トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの自動ロック機能の設定の仕方まとめ
iPhoneの自動ロック機能の設定の仕方まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneの自動ロック機能の設定の仕方まとめ

iPhoneの自動ロック機能の設定の仕方まとめ

iPhoneの自動ロック、設定していますか?

こんにちは! Applisionです。一定時間iPhoneを操作しないと、自動的にiPhoneにロックがかかり、スリープ状態になってしまいますよね。自動ロックの設定をきちんとしていないと、すぐに自動ロックがかかってしまい、面倒に感じる人もいるはず。

そこで今回は、iPhoneを便利に使うための「自動ロック機能」の設定についてまとめてみたいと思います!

iPhoneの自動ロックについての基本知識

自動ロックとは? なんとなく、気にせずiPhoneを使っている方が多いと思います。改めてどんなものか、考える事なんてないですよね。

iPhoneの自動ロックとは、iPhoneを一定時間操作せずそのままにしていると、自動ロックがかかり、スリープ状態になる事を指します。この自動ロック、iPhoneの初期設定では、自動ロックがかかるまで1分となっています。

この自動ロック時間は、30秒から5分で変更する事ができます。もちろん「ロックしない」と言う設定もありますのでご安心を!

自動ロックされた画面では、一部の操作を除いて、自動ロックを解除するまで、iPhoneを操作をする事は出来ません。

自動ロックを設定した時間の15秒前になると、iPhoneの画面の明るさが暗くなりはじめます。そして、自動ロックの設定時間を過ぎると、自動的にiPhoneはスリープ状態となります。

iPhoneのロック画面をスライドすると、iPhoneの自動ロックを、簡単にオフにする事ができます。自動ロックを解除するのに、パスワードを設定している方は、自動ロックを解除するのに、そのパスワードが必要になりますので要注意です。

iPhoneの自動ロック機能の設定方法

先ほどの項目でご紹介したとおり、iPhoneが自動ロックされるまでの時間は、30秒~最大5分まで、1分単位で制御する事ができます。

それでは早速、iPhoneが自動ロックされるまでの時間を変更してみましょう!

iPhoneの「設定」→「一般」と選択し、その中の項目にある「自動ロック」をタップしましょう。ここで表示される「30秒・1分・2分・3分・4分・5分・しない」の中から、設定したいものの右側にチェックを入れれば変更完了!

これでiPhoneの画面が自動ロックされる時間を、延長する事ができますね!

ちなみに、iOS9から搭載された「低電力モード」設定を使用している方は、オンにすると、自動ロックの時間が30秒に設定されます。

今までは、自動ロックの時間を1分以下にする事は出来ませんでした。iOS9から30秒が選択できるようになりました。iPhoneの電池を長持ちさせたいので、もっと早く画面の自動ロックを! ……なんて考えられる方には30秒は嬉しいですね。

今の所、自動ロックの設定は、5分以上には長くできないのが残念な所。短くしたい人がいれば、長くしたい方もきっといらっしゃいますよね。

ぜひ、次のOSのアップデート時にはその辺り、盛り込んで頂きたいものです。

iPhoneの自動ロックをせずに、手動で行いたい場合は、自動ロックの設定画面の中にある「しない」を選択しましょう。自動ロックの設定を「しない」にした場合は、iPhoneの上にある「オン/オフ」のボタンを押せば、iPhoneの画面を手動で、即時ロックする事ができます。

iPhoneの画面が自動ロックされる事の問題点

iPhoneの画面が自動ロックされる設定方法については、ご理解いただけましたよね。それではここからは、その先に起こりうる、自動ロックにまつわるトラブルの対処法等を見ていきましょう。

動画の再生中も自動ロックされてしまう

iOS8以前は、動画の再生中は自動ロックにならないよう、出来ていたようなのですが……iPhoneを何分か操作しないでいると、自動ロックされてしまうと言う声が。

実際やってみると分かるのですが、確かに動画の再生中は、何分かするとiPhoneが自動ロックしてしまいます。これはアプリの製作者の考え方次第……と、思って頂くしかありません。

アプリによってiPhoneが自動ロックされるか、されないかが違うようなんです。カメラアプリなんかは、撮影しようと構図を考えていたりしている時間、iPhoneの操作をしなくても自動ロックされる事はありません。

動画再生を良くされる方は、iPhoneの「自動ロック」設定を「しない」にしておくのがベストと言う事かもしれませんね。

ちなみに、iPhoneを充電中にも、やはり「自動ロック」は反応してしまいます。いちいち解除するのが面倒な場合は、同じように、「自動ロック」設定を「しない」にしておきましょう。

iPhoneが自動ロックにならない!

iPhoneのOSのアップデート後に、多く見られるトラブルがこれですね。大抵の場合は、ちょっとした「不具合」と見るのが良さそうです。

ですので、まずはiPhoneを再起動してみましょう。これで、iPhoneが自動ロックにならないトラブルは大体、解消できるようです。

ただ、電源を落として入れ直してみてもダメな場合は、iPhoneの別のトラブルが考えられますので、まずは契約している携帯キャリアの窓口へ、相談して見てくださいね。

iPhoneの自動ロック機能の設定の仕方まとめ

iPhoneをちょっと目を離したすきに「自動ロック」がかかってしまう。でも、今回ご紹介した方法で、短いと思われている、iPhoneの画面が「自動ロック」されるまでの時間を調整する事ができるようになりましたね!

ぜひやって見てくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る