トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > LINEで位置情報を送信する方法とその危険性について
LINEで位置情報を送信する方法とその危険性について
更新
まとめ・説明書

LINEで位置情報を送信する方法とその危険性について

LINEで位置情報を送信する方法とその危険性について

LINEは位置情報を送信できる?

こんにちは! Applisionです! いまの世の中、LINEを使っていない人なんているんでしょうか?

iPhoneやスマホを使っている人で、LINEをやって無い人なんて、ほぼいそうにありませんよね。

それぐらい普及したSNSアプリ「LINE(ライン)」そんな便利なLINEの位置情報サービスに、特別な機能があるのをご存知ですか?

しかもその位置情報サービス、どうやら「リアルタイム」で位置情報を共有するサービスらしいんです。便利な機能なようで、実は知らないと危険かも知れない「位置情報サービス」

このLINEの位置情報サービスとは、どんな機能なのかを今日はご紹介していきます!

LINEの「位置情報サービス」の使い方

このLINEの位置情報サービス、実は特別な設定等は必要ありません。やり方もとっても簡単。

LINEで、お友達と会話しているトーク画面を開いてください。画面の左下にある「+」マークをタップします。

すると、画像や動画、Keepや連絡先……等のいろいろな項目の画面が表示されます。

その中に「位置情報」という項目を見つけてタップすると、今あなたがどこにいるかわかる……という仕組みになっています。

このLINEの位置情報サービス、結構精度がよく、あなたの現在地がダイレクトに特定されてしまうんです。

さっそく、先ほどの「位置情報」の項目をタップして試してみましょう。

「位置情報」をタップすると、地図が表示され、今あなたがいる最初の場所とあっていれば「この位置を送信」のポップアップをタップすれば、相手にあなたが今いる場所を送信する事ができます。

あなたが今いる場所ではなく、特定の場所を指定して送る場合は、

・地図をスクロールして、場所を特定する
・画面上部の「場所を入力してください」と書かれた検索窓で検索する

このどちらかで最初の地点から、送る位置情報を変更する事ができます。

地図上にずれがある場合や、違う場所がいきなり位置情報に表示されているときもあります。そんな時は気にせず、今ご紹介した方法で、位置情報の修正を行ってください。

LINEの「位置情報」機能を上手に使えば、お友達との待ち合わせに活躍してくれますね。待ち合わせ場所を送信する事もできるので、とても便利です。

ただ、便利だからと言って常時位置情報をオンにしていれば良いというワケでもありません、ちゃんとリスク管理もしましょう、次から説明していきます。

LINEの位置情報って安全なの?

このLINEの位置情報サービス。

その安全性に、不安になる方も多いのではないでしょうか?

位置情報のせいで居場所が確認されるなんて聞くと、ちょっと身の危険を感じてしまうかもしれませんよね。

でも安心してください。LINEの位置情報サービスはあくまでも、ご自身が「今いる場所」を表示された地図を使って送信する機能です。

その位置情報から、ずっとあなたを追跡するなんて事は出来ませんので、心配はありません。

LINEの位置情報サービスは、あくまでもあなたが決めた人にしか位置情報を送れない機能なんです。

安全と聞いてもやはり不安なあなたへ

個人情報の保護があちこちで叫ばれていると、LINEの位置情報サービスがいくら安全と聞いても不安になる方も多いでしょう。

そんなときは、思い切ってLINEの位置情報機能をオフにしてしまいましょう。

また使いたくなればオンにすればいいだけなので、怖いなと思ったら気にせずオフにする事をお勧めします。

LINEの位置情報サービスは、iPhone等をさらに便利に使う機能なので、無いと絶対ダメ! なんて事はありません。

LINEの位置情報をオフにする方法

iPhoneの「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」と進みましょう。すると位置情報を使用するアプリの一覧が、ずらりと表示されます。

その一覧の中から「LINE」を見つけ出してオフにすればOKです。また使いたいときは同じようにして、今度はオンにするだけです。

このように、LINE等で位置情報を送付する事を、許可なくできなくする事ができれば、安心ですよね! LINEでの位置情報の扱い方、便利な面とそうでない面、しっかり押さえておけば大丈夫です。

最後に、それらについての考え方をまとめてみます。

位置情報の危険性について考える

LINEの位置情報サービスについての安全性はお話しした通りですが、LINE等で位置情報を送付する事の危険とは、どのようなものがあるのでしょう?

やはり一番怖いのは「今いる場所が特定されてしまう」事ですよね。

うっかり間違って送りたい人以外に送ってしまうと、どうなるかわかりません。

あなたがLINEに登録されている人なので、基本的には問題はないと思いますが、それでも何が起こるかわかりません。

うっかり誤って送ってしまった位置情報の場所が、いつも利用する場所だったら待ち伏せされてしまう可能性もあります。

気軽に使っているLINEがあなたを危険にさらす可能性があるという事は頭に置いておきましょう。

だからこそ、LINE等で位置情報を送る機能を、解除したり拒否したりが簡単にできるというわけです。

その部分を難しくしてしまうと、オフにしたいのにできない!なんて困ってしまいますよね。

LINEで位置情報を送信する方法とその危険性について

LINEの基本機能である「位置情報」どんなものなのか、その使い方、そして考えられる危険性についてお話ししてみました。

確かにLINEで「位置情報」を送信する事には、常に危険がついて回ります。しかし、落ち着いて確認を怠らず、位置情報の送信を行なえば、こんな便利な機能はありません。

LINEをさらに便利にするこの機能。うまく使って、LINEをさらに楽しんでくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る