トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 知って損なし!iPhoneで安全にID・パスワードを保存する方法
知って損なし!iPhoneで安全にID・パスワードを保存する方法
更新
まとめ・説明書

知って損なし!iPhoneで安全にID・パスワードを保存する方法

知って損なし!iPhoneで安全にID・パスワードを保存する方法

iPhoneのアイパスを安全に保存!

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っていると、IDやパスワードを求められる事、多いですよね。

ログインするたびにいちいち入力するのも面倒くさいし、iPhoneに保存させられないかな……なんて思っちゃいますよね。

でも、iPhoneにIDやパスワードを保存して大丈夫……? 情報漏えいや、万が一iPhoneを無くした時に不正使用されないか。

考え出したら危険な事ばかり浮かんできますね。

そこで今回は、知っておいて損はない、iPhoneで安全にIDやパスワードを保存する方法についてご紹介してみたいと思います。

知っておきたい、iPhoneへのID・パスワード保存方法

まずはiPhoneのネットを閲覧する事の出来る「safari」にIDやパスワードの保存をする設定からご紹介しましょう。

iPhoneの「設定」→「safari」→「パスワード自動入力」

「パスワード自動入力」の項目の中にある、「ユーザー名とパスワード」をオンにしましょう。

これでiPhoneの「safari」でIDやパスワードを保存して記憶させる事ができました。

「常に許可」には要注意!

便利な反面、やはりIDやパスワードを記憶させてしまう訳ですので、注意したい事もあります。

先ほどの設定の中で気を付けて欲しいのは、「常に許可」と言う項目を許可しない事です。

これが許可されてしまうと、パスワードの保存を推奨していないサイトでも、IDやパスワードが勝手に入力されてしまいます。

そうなると、うっかりiPhoneを紛失したり等で盗難にあった場合、そのiPhoneを不正使用されてしまい、IDやパスワードが丸見えになってしまい、犯罪に会う可能性が高まってしまいます。

それでは次からそんなお悩みを解決するパスコードロックの設定について解説していきます。

念には念を入れて「パスコードロック」の設定をおススメします

iPhoneの「safari」……よく使うサイトで、IDもパスワードも自動保存できるようにしたし、これで安心♪

でも、それって本当に安心なんでしょうか?

実はちゃんと対策をしておかないと、iPhoneの「safari」からは、保存したIDやパスワードを簡単に確認する事ができてしまうんです。

先ほどの項目でご紹介した「常に許可」も必ず確認しておいてほしいのですが、念には念を入れるために「パスコードロック」を設定しておくようにしましょう。

iPhoneのパスコードロックの設定をしよう

最近のiPhoneでは「指紋認証」等も導入されて、随分セキュリティへの意識が高まってきましたね。

でもiPhone本体だけに任せきりにしないため、また古いiOSのiPhoneを使用している方等におすすめなのが「パスコードロック」です。

iPhoneの「設定」→「一般」→「パスコードロック」と進みましょう。そして「パスコードをオンにする」をタップし、任意の数字4ケタ(6ケタ)を登録します。

この時、一般的に言われているように、生年月日や電話番号の下4桁等を登録するのは止めましょう。また同じ数字を4つや「1234」等、誰でも分かってしまう、安易に想像できるものは避けるようにしましょう。

心配だから4桁じゃなくもっと複雑にしたい! とお考えの場合は、「簡単なパスコード」の項目をオフにすればOK。4桁を5桁にするだけでも、確実にセキュリティ効果は高まりますからね!

さらに万全を期すためには、定期的にパスコードも変更する事をおススメします。「パスコード変更」をタップし、あとはiPhoneの画面に表示される指示に従うだけ。とっても簡単です。

これで、iPhoneを紛失したり盗難にあった場合も、簡単にIDやパスワードを閲覧される確率が減りますね。

だからこそ知っておきたい「safari」でのID・パスワードの確認方法

あえて、ご紹介しておきたいのが、先ほどの項目で出てきた「safari」でのID・パスワードの確認方法。

これだけ簡単なんだと言う事を知っておけば、危機管理をしないといけないと言う事がよく分かると思います。

iPhoneの「設定」→「safari」→「パスワードと自動入力」表示された「保存されたパスワード」の項目をタップすると、URLとそのサイトで保存してあるパスワードが表示されます。

どうですか? こんなにも簡単に、あなただけしか知らないはずのパスワードは、あっさりと他社の目に触れてしまうんです。

なので、何も対策しなくてもiPhoneに保存したパスワードが安全なわけでは無いと言う意識を持ってくださいね。

それでは最後にパスコードの削除の仕方も覚えておきましょう、次で解説していきます。

一緒に覚えておきたい、保存したパスワードの削除方法

パスワードの保存方法や、保存したパスワードをいかに安全に守るかは、もうご理解いただけましたね! では、今度は保存したパスワードを整理したりしていて、削除したい場合の方法をご紹介しましょう。

iPhoneの「設定」→「safari」→「パスワードと自動入力」表示された項目の中から「保存されたパスワード」をタップしてください。

すると設定してある「パスコード」の入力画面に映りますので、入力して次へ。

移行した画面に、あなたがiPhoneの「safari」で保存したURLと、そのサイトで必要になるパスワードの一覧が表示されます。

もう必要でない、削除したいURLを横にスワイプします。そのURL等の右側に「削除」のボタンが登場しましたね。

その「削除」ボタンをタップすれば、保存したパスワードが削除されます。

セキュリティ上、その都度入力した方が良いサイトも沢山ありますので、それをうっかり保存してしまうと言うのもよくある事。うっかり間違って保存してしまっても、この方法で解除してあげればOKなので安心してくださいね♪

iPhoneで安全にID・パスワードを保存する方法、まとめ!

iPhoneでIDやパスワードを保存する方法をご紹介してみました。これですごーく便利になりますよ!

ただ、やはり大切な個人情報を守るために必要なパスワード。簡単な対策を講じるだけでも、全然違いますので、ちょっとの面倒くさいを放置せず、必ず対策しましょうね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る