トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 超便利!iPhoneの「Assistive Touch」活用方法まとめ
超便利!iPhoneの「Assistive Touch」活用方法まとめ
更新
まとめ・説明書

超便利!iPhoneの「Assistive Touch」活用方法まとめ

超便利!iPhoneの「Assistive Touch」活用方法まとめ

Assistive Touchをご存知ですか?

こんにちは! Applisionです! 障がいを持つ方でも、iPhoneを快適に操作する事ができる機能「Assistive Touch」。

この「Assistive Touch」が有効だと、iPhoneのホームボタンを使う事なく、iPhoneを操作できるってご存知でしたか?

自分から設定をオン にしない限り使う事はきっとないので、あまり知られていないかもしれない「Assistive Touch」でも使い方次第では、障がいを持っていない方でも、iPhoneをとても快適に扱う事ができるんです。

そんなiPhoneの「Assistive Touch」とはどのようなものなのか、どうすればそのiPhoneの「Assistive Touch」を便利に活用できるのか……とっておきの使い方、ご紹介してみたいと思います!

iPhoneから電源ボタンを使わない日がやってくる!?

「Assistive Touch」の最大の魅力は「ホームボタン」や「電源ボタンを」使わずしてもiPhoneを操作出来る事です。

ボタン関係は、ある日突然故障して使えなくなる事も多いので、覚えておくと絶対便利です! 間違いないですね!

さて、では早速「Assistive Touch」の設定等についてみていきましょう。

iPhoneで「Assistive Touch」をオンにするには以下の通り設定してください。

iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」と進み、「Assistive Touch」をオンにします。

この項目を切り替える事で、iPhoneの「Assistive Touch」機能をオンにするかオフにするかを設定できます。もう使わないとなった場合は、当然この項目をオフにすればいいわけですね。

iPhoneの画面上に、小さい丸いボタンが表示されましたか? それが「Assistive Touch」のメニューを表示する為のボタンとなります。

このボタンは指で場所を動かす事ができますので、iPhoneの画面の中の邪魔にならない場所へ、移動させておいてくださいね。

それでは次からAssistive Touchの驚くべき機能を詳細にご説明します!

Assistive TouchでiPhoneを制御せよ!

iPhoneの画面に先ほど登場した、丸いボタンをタップしてみましょう。AssistiveTouchの項目メニューが表示されましたね。

初期設定では……、

・通知センター
・カスタム
・デバイス
・Siri
・コントロールセンター
・ホーム

これら6項目が登録されています。iPhone側で恐らく、これが一番よく使う項目として選抜されたものが、登録されているようですね。

しかし、やはり使う人ごとにiPhone の「使い勝手」と言うものは変わるもので……初期設定の画面では6つの機能が並んでいますが、ここからさらに2つ、よく使う項目を追加する事が可能となっています。

iPhoneのAssistive Touchに登録できるのは上記6項目にプラスされた、以下の19項目となっていますので、併せてご紹介しておきましょう。

・画面をロック
・画面を回転
・音量を上げる
・音量を下げる
・消音
・ジェスチャ
・トリプルクリック
・シェイク
・マルチタスク
・スクリーンショット
・画面の向きをロック
・ピンチ
・ダブルタップ

こんなにも項目があるとは驚きですね。

これらを上手に組み合わせて、最強で最上位のAssistive Touchを作ってみましょう!

これらは階層化する事も出来るので、ホームの下に「トリプルクリック」を置いてみたり、デバイスの下に「音量を上げる」「音量を下げる」等関連するものを置く事で、利便性をUPさせます。

しかしあまり階層化しすぎて、深くなってしまうと、恐らく何があったか忘れてしまったり、面倒でそこまでたどり着かなくなってしまうんですよね。何事もやり過ぎは禁物、ですがこの利便性は魅力ですよね、次でApplisionおすすめの最強設定をご紹介します。

Assistive Touchの最上位をカスタマイズするものが、iPhoneを制する!

iPhoneの画面に一番に登場する、「Assistive Touch」の最上位でカスタマイズできるのは、「アイコンの数」と「メニューの入れ替え」の2つです。

アイコンの数は1つから8つまで変更する事ができ、メニューについては、「Assistive Touch」の項目一覧と、「カスタムジェスチャ」から入れ替えが可能です。

理想の最上位メニューは、

・通知センター
・画面をロック
・スクリーンショット
・マルチタスク
・コントロールセンター
・ホーム

iPhoneなんで、ホームの位置はやっぱり一番下の真ん中ですよね!

画面をロックを入れたのは「スリープ/スリープ解除ボタン」の使用頻度を下げる為です。このボタンも壊れやすいですもんね。

スクリーンショットは、ボタンを使わず「Assistive Touch」でやった方が絶対に楽なんです!

画面メモの代わりにスクリーンショットを撮影しますので、私にとってこれは重要な位置づけですね。

Assistive Touchで解除せよ!

iPhoneのAssistive Touchを便利に使いこなせば、iPhone本体のボタン類が壊れても、そのままiPhoneを使い続ける事ができるのは素晴らしいですよね。

スリープボタンを押しても、不具合で画面ロックの解除ができない(逆も然り)な場合とかも、このAssistive Touchの登録がしてあれば、iPhoneへの一時的な対処を行い、後から修理の依頼を出す事も出来ます。

いかに上手に設定するかが決め手のAssistive Touch。色々設定を変えてiPhoneを快適に使ってみてくださいね!

画期的!iPhoneの隠れた便利機能「スイッチコントロール」とは?

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る