トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneが充電できないトラブルに陥った時の対処法
iPhoneが充電できないトラブルに陥った時の対処法
更新
まとめ・説明書

iPhoneが充電できないトラブルに陥った時の対処法

iPhoneが充電できないトラブルに陥った時の対処法

iPhoneを使っていると一度は経験するのが、突然iphoneが充電できない!と言うトラブル。

なぜ急に充電できなくなるなんて現象が起こってしまうのでしょうか?

今回は、どのような原因でiPhoneが充電できないのか、そしてiPhoneが充電できない時の対処法をまとめてご紹介いたします!

iPhoneが充電できない原因を考える

iPhoneが急に充電できない原因について挙げて行きながら、その解決法についても考えてみましょう。

iPhoneの充電ケーブルの断線?

iPhoneを使っていると悩ましいのが純正ケーブルの断線。Appleの純正品って、お高い割には結構もろいとの噂もよく耳にしますが……充電器をiPhoneに接続したとき、本体からすぐの所。ここがとにかくすぐ駄目になるんですよね。

充電できない状態になる理由は、やはり使用頻度の問題と言った所でしょうか?

この部分にボールペンのバネのコイルを使って補強すると、強度や持ちがよくなるようですので、iPhoneのケーブルを強化したい方はぜひ試してみてください。

iPhoneが急に充電できない場合の対処法は、「他の充電器を使用してみる」事。

逆に、お手持ちの充電ケーブルで、他のAppleのデバイスが充電できるか試すのもありです。他のケーブルを使ったら充電できた、他のAppleデバイスも充電できない場合は、ケーブルの破損を考えてください。

充電ケーブルを挿したまま、寝転んでiPhoneを使ったり、少しの高さから落とした場合事、ケーブルが曲がったり、負荷がかかって断線してしまう事も多いので、充電をしている時の取り扱いには十分注意しましょう!

コネクタの故障?

ケーブルの破損が考えれらない場合に、iPhoneが充電できないとなると、iPhone本体と充電ケーブルをつなぐコネクタ部分に問題があると考えられます。

iPhoneの落下や水没事で、コネクタ部分が故障してしまう事があるのですが、コネクタ部分の故障が原因で、iPhoneが充電できない場合も多いんです!

iPhoneのコネクタ部分の破損となると、自力で修理できないのが痛い所。原則Appleか、専門の業者に修理を依頼する事となります。そこで故障と思って修理に出す前に、試してみて欲しい事をご紹介しましょう。

それは、iPhoneのコネクタ部分の掃除をする事です。

普通に使っていても、コネクタ部分だけでなく、マイクやスピーカーの部分事、iPhoneのありとあらゆる場所には、ホコリが溜まるもの。

そこでまずは軽く息をふ~~っと吹きかけて飛ばしてみましょう。次に柔らかい布等を細くねじったもので、これまたそ~~っと掃除してみるのも手です。

くれぐれも、柔らかくない先の尖ったもので掻きだすような事はしないでくださいね!iPhoneのさらなる故障を巻き起こす可能性も、出てきますので……

電源プラグの故障?

iPhoneが充電できないトラブルの中では、稀なケースではありますが、電源プラグが故障している事もあるようです。

iPhone本体と充電ケーブルではなく、充電ケーブルとコンセントを繋ぐ四角いコンセントの先のあれですね。

こちらもUSB端子の部分が壊れていたりすると、当然充電できない結果に。接続部にホコリ事が溜まってないか、ここでもよく確認してもう一度充電できないかどうか試してみましょう。

そして電源プラグも、出来るだけ純正品を使うようにしてくださいね。

出来るだけ純正品を使おう!

iPhoneが急に充電できないとなった時に、Apple純正品を使用していますか?

確かにAppleの純正品は高いですよね。持ち歩く用のスペアや、急な充電をしたい!と言う時に100均等で対応の充電器を買うのも分かります。

しかし、突然充電できないとなったとすれば、Appleでサポート対応となっていないケーブルを使うと、OSのアップデートを行った時事、対応せずに充電できないなんて事になるんです。

それだけならまだしも、純正品以外のアクセサリを使って、iPhoneが故障した場合は、サポート対象外となる可能性もありますので十分ご注意ください!

純正品以外をネットで購入して、いざ充電しようとしたら「このアクセサリはサポートされていません」……なんてアラートが出る事もあるそうなので、ネットでの購入も十分検討してから行う方が無難と言えるでしょう。

買ってから「アクセサリは使用できません」なんて言われてもねえ……本気で困りますよね。

購入する際の注意点としては、純正でないならばせめてAppleが認めている「MFi認証 (Made For iPhone) 」がついているものを、選ぶようにしてください。

これで、購入した純正以外のアクセサリで、充電できないと言うトラブルは、少しは軽減できるかと思います。

iPhoneが充電できない時の解決方法を考える

・困った時の再起動!
あれ?iPhoneが充電できない?

そんな時はまず、iPhoneを再起動してみましょう。iPhoneを使用していると一時的なトラブルが頻繁に起こります。再起動する事で、iPhoneが充電できないトラブルが解決する事が多々あります。

再起動してもダメな場合は、ここまでにご紹介した、物理的に充電できない可能性を確認していってみてください。

・完全放電状態になっていませんか?
iPhoneが完全放電(バッテリー残量0%になっている)で電池切れになった時に、充電器を挿しても充電できない場合は、焦らずに少し待ってみてください。

10分ほど待てば、iPhoneの画面が点灯し始め、充電が開始されている事を確認する事ができます。

・電源タップ・コンセントの位置
これはiPhone本体とは一切関係ないので、「え?!」と思われるかもしれませんが、本当にこれで解決する事があるんです。

OAタップを使用していると、その部分だけ故障しててもあまり気づかないんですよね。

なので、いつまで経っても充電できないなと気づいたら、OAタップをやめて直接コンセントに充電器のプラグを差し込むか、違うコンセントを使用してみましょう。

・OSの不具合?
これもユーザー側ではどうにもならない事の一つですが、iPhoneのiOSの不具合が原因で充電できない事があります。

この場合は、Apple側の対応を待つしか直し方はありません。

それでも充電できないとなると……

一番考えられるのは、iPhoneのバッテリー自体の寿命、本体の故障です。まずはAppleのサポートに電話するか、契約しているキャリアの窓口に相談に行ってみましょう。

充電しはじめると、iPhoneは反応はするけど、満タンからすぐ残り僅かになってしまう、充電が途中から反応しない時は、バッテリーの寿命が考えられます。

iPhoneのバッテリー交換を視野に入れておいた方が良いでしょう。

保証の切れているiPhoneのバッテリー交換費用は、大体1万円ぐらいと考えておいた方が良いでしょう。

そのiPhone、発熱してませんか?

iPhoneを充電していると、やたら熱いと感じる事ありませんか?充電できない理由が、実はここにもあったりするんです。

やたらiPhoneの充電中に本体が熱くなると、充電が自動で中断されてしまい、充電できないといった事が起きます。

充電しながら動画を見たりゲームアプリで遊んだりしていませんか?そんな事をすると、さらにiPhoneに負荷がかかって落ちるなんて事もあります……

iPhoneが充電できない!なんて泣かなくていいようにも、充電中はiPhoneをそっと静かに休ませてあげてくださいね!

あと、ホットカーペットの上とかにうっかり置き忘れたりもしないようにしてくださいね!こちらも熱がどんどんこもって充電できないトラブルを招きかねません。

iPhoneが充電できないトラブルに陥った時の対処法

iPhoneが充電できない時の対処法・解決法をいくつかご紹介してみました。やはりiPhoneは精密機器なので熱やホコリにとても弱いんですよね。

なので、熱に少し注意してあげてください。それだけでもiPhoneが充電できないトラブルが起こる可能性は、格段に下がるはずです!

iPhoneが充電されない原因と対処法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る