iPhoneでアプリ内課金できないようにする方法まとめ

iPhoneでアプリ内課金できないようにする方法まとめ

廃課金を防ぐ為に

こんにちは! Applisionです! 近年、iPhoneやスマホからのアプリ内課金でのトラブルが増加する傾向にあります。

旦那さんや子供さんが、あなたの知らないうちに、アプリ内課金を無計画に行い挙句の果てに高額請求が届いてしまう……なんて事になっては大変です。

そこで、今日はiPhoneでアプリ内課金できないようにする方法をご紹介します。

iPhoneでアプリ内課金できないようにするには

課金を口頭で禁止するだけでは、まず阻止できないのが課金問題。

なので、保護者の方がしっかりと子供さんや旦那さんの使用状況を、きちんと把握できるようにしておきましょう。

痛い目に合ってから後悔しても遅いので、今すぐにでも設定を行うようにしてください。

iPhoneの機能制限を使用して制限する

機能制限を使う事で、iTunes Storeのアカウントが、勝手に購入したり、不正に使用できない設定にする方法です。

iPhoneを保護するやり方はとても簡単ですので、これからご紹介する手順に沿って進めてください。

機能制限を有効にすると、購入するたびにパスワードの入力を必須にする事も出来ます。

これだけでも、不正利用や高額請求のリスクを避ける確率がUPします。

また、機能制限する事で、特定の種類のコンテンツの購入ができなくなったり、購入その物を一切禁止にする事も可能です。

iPhoneの「設定」→「一般」→「機能制限」と進みます。表示された項目の中から「機能制限を設定」を選択しましょう。すると「パスコード」の設定画面に映ります。

これは機能制限のためだけに使用できるパスワードとなりますので、覚えやすいものを入力、確認で再入力とすすみ、最後に確定を押します。

iPhoneのロック解除に使っているパスコードとは違うパスコードを選択するので、ご注意を。

iPhoneのアプリ内課金を禁止する

次にご紹介するのはアプリ内課金を防いだり、一切購入できない様に阻止する設定となります。

先ほどの続きと考えて進めていただければ、問題ありません。

「機能制限を設定」を選択した後、iPhoneで許可されている操作を確認する事ができます。アプリ内で課金できないようにiPhoneを制限するには、「App内課金」と言う項目をオフにして無効にしましょう。

そして、課金の全てを禁止にする場合は、

・iTunes Store
・iBooks Store
・インストールおよびApp内課金

これらすべてをオフにして無効にしてください。

これでアプリ内課金は禁止される設定になっていますが、別の方法として、使用しているアカウントから、支払い方法を削除してしまい、アプリ内課金を禁止にする事も可能です。

禁止にするばかりが能ではない……そう思われる場合は、iTunes Storeや、Apps Storeからコンテンツ等をダウンロードする前に、常にパスワードの入力を必須にする事も出来ます。

そうする事で、勝手にアプリ内課金をする事ができなくなります。次からは、さらに深い課金防止の対策について考えていきます、ママさんは特に必見!

見守りアプリ等を勝手にアンインストールさせない

子どもたちの柔軟な脳みそは、こちらがいくらアプリ内課金の禁止設定をしても、その隙をすり抜けてきます。

なので「機能制限を設定」内の「インストール」をオフにしておく事で、アプリその物をダウンロードする事を禁止する事ができます。

「Appの削除」の項目も一緒にオフにしておきましょう。

なぜかと言うと、これをオフにしておく事で、勝手に見守りアプリや監視アプリをアンインストールされてしまう危険性が無くなるんです。

各キャリアのフィルタリングでアプリ内課金を阻止

有害なサイト等にアクセスする事を未然に防ぐ事のできる、フィルタリング機能。

NTTドコモ、Softbank、auの各三社が提供しているそのフィルタリング機能をオンにする事でも、アプリ内での課金を防止する事ができるようなんです。

ぜひこれも設定しておきたいですね!

アプリ内課金を禁止すると言う事

子どもたちは、簡単にアプリ内課金をしてしまいます。

なぜかと言うと、指一本ですべての課金が完了してしまうため、お金を使っている、支払いをしていると言う感覚が湧かないからです。

簡単にアプリ内課金出来て、ますますゲームが面白くなった、友達と遊びやすくなった……こうなると、歯止めが利かなくなる事は、容易に想像できますね。

大人でも誘惑……楽しい事に流されがちです。なので、きちんと管理してあげる事で、アプリ内課金を防ぎ、リスクを軽減させるようにしましょう。

子どもにiPhoneを持たせると言う事のリスクを、保護者の方はしっかりと認識しておきましょう。

iPhoneでアプリ内課金できないようにする方法まとめ

iPhoneでアプリ内課金をさせてはいけない理由を含め、どうしたらアプリ内課金をさせない設定にできるかの方法をご紹介してみました。

最近は小さなお子さんにiPhoneを持たせている方が多いので、自分のiPhoneでも簡単にアプリ内課金が出来ないようにしておいてください。

アプリ内課金のせいで高額請求が来てしまったパターンの中に、ママが未就園児のお子さんの暇つぶしにiPhoneを渡していたら勝手に課金していた……と言うのが。実はかなり多いんです。

1回2回なら勉強代と思えるかもしれませんが、アプリ内課金は、回数が重なると本当に大変な金額になってしまいます。

くれぐれも、痛い目を見ないで良いように、きちんと管理しておきましょう!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneでアプリ内課金できないようにする方法まとめ」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介