トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのミュージックを削除・復元する方法
iPhoneのミュージックを削除・復元する方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneのミュージックを削除・復元する方法

iPhoneのミュージックを削除・復元する方法

iPhoneのミュージックを消してしまった!

iPhoneのミュージックの中に入れておいた曲を、うっかり削除してしまったり、もう聴かないから削除してもいいかな……なんて事ありますよね。

長くiPhoneを愛用しているとよくある事です。

そこで今日は、iPhoneのミュージックを削除したい場合や、削除してしまった曲を復元する方法について、ご紹介してみたいと思います。

1曲ずつでもまとめてでもOK!

iPhoneのミュージックアプリでの、音楽の削除や戻す作業は、1曲ずつ個別でも、まとめて一括でも行う事ができます。

このアルバムはもう聴かないな……なんて時は全部まとめて削除してしまうのが手早く片付きますよね。

その際、iTunesと同期する必要が無いので、万が一、iPhone側で音楽を削除しても、また転送すれば聴く事が可能となります。

急にiPhoneの空き容量が必要になった時等は、一旦ミュージック内の音楽を削除して、あとで復活させればOKです。これは覚えておきたいテクニックですね!

iPhoneのミュージックアプリの音楽を削除する

それではさっそく、iPhoneのミュージックアプリの音楽を、削除するやり方をご紹介しましょう。

これもよくある事なのですが、知らないうちに同じ曲が重複してたりする場合があるんですよね。そんな時も同じ方法で削除しましょう。

そんな不要な曲を削除するには、iPhoneの「ミュージック」アプリをまずは開きましょう。ミュージックアプリの画面の下のメニューにある「曲」をタップします。

そして曲の一覧の中から、削除したい曲を表示し、その曲を左側にスワイプします。

すると「削除」のボタンが右側に表示されましたね。その「削除」をタップすると、その曲はiPhoneの端末内から削除されるんです。

こうして、iPhoneから削除された曲は、ミュージックアプリ内の全てから消去されます。内容を編集する事ができず何時までも残る、スマートプレイリストやトップ25から曲を削除したい時にも有効です。

アルバムやアーティスト単位で一括でミュージックから削除する方法

複数の曲を一括でまとめてミュージックから削除する場合は、ミュージックの下のメニューにある「アルバム」から行います。

「アルバム」をタップすると、アルバムごとの一覧が表示されます。

一覧の中にある削除したいものを、また画面左にスワイプすれば、「削除」のボタンが現れますので、タップすれば削除完了です。

アーティストごとiPhoneのミュージックから削除したい場合は、先ほど同じで画面下にある「アーティスト」の項目をタップし、削除したいアーティストの名前を画面左にスワイプ。「削除」のボタンをタップで削除完了と言う訳です。

それでは次はなぜか削除ができない場合について詳しく見ていきましょう!

ミュージックの中の曲やアルバム、アーティストが削除できない!

ミュージックから削除したい曲をiPhoneの画面左にスワイプした物の、「削除」ボタンが表示されず削除出来ない……削除できない曲は灰色で表示されていませんか?

このトラブルが起こる原因は、iPhoneの端末に保存していない曲である……と言う事ですね。

パソコンのiTunesで購入したようなクラウドで管理されている曲等は、iPhoneのミュージックでは削除する事ができないんです。

そのiPhoneにダウンロードされているかどうかは、楽曲の右端にあるアイコンで確認する事が可能です。

もし右端にクラウドの雲に矢印マークのアイコンがあると、iPhoneへはダウンロードされていない曲なので、iPhoneのミュージックから消えないんです。

ミュージックから削除する事は出来ないんですが、ミュージックライブラリに表示しないようには出来ます。

iPhoneの「設定」→「ミュージック」→「すべての曲を表示」この項目をオフにすると、ダウンロード済の曲だけが表示されるようになります。

同様にアルバムやアーティストでも同様です。同期が途中で終わっていたりして、アーティスト内やアルバム内に1曲でも、未ダウンロードの曲があるとまとめての削除は出来ません。

そんな時は、アルバム等を開き、1曲ずつ手動で削除していくのが一番手っ取り早いですね。

こちらもクラウド等の未ダウンロード曲は残りますのでiPhoneの「設定」→「ミュージック」→「すべての曲を表示」この項目をオフ……にするのがベストでしょう。

注意したいのはiOS8以降のiPhoneでないとアルバム、アーティスト単位の削除は出来ないんです。

それ以前のiPhoneを使用されている方は、手動で1曲ずつ削除する事となります。これはうっかりやりがちなので、注意してください。それでは最後に、すでに消してしまった音楽を元に戻せないのかについても、次でご紹介します!

ミュージックアプリから消してしまった曲を復元する

iPhone側のミュージックで削除した曲は、パソコン等の別のデバイスにあるiTunesと同期すれば、再度ダウンロード可能です。

しかし、たまにiPhoneとの同期を実行してもダウンロードされない場合もあります。

その際は以下の方法で、一旦iPhoneからミュージック等からすべての曲を削除して、再ダウンロードを行えば大丈夫です。

iPhoneの「設定」→「一般」→「使用状況」→「ストレージ管理」→「ミュージック」と進んでください。次にミュージックライブラリのすべての曲を削除しましょう。

もしくは、iTunesにiPhoneを繋いで「ミュージック」タブを開き、「音楽を同期」のチェックマークを外しましょう。すると、同期が開始されようとした時に、iPhone側のミュージックライブラリの曲がすべて削除される事となります。

ライブラリを削除出来たら、もう一度「音楽を同期」にチェックを入れます。すると、次に同期を実行した時には、曲が転送されます。

iPhoneのミュージックを削除・復元する方法

iPhoneのミュージックアプリで曲やアルバム等を削除したり、削除した曲を復元したりする方法をまとめてご紹介してみました。途中でご紹介した、iPhoneの容量を一時的に開けるため……なんかはぜひ覚えておいて活用してほしいです!

iPhoneのミュージックから「最近追加した項目」を非表示にする方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る