トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 誤って削除したiPhoneのメモを復元する方法は?
誤って削除したiPhoneのメモを復元する方法は?
更新
まとめ・説明書

誤って削除したiPhoneのメモを復元する方法は?

誤って削除したiPhoneのメモを復元する方法は?

意外と盲点、iPhoneのメモ帳が消えた!!

こんにちは! Applisionです。うっかり大事なiPhoneのメモが消えた……なんて事になったらどうしますか?

明日の予定や、急ぎでメモをした約束、日々のお子様の記録に、買い物メモ。iPhoneのメモに保存して安心していたら、何かのはずみでメモ帳が全部消えた!

うろ覚えではまずい事も多いですよね。お子様の記録なんて、消えてしまったら思い出も削除されたようで悲しくなりませんか?

消えたiPhoneのメモを復元する方法はあるのでしょうか? 今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneのメモを復元するには?

iPhoneのメモに記録しておいた情報、出来れば復元したいですよね。

iPhoneのメモが復元可能なのか、復元できないのか。どちらか答えを一つと言うのであれば、「復元可能」です。

ただし復元するには、一定の条件が必要であったり、アプリを使用する必要がありそうです。

次の項目から、消えたiPhoneのメモを復活させるための「復元方法」を、ご紹介していきましょう。

バックアップあり?なし?

iPhoneの消えたメモを復元するには、バックアップしてあるかどうかが重要なカギとなりそうです。iCloudやiTunesにiPhoneのメモを同期してバックアップしてあれば、消したメモは比較的容易に復元できるでしょう。

iCloudに同期してあるiPhoneのメモを復元する方法

iPhoneがネット環境に接続できる状態であれば、新規で保存したメモは即座に、iCloudのアカウントにアップロードされているはずです。なのでうっかりメモを消した!

……なんて事が起こった時は http://www.icloud.com/ にアクセスし、ログインすれば消えたiPhoneのメモも、復元可能です。

iCloudのアカウントからメモが削除されてしまった場合は、ゴミ箱フォルダより削除してしまったメモをiPhoneに復元する事ができます。

iTunesに同期してあるiPhoneのメモを復元する方法

iTunesでバックアップしてあるメモを復元するには、まず自動同期されて消えてしまわない事が重要です。先にiTunesの設定を確認しておきましょう。

まずはパソコンとiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げましょう。iTunesの画面上部にある「iPhone」をクリックします。画面を少しスクロールすると「この iPhone を接続しているときに自動的に同期」と言う項目がありますので、このチェックを外しましょう。

これで接続しているiPhoneは、自動同期が無効となりました。ではiTunesの中にバックアップしておいたメモを復元しましょう。

iTunesにiPhoneが認識されると、デバイスの項目の下にiPhoneの文字が表示されますね。そのiPhoneの文字を右クリックしましょう。表示された項目の中から「バックアップから復元」を選択します。

不要なメモを復元してしまわないためにも、一番最新のバックアップデータを選択して「復元」をクリックします。

注意したいのは、iTunesで復元をすると言う事は、iPhoneの中にある全データ(音楽や動画、アプリ等)は削除されて工場出荷時の状態となります。

iPhoneのメモをiTunesのバックアップから復元すると言う事は、iOSのバックアップの内容に置き換えるので、メモの他に、連絡先やメッセージ等は、バックアップを行った時の状態となります

2つの方法を見ていると、iCloudに自動バックアップするよう設定しておくのが、一番良さそうですね。

大事なiPhoneのメモをiCloudに自動同期させておく

iOS9からメモの仕様が大幅に変わってしまったせいで、iCloudにうまくメモが同期できないトラブルも起こっています。対処法になるかどうかはわかりませんが、一先ず、同期させる方法をご紹介しておきましょう。

iPhoneのメモをiCloudに同期するにはまず、iPhoneの「設定」→「iCloud」で「メモ」をオンにします。

次に、このままでは設定している全てのメールアカウントに対して、メモの同期が行われるようになっているのでせってを変更します。「メール/連絡先/カレンダー」→「個別のメールアカウント」で、個別にメモのオン・オフを設定してください。

では次に「メモアプリ」の方の設定を行います。iPhoneの「設定」→「メモ」→「デフォルトのアカウント」ここで「iCloud」を選択すればOKです。

うっかりiCloud以外にしてしまうと、意味がありませんので要注意です。

はい、それでは最後はメモアプリ自体の使いかたになります。メモアプリを起動し画面左上にある「アカウント」をタップしましょう。

ここでも、このメモの保存先を確認されます。一体、何度保存先を確認すれば気が済むのでしょう(笑)面倒な事は考えず、さくっと「iCloud」を選択してください。

念の為に保存先の説明を少ししておきます。

「すべてのメモ」
 設定してあるデフォルトのアカウントにメモを保存
「iPhone」
 iPhoneの中に保存してiCloudには同期しない
「iCloud」
 iCloudでメモを同期する
「個別のメールアカウント」
 Gmailの場合「Notes」というラベルが作成されて、そのラベルでメモが同期される

これでいざと言う時に「iCloud」からメモを復元する事ができるようになりましたね!

バックアップなしの場合メモの復元は可能?

復元出来ないわけではありません。

しかしバックアップが無い状態で復元したいと言うのであればやはり、専用のソフトや専用のアプリが必須となるようです。

AppStoreで検索すると復元アプリもいくつか出てきますので、使い勝手の良さそうなものを探してみてくださいね!

誤って削除したiPhoneのメモを復元する方法は?

大切なメモ、ちゃんと復元できるように「iCloud」に同期しておいてくださいね!

そうするだけで、うっかり削除してしまったり、お子様のいたずらで消えてしまったなんて時も、スムーズに復元する事が可能になりますので!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る