トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > LINEの友だちを非表示にする機能を使うとどうなる?
LINEの友だちを非表示にする機能を使うとどうなる?
更新
まとめ・説明書

LINEの友だちを非表示にする機能を使うとどうなる?

LINEの友だちを非表示にする機能を使うとどうなる?

あんまりLINEで話さない友達

こんにちは! Applisinです! LINEって気軽に友達登録ができるから、どんどん友達リストが増えていきますよね。

でも実際はよく会話する人って決まってませんか?

付き合いのなくなった人のような、もう会話する事が無くなった人を、友達リストから外せたら……でもブロックしちゃっていいのかな?そんな事して大丈夫なのかな?

そんなあなたには、LINEの友達を「非表示」にする機能がお勧めです! 今日も説明させていただきます!

非表示とブロックの違い

LINEの友達一覧がすごい数になったら、トークをしたいと思っても見つけるのが大変。なのでLINEの中味も整理していきたいところ。

そこで登場するのが、LINEの非表示機能。

ブロックまでするほどじゃないな……なんて人や、公式アカウントに追加するとすっきりしますよ!

でもLINEの非表示とブロックってどう違うんでしょう?

LINEで友達等をブロックしたらどうなる?

LINEで、あなたが指定した、任意の友達や公式アカウント等の、連絡を拒否する事ができます。

ブロックすると、そのアカウントは友達リストの一覧から消えてしまいます。そしてトークの送受信ができなくなります。

ですが実際は、相手側のアカウントからあなたLINEのトークを送る事はできます。

しかしこちらには一切通知が来る事はありません。相手の発言だけが表示されて、既読になるという事はないんです。

ではLINEの非表示とはどのようなものか、比較してみましょう。

LINEで友達や公式等を「非表示」設定すると、友達リストやタイムラインに表示されなくなります。

非表示とは、見え方の事で、非表示にした相手から、新たにトークが届くと普通に表示されます。

非表示とブロックの大きな違いは、

・ブロックは解除しない限りその相手と2度と会話も通話もできなくなる
・非表示はトークが届けば、トーク一覧に表示され、電話があれば通話する事もできる

こうしてみると、ブロックに比べて、非表示のほうがライトに感じますね。

最近はLINEの公式アカウント等が、最初のアナウンスで「通知が多いと感じる場合は非表示に……」なんてアナウンスするほどなので、うまく使えば効果的に使えそうです。

注意したいのは、非表示にしてしまうと、友達リストからその人は消えてしまうので、こちらから改めて声をかけたい場合は、いったん非表示を解除するしかありません。

一度でもLINEでトークをした事があって、そのLINEでのトーク履歴を削除していなければ、そこからトークを再開する事も可能です。便利ですね、さらに他にどんなメリットがあるのか、次からもっと詳しくご説明いたします!

LINEで相手を非表示にすると相手にばれる?

LINEで相手にブロックされているか調べる方法はあります。

しかし、LINEで相手に自分が非表示にされているかを調べる術はありません。

ばれる事はありませんので、遠慮なく非表示に登録しても安心ですね。

LINEで友達等のアカウントを「非表示」にする方法

それではさっそく、LINEに登録されているアカウントを非表示にする方法をご紹介していきましょう。

LINEの公式アカウントを非表示にするのも、友達リストで非表示にするのも全く同じ方法です。

LINEの友達リストを開き、非表示にしたいアカウント名を左方向にスライドしましょう。

すると「非表示」「ブロック」という項目が出現します。ここで「非表示」の文字をタップすると、一瞬でそのアカウントはLINEの「非表示」リストに登録されます。

注意したいのが、確認等は一切されないという事です。

この手の大事な事には、必ず「~しますか?」と確認されるものなのですが、なぜかこのLINEの非表示・ブロックに関しては、確認なしに即実行されてしまいます。

うっかり間違えてLINEのアカウントをブロックにしてしまったら……。次にあなたが気づくのはいつでしょう? ちょっと怖いですね。

解除しない限り、LINEのブロックも非表示も、勝手に解除される事はありませんので、くれぐれもご注意ください!

では最後にそんな風に、ミスってブロックするつもりがない友達をブロックしてしまった場合、ブロック解除の方法も覚えておきましょう!

非表示にしてしまったLINEのアカウントを、解除する方法

間違って非表示にしてしまった等の場合は、速やかに解除しましょう。

LINEの設定画面から「非表示リスト」の項目をタップして開きます。

するとあなたが非表示に設定したLINEのアカウントの一覧が表示されます。

アカウント名の右側にある「編集」をタップ。登場した項目の中から「再表示」を選択すれば、そのアカウントは、LINEの友達リストに見事復活を果たす事となります。

LINEの友だちを非表示にする機能を使うとどうなる?

ブロックと違って、非表示なら今後もトークや通話をする事ができます。

友達リストからいきなりいなくなり「どこいった?!」なんてなった時は、間違えて非表示やブロックにしてしまっているかもしれませんので、ご紹介した方法で確認してみましょう。

LINEの友達リストを快適に使う為にも、不要なアカウントを非表示にして、整理整頓を心がけましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る