トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneがWi-Fiに接続できない時に確認するべき事
iPhoneがWi-Fiに接続できない時に確認するべき事
更新
まとめ・説明書

iPhoneがWi-Fiに接続できない時に確認するべき事

iPhoneがWi-Fiに接続できない時に確認するべき事

Wi-fiの調子が悪くなったら

iPhoneでインターネットをしていたら、なんだか接続の調子悪いなと感じたり、繋がりにくいなんて経験はありませんか? それってもしかして、iPhoneがWi-Fiに接続できない状態になっている……なんて事はありませんか?

お使いのiPhoneが急にWi-Fiに接続できなくなり、不安定になったらどうしたら良いのでしょう?

今日はそんな困ったトラブルの時に、確認してほしい事を、Wi-Fiに繋がらない原因等を踏まえて、ご紹介してみたいと思います。

そもそもWi-Fi接続とは?

Wi-Fiとは、ご自宅や会社が契約している、インターネット用の固定回線を、無線電波に変換して、iPhone等と接続する規格の事です。

Wi-Fiは、電波の届く範囲がとても広い上に、高速でやりとりできるのも魅力の一つです。基本的にWi-Fiはインターネットに接続するために使用されます。

ルーターを確認しよう

iPhoneをWi-Fi接続するには、必ずルーターが必要となります。設定が済んでいるのであれば、自動でiPhoneがルーターの信号を読み取る範囲に入ると、モバイル接続からWi-Fi接続に切り替わります。

もしかして、何かのはずみに電源が落ちて、認識されないなんて事は無いでしょうか? それとも、iPhoneを持ったまま移動して、ルーターが認識できる範囲から、入らない所へ行ってしまっていませんか?

あまりルーターから離れると、iPhoneがWi-Fiの信号を受信できないんです。

急にWi-Fi接続が出来なくなったとすると、もしかしたらお使いのルーターが故障している可能性も否めません。何度か電源のオン/オフ等を行っても認証失敗し続けるようであれば、ルーターの故障も疑ってみてください。

iPhoneの方がモバイル接続に変更した際、十分電波を拾っている(圏外ではない)場合は、問題はルーターの方と思われます。

ちなみにルーターに異常はなさそうなのに、Wi-Fi接続を遅いと感じた場合は、ルータ自体の電源のオン/オフをする事で、再接続するので不具合が解消する場合もあります。

iPhoneがWi-Fi接続しなくなったら、「機内モード」をチェック!

まずはお使いのiPhoneが「機内モード」になっていないかを確認しましょう。何かのはずみで、「機内モード」になってしまっていると、Wi-Fiでの接続ができないんです。

また、Wi-Fi接続が遅い時等、「機内モード」のオン/オフを行う事で、iPhoneのWi-Fi接続の速度等が改善する場合もあるんです。なので、お使いのiPhoneでのWi-Fi接続が遅い、電波悪い……等と感じたら、試してみてください!

ちなみに「機内モード」とは、iPhone等の通信機能を全てオフにする機能です。電池の消耗を抑えたい時等にも、便利ですよ!

さて、それでは機内モードのオン/オフの設定方法です。

まずは、iPhoneのホーム画面を、下から上にスワイプし、コントロールセンターを引っ張り出します。現れた項目の中に飛行機のマークあるのが分かりますか?それが機内モードです。

その機内モードを1度オンにし、数秒待って、再度オフに戻しましょう。

Wi-Fiからモバイル接続に切り替えてみよう

iPhoneのネットへの繋ぎ方を、Wi-Fiからモバイル接続に切り替えてみてください。

iPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」をオフにしてください。ここで、iPhoneを一旦再起動します。

そして再び、「4Gをオンにする」に入り、今度は「オン」に戻せばOKです。

お使いのiPhone、Wi-Fi設定がオンになっていますか?

そもそも、iPhoneのWi-Fi設定が正確に、確実に行われているかを確認してみましょう。

当然、設定がおかしくなっていれば、iPhoneでWi-Fi接続を使えない状態となってしまいます。

iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」を開いて、「Wi-Fi」がオンになっているか確認する事ができます。次に「接続先」の「Wi-Fi」ネットワークの名前を選択してください。

そのネットワーク名のすぐ横にある、青いチェックマークは、そのWi-Fi接続のネットワークに繋がっていると言う証です。

Wi-Fiが設定できない!

iPhoneのWi-Fiの設定をオンにしようと開いたものの、グレイの表示になっていて、設定できない不具合が稀にあるようです。本来ですと先ほどの項目でご紹介したとおり、iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」の順にタップすればOKなのですが……。

この症状、色々原因について語られているのを見かけますが、結局のところ、原因不明のエラーとして括られてしまうようです。

まずはiPhoneで簡単に解決できるかもしれない方法を、ご紹介いたします。

お使いのiPhoneの機内モードは「オフ」になっていますか? なっていない場合は、先ほどご紹介したとおりにし、オフにしてください。

次にiPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」に入り、「ネットワーク設定をリセット」を選択します。ちなみに、この「ネットワーク設定をリセット」を行うと、iPhoneに保存しているWi-Fiのパスワードは、iPhoneから削除されます。

それではiPhoneを再起動しましょう。iPhoneの画面が真っ暗になるまで、iPhoneの「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に、長押ししてください。v
……これで通常ならWi-Fiの設定が出来る状態になるはずです。それでもiPhoneのWi-Fi設定がグレーアウトになったままの場合は、お使いのiPhoneのiOSが、最新のものであるかどうかを確認してください。

何をやってもグレーアウトから改善されない場合は、Appleのサポートに連絡をしてください。この状態の場合はiPhoneの修理は、できない事の方が多いので、その点も要注意です。

Wi-Fiスポットで認証しない!

自宅や会社等の固定回線でのWi-Fiではなく、各キャリアが設定しているWi-Fiスポットを利用して、iPhoneをWi-Fiで接続する事も可能です。

ソフトバンクのWi-Fiスポットを例にして、お話していきましょう。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」と言うものが町中の色々な所に設置されています。そこでiPhoneをWi-Fi接続しようとすると、「認証エラー」の画面が表示されて接続できないトラブルが起こる事があります。

このトラブルが起こった時は、少し面倒ではありますが以下を参考に、iPhoneの再設定をおこなってください。

・一括設定を確認&削除
iPhoneの「設定」→「一般」の画面下の方に「プロファイル」と言う項目がありますので、それをタップし、「一括設定」を選択します。また画面を下にずらしていくと「プロファイルを削除」と言う項目がありますので選択し→「削除」をします。
・一括設定の再設定をしよう
この設定を再度行う場合は、当然Wi-Fiではなく、モバイルデータ通信(3G/4Gまたは、LTE)の環境で設定する事となります。iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」でオフにしておいてください。
iPhoneの「設定」→「Safari」→「Cookie をブロック」と進みます。そして次に「アクセス中のWebサイトのみ許可」か、「訪問したWebサイトを許可」もしくは「常に許可」のいずれかを選択してください。

ここからは、細かな設定が増えてきますので、詳しくはこのページを参考にしてみて下さい。

iPhoneがWi-Fiに接続できない時に確認するべき事

Wi-Fi接続の場合、パケット代を気にしないでいいのもメリットですよね。そして高速回線なので、大きなデータをやり取りする時にも最適です。

動画をよく見られる方なん方は、絶対にWi-Fi接続でないと大変な事になります。

しかし、Wi-Fiの接続に問題がでると、動画の再生が止まる事もありますし、アプリや画像等のダウンロードが途中で動かない……なんて事にもなってしまいます。

iPhoneで快適にネットをする上で、Wi-Fi接続はとても重要となります。覚えておいて損はありません。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る