トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneを機種変更・解約した時に古い端末はどうするべき?
iPhoneを機種変更・解約した時に古い端末はどうするべき?
更新
まとめ・説明書

iPhoneを機種変更・解約した時に古い端末はどうするべき?

iPhoneを機種変更・解約した時に古い端末はどうするべき?

機種変更した時!

こんにちは! Applisionです! iPhoneを機種変更や解約した時に、余った端末はどうするのが一番いいのかご存知ですか?

下取りに出すという方法もあるようなのですが、他にも何か再利用する方法はないものでしょうか? 今日はそんなiPhone実機について考えていきましょう。

余ったiPhoneの使い道

機種変更や解約等で、手元に残ったiPhone。考えられる活用方法を挙げてみましょう。

・機種変更の時に下取りに出す
・iPod touchのようにWi-Fi機器として使用する
・中古端末として、オークションに出す
・他人に譲る

この辺りが一番ポピュラーな活用方法と言えるでしょう。

またWi-Fi機器のように使ってみたり、SIMロック解除アダプタやデータ通信用SIMで、残ったiPhoneを通信機器として使うのもアリです。

では、それぞれの詳しい詳細をご紹介していきましょう。

機種変更時にiPhoneを下取りに出す

docomo・SoftBank・au、各キャリアでは、機種変更等の際、iPhoneを下取りで買い取ってくれるサービスを行っています。

・docomo 下取りプログラム

・SoftBank のりかえ下取りプログラム

・au 下取りプログラム(乗りかえ)

機種変更後に、そのiPhoneを家族や友人等に譲渡したり、手元に残しておく理由も特にないのであれば、下取りに出す事で、次に購入するiPhoneを値引きしてもらえる場合もありますので下取りサービスを利用するのも手間がかからず、良い活用方法となります。

各キャリアの詳細ページをみていただければお分かりの通り、iPhoneだけでなくスマートフォンからの機種変更でも対応してくれるサービスもあるので、有難いですね。

では次にiPhoneをWi-fiとして使用す考え方を見ていきましょう。

iPod touchのようにWi-Fi機器として使用する

機種変更して余ったiPhoneを手元に残しておいた時の活用法は、これが一番便利かもしれません。

各キャリアでiPhoneを機種変更や解約をすると、使っていた3G・LTEの電話回線は使えなくなります。

しかし、Wi-Fiを経由してのインターネット接続が可能であれば、モバイル回線を必要とする機能以外は、使えるという事になります。

・メッセージ(iOSかOS XとのiMessage通信が可)
・App Store
・iTunes
・iCloud
・Game Center

これらの機能は、インターネットとAppleへの接続だけで、使用する事が出来るので、iPhoneを機種変更や解約した後も、Wi-Fi接続が可能であれば、使用する事が可能です。

Wi-Fi接続が可能であるならLINEやSkype等のアプリも使用可能ですので、家族や友人との通話も可能になります。

iTunes Store・App Storeで購入したアプリは、ほぼ問題なく使えると思いますので、ぜひ試してみてください!

注意したいのは、機種変更した事で、iPhoneに入っているSIMカードを返却しているので、そのiPhoneは「SIM無し端末」となります。なので、iOSのアップグレード等をやろうとしても、行う事が出来ません。

アップグレードしようとすると出来ないうえに、復元も出来ません。

各キャリアの窓口での解約や、機種変更はSIMカードの返却が必須となりますが、MNPやオンラインショップ経由での機種変更は、SIMカードを返却しなくていい場合もあります。

このような状況だと、SIMカードが残ったままになりますので、アップグレード問題をクリアする事もできます。

中古端末として、オークションに出す

とにかく資金源に!次に買うiPhoneの予算に計上したり、お小遣いにしてみたり? 下取りよりも高額でiPhoneを売る事が出来る可能性を秘めているのが、オークションです。

最近はオークションサイトがいろいろ増えてきているので、自分が一番使いやすいサイトを利用するのがベストです。

でもやはり、利用している人が一番多いのはYahooオークションです。価格の相場等を見るのにも利用できますので、チェックしてみてください。次はちょっと特別な方法です。

他人に譲る

近頃は、ご両親やお子さんに機種変更等で余ったiPhoneを譲渡する方も少なくありません。家族に譲る場合は、比較的簡単に手続きが出来るようです。

iPhoneを家族に譲り新規で契約すると、お得になるキャンペーン等もあるようですので、ぜひ契約のキャリアに相談してみてください。

しかし、ご家族以外に譲る場合は少々面倒な事も多いので要注意。

・譲渡手数料が発生する
・本体の月賦が残っている/月の途中での譲渡の場合は清算方法の手続きが必用

これらの金銭的な手続きがありますので、家族以外に譲る場合は、あらかじめこの辺りをどうするかきちんと話し合って決めておく必要があります。

少々面倒な手続きになるかの威勢もありますので、ご契約のキャリアの窓口で相談してみるのもいいでしょう。

まとめ

iPhoneを機種変更したり、解約した際に余ったiPhoneをどうするのがいいかについて、ご紹介してみました。

いろいろな活用方法がありますので、用途に合った使い道を選択してみてくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る