トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの画面が回転する機能をオフにする方法
iPhoneの画面が回転する機能をオフにする方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneの画面が回転する機能をオフにする方法

iPhoneの画面が回転する機能をオフにする方法

iPhoneよ、縦であれ

こんにちは、Applisionです! 面白い動画の映像や。WEBサイトを「見て見てー♪」と友達にみせようとiPhoneの画面を向けた瞬間。ベッドで寝る前にiPhoneで遊んでいて、ごろりと寝返りを打った瞬間。

iPhoneの画面が回転してしまい「うざいっ!」なんて思ってしまった事、ありませんか?

また、アプリによっては、iPhoneの画面を、縦横どちらかに固定しないと、使用する事が出来ないものもありますね。ちなみにホーム画面だけは横方向にしか表示する事は出来ません。

「ちゃんとiPhoneの画面を回転させないように、固定してるよ~」

それ……本当ですか? 本当にあなたのiPhoneの画面……回転させないように、設定できていますか? 今日は、iPhoneの画面が回転する機能を、オフにする方法をご紹介してみたいと思います!

お使いのiPhoneのiOSは?

何故いきなりこんな質問をするか。

それは今回の記事を書くにあたって、iPhoneの液晶画面の回転防止をする方法が、iOS9以前と以降で違うんです。

そこでまずはiOS9以前の方向けに、iPhoneの画面を「回転禁止」にする方法からご紹介してみましょう。

iPhoneの画面の回転を縦(横)で固定する方法(iOS9以前Ver)

iPhoneの画面を回転するのを防ぐために、縦で固定にするか、横に固定するか。方向によって設定方法は変わります。

iPhoneの画面を「縦」で固定して、回転を防止する

iPhoneの画面を一番下から、上方向にスワイプすると、「コントロールセンター」と言うものが現れます。表示されたアイコンの中から、右端にある「ロックアイコン」をオンにしてください。オンにすると、アイコンのカラーが反転します。iPhoneの画面を今度は一番上から、下方向にスワイプします。すると今まで開いていた「コントロールセンター」の画面を閉じる事ができました。

※iPhoneの「ホームボタン」を押す事でも、閉じる事は可能です。これで、iPhonの画面を「縦で固定」して、回転するのを抑制する事ができました。

縦で固定したiPhoneの画面の解除を行いたい場合は……同じ手順で、「コントロールセンター」の「ロックアイコン」をオフにすれば戻す事が可能です。

iPhoneの画面「横」で固定して、回転を防止する

iPhoneの画面を回転しないように「横で固定」するには、先ほどとは対応が異なります。回転を無効にして、横で固定する場合は「アクセシビリティ」と言う機能を使います。

iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進みます。表示された項目の中にある「AssistiveTouch」をタップして「オン」にしましょう。するとiPhoneの画面に、灰色の丸が表示されました。その灰色の丸をタップすると、4つの項目がポップアップしますので、その中から「デバイス」を選択します。次に表示される項目の中から「画面を回転」と言う項目を選択。iPhoneの画面を「左向き」または「右向き」どちらにするかを選択します。

これでiPhoneの画面が回転するのを抑止して、横向きに固定する事ができました。

最後に、ポップアップでiPhoneの画面に表示されている、メニューの外側をタップすれば、そのメニュー画面を閉じる事ができます。注意して頂きたいのは、この方法で、iPhoneの画面が回転するのを強制的に、横向きに制御する場合、「コントロールセンター」で、iPhoneの回転が「ロック」状態になっていないと、iPhone本体の角度を変えた時に、また回転のロックが解除されてしまうと言う点です。

iPhoneの画面の回転を縦(横)で固定する方法(iOS9以降Ver)

iOS9以降のiPhoneをご使用の場合、画面の回転を禁止するには、ここまでの方法とは違うやり方を行います。縦方向に固定して、iPhoneの画面の回転を止める場合は、コントロールセンターを使用したやり方となります。

問題は横向きに固定して、iPhoneの画面が回転するのを停止する場合です。

iPhoneの画面を、最下部から上方向に引き上げ、コントロールセンターを呼び出します。右にある「鍵」のマークのアイコンをタップし、ロックを解除します。

次に、iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進みます。

「アクセシビリティ」の中にある「アクセスガイド」の項目をタップし、オンにしましょう。次に「パスコード設定」→「アクセスガイドのパスコードを設定」と進み「パスコード」を設定します。

「パスコード」とは、画面のロックをする事だけを目的としますので、「0000」や「1234」等の、分かりやすい数字を設定しても構いません。

ここまでで、iPhoneの画面が回転しないよう、横向きの固定する下準備が出来ました。それではiPhoneの画面が回転しないよう、横向きに固定しましょう!

「Safari」を起動します。iPhone「本体」を横向きに回転させます。そのままiPhoneの「ホームボタン」を、とん・とん・とん……と3回……トリプルタップします。

表示された画面の左下に「オプション」と言う項目がありますのでタップしましょう。表示された項目の中に「動作」と言うものがありますので、その項目をオフにして「完了」を選択します。

この「完了」をタップするまで、iPhone本体は必ず「横向き」にしたままにしておいてくださいね!

iPhoneのホームボタンを、トリプルタップした後に表示された画面に戻りましたね? その画面の上に「開始」の文字が表示されていますので、これをタップしてください。

これでiPhoneの画面の回転をなしにして、横向きのまま固定する事ができました!

最初にご紹介した下準備は初回のみ設定しなければいけませんが、次からはホームボタンをトリプルタップするだけで、「アクセスガイド」の「回転ロック」が開始されます。

鍵のマークに注目!

きちんとiPhoneの画面が回転がロックされると、バッテリ残量の横に鍵マークが表示されるんです。なので回転をロックしたかどうかは、ここをチェックしてみて下さいね!

iPhoneの画面が回転しない……これって故障?

回転を固定しておく必要もないので、固定をやめる方法を試みても、画面が回転しない!? まずは以下の方法を試してみてください。

iPhoneの画面の回転がロックされているかどうかを確認しましょう。先ほどご紹介したとおり、バッテリ残量の横に鍵のアイコンがでていれば、回転はロックされていますね。

この場合はコントトールセンターから、鍵のマークのロックアイコンをタップすればOKです。

それでもやはり回転させられない場合は、引き続き以下の方法を行ってください。

最初にご説明したとおり、アプリによっては回転の向きを固定する方向が違うものがあります。なので、本当に回転しないの確認するには「計算機」のアプリを立ち上げて確認してみるのが確実です。

これでも回転しない場合は、iPhoneの再起動を行いましょう。再起動を行っても画面が回転せず、ロックされている場合は、iPhoneのバックアップと復元を行ってみてください。

……それでもやはり画面が回転しない場合は、Appleのサポートページを参照してみてください。

iPhoneの画面が回転する機能をオフにする方法、まとめ!

ゲームアプリや動画再生は出来るだけ大きな画面で見たいですよね。そうなると画面の回転を固定するのが一番です!

ゲームの途中でうっかりiPhoneの本体を動かしてしまい、回転すると途中で終わってしまう可能性もあるんです。

画面の回転のロック、ロック解除は、上手く使うと大変便利ですので、どうぞお試しください!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る