しない限り、機能制限を解除する事はできません。

しかし最初に設定したまま、特に使用する事が無く、いざという時に忘れた……なんて事も多々。

また恐ろしい事に、知らないうちにiPhoneの機能制限がかかってしまい、パスコードが分からない……なんて事も起こるようなんです。

ちなみにiPhoneの「機能制限パスコード」は、入力の回数制限もあるんです。間違いのパスコードを1回入力すると、60分間再入力できなくなってしまいます。

正確には5回目までは、間違えたパスコードを繰り返し入力する事が可能です。しかし6回目からペナルティがかかります。

6回目からは次の入力までに1分間待たないといけません。7回目間違えると次は5分間待機となります。

このように間違いを繰り返すと、だんだんと待ち時間が増えていくという仕組みです。

機能制限パスコードにはいろいろな働きがあるのですが、一番必要となるシーンはiPhoneを初期化したい時ではないでしょうか? iPhoneの機種変更する時等に、初期化は必ず必要になりますね。

iPhoneの初期化には「通常のパスコード」と「機能制限パスコード」の2つが絶対に必要となります。

ちなみに、変更をしていない自信がある場合だと、iPhoneの「機能制限パスコード」の初期設定は「0000」のようなので、ここからまずは試してみましょう。

ただ、試したらお分かりになると思いますが、本来は「機能制限パスコード」に初期設定地はない……とも言われているので「0000」でもエラーが出てしまうでしょう。

最初の設定の仕方は、iPhoneの「設定」→「一般」→「機能制限」→「機能制限を設定」で行う事が可能です。

機能制限パスコードが不明な場合の対処法

一番簡単なのは、思いつく4ケタの番号を入力する。これしかありません。

しかし、自分が設定していない場合は、いくら頑張ってもパスコードを解除する事は不可能に近いです。

分からないから、変更するにも、もともとのパスコードが必要となりますね。

通常であれば、iPhoneを初期化して工場出荷状態にすれば、解除する事が可能です。しかしそれでは大変! 他に方法はないのでしょうか?

・iPhoneを復元してみる
・アプリを使って解析する

この2つができる可能性が高い作業と言えるでしょう。

アプリを使っての解析は、専門性が高い部分も多いので、自己判断で行いましょう。

復元する場合の問題点は、機能制限を設定してからだと、機能制限された状態でiPhoneが復元されてしまうという事。これではせっかく復元をしても意味がありませんね。

こうなると手っ取り早いのは初期化となりますが、次からWindowsPCを使った機能制限パスコードの初期化の方法をご紹介します。

WindowsのPCを使っての機能制限パスコードリセット方法

アプリやツールを使うのが簡単ですが、先ほどお話しした通りあくまでも「自己責任」「自己判断」でお願いします。

まず、iPhoneのデータをiTunesを使ってパソコンにバックアップを取ります。

バックアップができたら「iBackupBot」というツールをダウンロードしましょう。

アクセスするとページの中ごろに「iBackupBot for Windows」と言う項目がありますので、そこからDLが可能です。

「iBackupBot」をインストールすると、バックアップデータに自動的にアクセスしてくれます。画面の左側に、iPhoneという単語がついたフォルダが自動既成されます。

その下に位置するところにある「System Files」をクリックします。

「HomeDomain」→「Library」→「Preferences」と進みます。ここでは、「com.apple.restictionpassword.plist」と言うファイルを探し出す作業となります。(途中で有料のガイダンスが出ますが、スルーしてください)

「com.apple.restictionpassword.plist」ファイルが見つかったら削除します。右クリックして「Delete selected item(s)」で削除が可能です。

ここまで完了したらiPhoneとパソコンを接続し、iTunesを立ち上げます。ここから復元の作業に入るのですが、くれぐれも注意してほしいのは「iPhoneに」復元するのではなく、「バックアップの」復元を実行を行うという事です。

しかしここで最後の砦となるのが、「iPhoneのパスワード」これだけは忘れてしまうとどうしようもありません。

初期して工場出荷状態にするしかありませんので、くれぐれも忘れないようにしてください……。

iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法

機能制限パスコードが分からなくても、条件をクリアして復元を行うと再設定が可能です。

逆を言えば、保護者の方は解除されないように、暗号化しておく事をお勧めします。

大人が制限してあげないと、ネットの社会は大変危険な事だらけ。上手に付き合わせてあげるのも、大人が子供にしてあげられる大切な役割です。

iPhoneロック画面のパスコード入力時に時間制限を追加しよう!

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る