トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iCloudの迷惑メールを管理する方法まとめ
iCloudの迷惑メールを管理する方法まとめ
更新
まとめ・説明書

iCloudの迷惑メールを管理する方法まとめ

iCloudの迷惑メールを管理する方法まとめ

iCloudの迷惑メールを撃退する

こんにちは! Applisionです! 迷惑メールって面倒ですよね~iCloudに届く迷惑メール、どうしてますか?

いちいち通報する? 届くたびに拒否設定をする?

どうせならもっと楽な方法はないでしょうか? そこで今回はiCloudに届く迷惑メールを管理する方法について、ご紹介してみたいと思います!

どうして迷惑メールが届くの?

自分は悪くない、何もしていないと思っているけれど、日々届く迷惑メール。どうして届くんだろう? と疑問に思うのも当然です。

よくあるのは、懸賞サイトやメールフォームからの問い合わせ等で、セキュリティが甘く、漏えいしてしまうパターン。

これも多いのが、適当なメールアドレスの一部を推測するソフトを使い、様々な組み合わせをたたき出して送信してくるタイプ。

届いたメールをうっかり開けてしまったら、それがスパムに繋がるウィルスメールで、その人が保存している連絡先のメールアドレスに、勝手に送信してしまうタイプなんかもありますね。

「無意識のうちに」「知らない間に」と言うのが、迷惑メールが届いてしまう原因を作るきっかけとなる事が多いようです。

なので、「なんだこれ?」と迷惑メールを疑うようなタイトルのメールが届いても、決して開かないでくださいね。

そして、迷惑メールが届いたら、出来る限り迷惑メールだと言う報告をするようにしてください。

バカみたいに届きまくる迷惑メールを、いちいち報告してられないよ! 拒否設定も受信拒否もしてるけど、それでも届く膨大な迷惑メールにそんな手間を省くわけにはいきませんよね。

でも、報告する事で、その情報はApple等と共有され、迷惑メールを排除するきっかけとなっていくんです。少しでも迷惑メールが減る事を願ってぜひぜひ、報告しちゃってください。

spam@icloud.com 宛に添付ファイルとして、iCloudに届いたその迷惑メールを、送信するだけでOKです。

基本的な、iCloudの迷惑メール対策方法

iCloudは、MacでもiPhoneでも、メールを送受信できる便利さが魅力。なので、もっと便利にするためにiCloudでの、「基本的」な迷惑メール拒否等の設定方法を、マスターしておきましょう。

まずはパソコンでiCloudにログインしてください。ログインが完了したら、メールに入り次の設定方法をおこないましょう。

「設定」は画面の右下にある「歯車」のアイコンです。そのアイコンをクリックすると「ルール」と言う項目が出てきます。「ルール」の画面に入ったら、その画面右上にある「ルールを追加……」をクリック。新たに開いた画面に、iCloudに届いた迷惑メールのアドレスを指定し、「ゴミ箱へ移動」を選択します。

この設定を行えば、指定した迷惑メールのアドレスからの迷惑メールは、自動的に「ゴミ箱」へ入るようにフィルタが設定されます。

ただしiCloudは、自動的に迷惑メールをゴミ箱に入るようにしても、「未読」のままなんです。なので、ゴミ箱フォルダには常に「未読メールがあるよ!」と表示が出ているので、気になる方はこまめにゴミ箱を空にするしかないですね~。

同じアドレスからの迷惑メールが多いなと感じた時は、この方法で対策してください。

iCloudに届く迷惑メール

それでは基本操作に続いて、iCloudの迷惑メールについてもう少し勉強してみましょう。iPhoneのみならず、最近の携帯等の迷惑メールのフィルタリングは大変優秀なんですよ!

iCloudも当然優秀で、「icloud.com」のアドレスに送られてきた大半の迷惑メールを、自動的に迷惑メールと判定し、「迷惑メール」フォルダに移動してくれるんです。

さらには、これはスパムだな……と思われるメールには「迷惑メール」の印をつける事まで出来るんです! あなたが「これは迷惑メール」と判断し、マークを付けたメールは、迷惑メールアイコンと一緒に表示される事となります。

iCloudに届くはずのメールが届かない!

iCloudの迷惑メールのフィルタリング機能も、万能なわけではありません。結構な確率で、誤って迷惑メールに判別されてしまう事もあるんです。

iCloudの迷惑メールフォルダは、何もしなければ30日後には自動的に完全削除されます。なので、誤って必要なメールが「迷惑メール」フォルダに交じりこんでしまっていないか、時々チェックする事をおススメします。

でもいちいち、必要なメールが迷惑メールに振り分けられても困りますよね。

iCloudに届いた迷惑メール設定解除方法

必要なメールが、迷惑メールフォルダに入っているのを見つけたら、必ずこの設定をおこなっておきましょう。

サイドバーにある「迷惑メール」とクリック。必要なメールを選択し、画面右上にある「迷惑メールではない」と言うボタンをクリックしましょう。

これで、そのメールは自動的に「受信」フォルダに移動されます。今後はそのメールのアドレスから、iCloudに届いたメールは、自動的に迷惑メールとフィルタリングされてしまう事が解除されました。

これで安心ですね!

もっと便利に!iCloudに届く迷惑メールを何とかしたい!

パソコンが無いからiCloudで設定ができないとか、iCloudのメールは使わないのに通知が凄くて困る! なーんて場合は、思い切ってiCloudのメールアドレスをブロックしてしまう……なんて荒業もあります。

iPhoneの「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」と進み、iCloudをタップしましょう。「メール」の項目の右にあるスイッチを「オフ」にする事で、iPhoneの「メール」アプリでは「iCloud」のメールを受信できなくなり無効となります。

先ほどご紹介したとおり、迷惑メールボックスに入れても、未読だとずっと通知が来ますもんね。不要なら思い切ってこんな方法を取るのもありかも知れません。

iCloudの迷惑メールを管理する方法まとめ

iCloudのメールがいっぱい届くと、iPhoneへの通知のバッジが凄い数字になりますよね(汗)無視出来れば一番いいんですが、そうもいかない場合、多いですよね。

なので、iCloudに届く迷惑メールの拒否方法を含む管理の仕方をご紹介してみました。少しでも改善できるといいですね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る