トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの検索・閲覧履歴の見方と削除方法
iPhoneの検索・閲覧履歴の見方と削除方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneの検索・閲覧履歴の見方と削除方法

iPhoneの検索・閲覧履歴の見方と削除方法

iPhoneの検索履歴はどう消すの?

こんにちは! Applisionです! iPhoneの閲覧履歴や、検索履歴って、あまり人には見られたくないですよね。

でもうっかりiPhoneを使っていて、検索履歴や閲覧履歴を見られて恥ずかしい……なんて事もあり得ます。

そこで今日は、iPhoneでの検索履歴や閲覧履歴を残さない方法をご紹介してみましょう!

こんなにある! iPhoneの検索・閲覧履歴

iPhoneで検索・閲覧履歴を消すには1か所だけではないと言う事をまず覚えておいてください。

GoogleやYahoo!、Safari等のWEBブラウザの検索・閲覧履歴に始まり、MapやYoutube等色々なものがあります。

今回はネットでの検索・閲覧履歴の消し方に焦点を置いて、やり方をご説明していこうと思います。

iPhoneで見た、Safariの閲覧履歴を削除する方法

iPhoneでネットを見るとなると、大抵の方がSafariと言うWEBブラウザをお使いの事だと思います。

まずはSafariの閲覧履歴を確認してみましょう。

iPhoneのSafariを起動。画面下部にある本のアイコン(ブックマーク)をタップしましょう。

次に、画面上部に同じ本のアイコンがありますので、そのタブが選択されているか確認してください。

上から2つ目にある「履歴」をタップ。

これまでiPhoneのSafariで見たサイトの閲覧履歴が、ずらりと表示されました。閲覧履歴を削除をするには、画面右下にある「消去」の文字をタップしましょう。

するといくつかの閲覧履歴の消去に対する項目が表示されます。

閲覧履歴は、もう一度以前見たサイトを見たいと言う時に役立ちますので臨機応変に削除を行ってください。

閲覧履歴が必要なければ「すべての履歴を削除」で完全削除が可能です。

ばれると嫌なサイトの閲覧履歴だけ、個別削除する事だって可能です。その場合は閲覧履歴の一覧の中から、一部削除したいサイトを画面左にスワイプすればOKです。

次から検索履歴だけでなく、検索候補についても、もっと詳しく説明します。

iPhoneでGoogleやSafariの検索の閲覧履歴を削除する方法

検索候補等も、見られると恥ずかしいものもたまにありますよね。

これらの閲覧履歴や検索候補等の表示はSafari等のアプリから対処するのではなく、iPhoneの設定から無効化する必要があります。

では早速iPhoneの設定から検索履歴や閲覧履歴を削除してみましょう。

iPhoneの「設定」→「Safari」を起動。「履歴とWebサイトデータを消去」→「履歴とデータを消去」をタップ。

これでiPhoneのSafariでの検索履歴や閲覧履歴、ookieやその←のブラウザーのデータが全て削除されます。

Googleの検索候補を消すには以下の方法を行いましょう。

同じようにiPhoneの「設定」→「Safari」と進んでください。

「検索エンジンの候補」をオフにする事で、Google等の検索エンジンによる候補が表示されなくなります。

「トップヒットを事前に読み込む」をオフにすれば、ブックマークや閲覧履歴から推測されるWEBサイト(トップヒット)が表示されなくなります。

こうやってデータをiPhoneに残さないようにする事で、プライバシーの保護を高める事が可能となります。

iPhoneの閲覧履歴を残さない設定をしよう!

いちいちiPhoneの閲覧履歴をちまちまと削除するのは時間がもったいない!

なんてあなたには、最初からiPhoneに閲覧履歴を残さない設定をするのがおススメです。

閲覧履歴が全部消えてしまうので、不便も出てくるとは思いますが、この方が楽! と思われる方もきっといらっしゃるはず。

手順はとても簡単。

iPhoneの「設定」→「Safari」→「プライバシー」→「プライベートブラウズ」の項目オンにすればOK。

設定した直後は、設定前のデータが残っている場合があり、閲覧履歴が表示されてしまう場合があります。

そんな時は、先ほどご紹介したiPhoneの閲覧履歴の削除を行ってください。

さて、それでは最後に、検索履歴が上記のやり方でも削除できない場合など、トラブルの際の対処法をご説明したいと思います。

iPhoneでの閲覧履歴が削除できない

iPhoneの閲覧履歴を消去できない場合がたまにあります。

この現象が起こる場合は、大抵「機能制限」が原因となっているようです。

iPhoneの「機能制限」がオンになっていないか、まず確認してみてください。

iPhoneの「設定」→「一般」→「機能制限」と進み、パスコードを入力→「機能制限を解除」→再度パスコードを入力。

これで対処できると思います。

iPhoneで消してしまった閲覧履歴を復活させたい!

iPhoneの閲覧履歴を全部消去してしまってから「あ!あのサイトブックマークするの忘れた……」なんて思い出す事もありますよね。

さて、一度消してしまったiPhoneの閲覧履歴、復元する事は出来るのでしょうか?

少し調べてみると専用のアプリ等が存在するようなので、アプリを入れる事に抵抗が無い方は、これが一番早いかもしれません。

また、iPhoneのバックアップがあれば復元をする事も可能です。バックアップを取った時点まで戻った閲覧履歴が復活します。

iPhoneの検索・閲覧履歴の見方と削除方法

見られたり、ばれると恥ずかしいiPhoneの検索・閲覧履歴。なんて事のない物でもあまり他人には見られたくないですよね。

でも「ちょっと調べ物したいから貸して~」とか、調べている時に覗きこまれて恥ずかしい思いをしないでいいように、ぜひ閲覧履歴はこまめに消しておきましょう!

ちなみに、これらの履歴を消すと、iPhoneが軽くなりますので、さらにおススメいたします!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る