トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneが水濡れした場合の反応チェック方法と修理
iPhoneが水濡れした場合の反応チェック方法と修理
更新
まとめ・説明書

iPhoneが水濡れした場合の反応チェック方法と修理

iPhoneが水濡れした場合の反応チェック方法と修理

iPhoneの弱点「水属性」

こんにちは! Applisionです。日常生活でiPhoneを使っていると、水濡れさせてしまう危険がいっぱい!

「あ!やばい!」と思ったとき、iPhoneが本当に水濡れしたかどうかをチェックする方法があるのをご存知ですか?

もし大丈夫なら無理にiPhoneを修理に出さずに済みますよね! iPhoneの修理代って結構高くつきますし……。

そこで今回は、水濡れしてしまったiPhoneの反応チェックの方法を、ご紹介いたしましょう!

iPhoneが水濡れしても自分でチェックできる?

はい、実はできるんです。その名も「水没マーカー」アップルストアでは「液体浸入インジケータ」と呼ばれているそうです。

iPhoneの本体が水濡れしたかどうかを確認できるマーカーが仕掛けられているんです。それが先ほどご紹介した「水没マーカー」です。

理科の実験みたいな感覚で思っていただければいいと思います。

リトマス紙のような感じで、最初は白い色をしている水没マーク。

iPhoneが水濡れ等で液体の侵入が認められると、水没マークが赤く反応します。

そしてこの赤くなった水没マークは、iPhoneが水濡れから乾いて症状が改善されても、もう白に戻る事はないよう作られています。

iPhoneの水濡れ損傷は、アップルケアの保証対象外なんです

以下のページを見ていただいてもお分かりになるように、iPhoneの水濡れは全て代金が発生する修理となります。

iPhone または iPod が水濡れにより損傷した場合は保証対象外

iPhoneの調子がなんとなく悪いけど、アップルケアに入ってるし安心!と窓口に持ち込んで、水没マーカーが赤くなっていたら……もうお分かりですね。

せっかく入っているアップルケアはむなしく……なんてなってしまうわけです。

知らぬ間に水濡れしているiPhone

実はこのiPhoneの水濡れチェック、iPhoneが水濡れしたとき以外にも、チェックする必要があるんです。

iPhoneの買い取りキャンペーンや、下取りにiPhoneを持っていくときにも、このチェックが重要になるんです。

自分ではiPhoneを水濡れさせてないと思っていても、知らないうちに水濡れさせてしまっている事があるんです。

そうなると、いざiPhoneを買い取りや下取りに出そうとしたときに、水没マークが赤くなっている……なんて事もあるんです。

iPhoneの水没マーカーが反応するのは、単純な水濡れだけではなく、汗や湿度により反応してしまう事もあるのを覚えておいてください。

それでは次から、水濡れチェックを開始しましょう!

iPhoneが水濡れの可能性あり!チェック方法を教えて!

それではさっそく、iPhoneが水濡れしたかどうかを、チェックする方法をご紹介しましょう。

そんな水没マークはiPhoneの機種によって場所が異なります。

先ほどのページに図でどこにあるかが紹介されていますので、参考にしてみてください。

iPhone または iPod が水濡れにより損傷した場合は保証対象外

しかし、汗程度でも反応してしまうのには困ったものですね。

iPhoneの水没マーカーが赤い!対処法を教えて!

先ほどご紹介した通り、マーカーは一度赤くなると、白に復活する事はありません。

となると、有償の修理になりますが、これ結構な金額になるんですよね。そこで、簡易的でもいいので、なんとかする対処法を、いくつかご紹介してみましょう!

まずは、水没させている等の状況から簿改善を試みてください。

水に使ったまま呆然としていてはだめですよ! 瞬時にiPhoneを救出しましょう。

次に、急いでiPhoneの電源を落としてください。そして何があっても、しばらくはiPhoneの電源を入れないでください。

電流がiPhone本体を流れてしまうと、一瞬でiPhoneがお亡くなりになってしまいます……SNSやLINEが気になるかもしれませんが、完全に乾くまで気合で乗り切りましょう。

電源を落としたらできる限り、濡れた部分を乾いた布等でふき取ってください。

この時焦ってごしごしする等、iPhone本体を動かしすぎるのは要注意です。本体内に入り込んだ液体が、iPhoneの中を流れて、余計な故障を引き起こす可能性があります。

水分をできる限りふき取れたらSIMカードを取り出します。iPhone購入時に付属されていたSIMピンか、細いクリップ等を使ってSIMカード取り出します。

もちろん、SIMカードについて水分もやさしく丁寧にふき取りましょう。

SIMカードはとても小さいものですので、くれぐれも紛失には注意して、分かりやすいところに保管しておきましょう。

これがiPhoneが水濡れしてしまったときに、まずやって欲しい緊急措置です。

すべて終えたらあとは神に祈るのみ……風通しの良いところにiPhoneを置いて、修理しないでいいように祈り続けてください(笑)

一部の説では、乾燥剤を置いて早く乾燥させる方法もあるそうです。藁をもつかむ思いなので、乾燥剤がおうちにあれば、やってみましょう。

乾燥させる期間は、最低でも1日以上は見てください。焦りは禁物ですよ!

iPhoneが水濡れした場合の反応チェック方法と修理

iPhoneが水濡れしているかどうかを確認できる、水没マーカーについてと、チェック方法。

水濡れしてしまった時の緊急時にやって欲しい対処法をご紹介してみました。

iPhoneの水濡れを防ぐには防滴・防水対応のケース等を使用するのが効果的なようですね。

汗等が気になる場合は、洋服のポケット等にiPhoneを入れるのも禁物。

濡らさないのが一番なので、注意しましょう。

iPhoneが折れ曲がる原因と正しい対処法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る