トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで画像や写真が送信できない時に確認すべき事
iPhoneで画像や写真が送信できない時に確認すべき事
更新
まとめ・説明書

iPhoneで画像や写真が送信できない時に確認すべき事

iPhoneで画像や写真が送信できない時に確認すべき事

え、写真添付されてませんか?

こんにちは! Applisionです、イベントの時にiPhoneで撮った友人の写真や、仕事の資料になる画像。iPhoneから画像送信しようとすると、なぜか送信できない……。

「いつもは普通に画像を送信できるのに、どうして今日は送信できないの?」焦るお気持ちよーく分かります。

「他の人には画像の送信ができるのに、なぜか特定の人には、画像が送信できないです!」はい、これも良くお聞きしますね。

良くお聞きすると言う事は、よくあるトラブルと言う事である事にお気づきでしょうか? そこで今日は、iPhoneから画像や写真を送信できない時に、確認してほしい事をご紹介したいと思います。

iPhoneから画像を送信できないのは、添付ファイルが原因?

iPhoneのメールで画像を送信しようとしたら、送信できない……それってメールに添付した画像のファイル容量が大きすぎるからじゃないですか?

画像ファイルの容量が大きすぎると、いくらiPhoneから画像を添付したメールを送信しても、相手に届く事は無く、エラーが出て戻ってきてしまうのです。例え1枚当たりの画像の大きさが小さかったとしても、まとめて複数枚の画像を大量に送信したら結果は同じ。

相手の環境によっては、大変なパケット量がかかってしまう可能性も、出てきます。

相手がパソコンでこちらから送信した画像付きメールを受信したのであればまだましですが、向こうもiPhoneだったら……と言う点にまずは注意しましょう。大きなサイズの画像や、複数枚の画像を一括で大量に添付したメールを、モバイル通信で受け取ったとしたら? こんな迷惑な話はありません。

では、どのようにすれば、iPhoneから大きなサイズの画像や、複数枚のメールを一括で送信する事ができるのでしょう? その方法について、確認してみましょう。

iPhoneで大きなサイズの画像を送信する方法!

iPhoneでメールに画像を添付する時、画像のサイズがあまりにも大きいと、画像のサイズを小さく変更するための画面が、表示されます。

画像のサイズを変更する事で、iPhoneから送信するメールのサイズを小さくする事が出来るんです。

もちろん、画像加工アプリ等を使って、画質を下げたり、実際のサイズより大きさを小さくする事でも、メールのサイズを小さくする事が可能となります。ちなみに、iPhoneでのメール添付可能な画像ファイルサイズは、ご利用のメールアドレスに付随するサービスによって異なってきます。

・au(@ezweb.ne.jp)……3MB
・Softbank(@i.softbank.jp)……1MB
・docomo(@docomo.ne.jp)……10MB
・iCloud メール……20MB
・Gmail……25MB
・Yahooメール……25MB

ご利用のキャリア等でこんなにも差があるんですね!

今はiPhoneのカメラの性能はとてもよくなっていて、撮影した写真画像の画質もとても綺麗になっています。なので、設定を誤ると、綺麗な写真画像を撮る事は出来ても、iPhoneのメールでの送信ができなくなってしまうんです。

たとえ相手がPCで受け取るとしても、やはり写真画像のサイズは最高でも3MB以内にしたいものです。昔からあるマナーとしては、送信したい添付画像は、1MB以内が好ましいと言う事も、覚えておいて損はないと思います。

iPhoneのメッセージで写真画像が送信できない!

iPhoneには、3通りの連絡を取る手段がデフォルトで用意されています。その違いについてまずは説明してみましょう。

・iMessage
専用のメールアドレス等は無く、Macを含むApple社のデバイス同士で連絡を交わす事が可能です。
写真画像やボイス等を添付した送信も可能。
iPhoneの「メッセージ」と言うアプリを使用します。
・MMS
「 @docomo.ne.jp 」「 @ezweb.ne.jp 」「 @softbank.ne.jp 」
これらを使って連絡を交わす事の出来る、いわゆる「携帯メール」です。
もちろん、写真画像や音声ファイル等を添付した送信が可能。
基本的にはiPhoneの「メール」アプリを使用します(SoftBankのみ「メッセージ」アプリでも可能)。
・SMS
iPhoneに割り当てられた電話番号で、文字のみのメールを送信する事が可能な、いわゆる「ショートメール」
auでは「Cメール」と言った方が馴染みがあるでしょうか?
SMSは原則に70文字ほどの文章のみで、連絡を交わす事が可能です。
なので画像等の送信をする事は出来ません。
ドコモ、au、SoftBank、3社共通で「メッセージ」アプリを使用します。

さて、ここで出てくる困ったちゃんのお話。iPhoneのメッセージアプリを使うと、画像も送信できるはずなのに、なぜか送信できない! ……と言うトラブルです。

メッセージを送信する事自体は出来るのに……なぜか、写真を送信しようとすると、送信バーが最後の所で止まってしまって、送信エラーと表示されてしまうそうです。

こうなると、写真の添付されたメッセージを受信する事も出来なくなってしまうようです。この問題の対処方法には、どんなものがあるのでしょう?

まずは、送信方法を間違っていないかを確認しましょう。iMessageで送信しているつもりが、SMSになってしまっていたら、違いの説明で書いた通り、画像を送信する事は出来ません。

その他に考えられる問題点、確認すべき事をまとめてご紹介いたします。

・モバイルデータ通信がオフになっていないかを確認しましょう。iPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」がオンになっていなければ、オンにしておきましょう。

・iPhoneが「機内モード」になっていないかもチェックします。

・接続状況によってはWi-Fiの接続が悪い事もあります。一度Wi-Fiのオン/オフを繰り返しやってみたり、場所や時間を変えて再度送信を試みてみましょう。

・MMSがオンになっているかも確認しておきましょう。iPhoneの「設定」→「メッセージ」→「MMSメッセージ」がオンになっていればOK

・iMessageがオンになっているかも確認しましょう。iPhoneの「設定」→「メッセージ」から、iMessageをオンにする。

・SMS/MMSのデータ容量は越えていませんか? または、キャリアの送信数制限を超えていたりはしませんか? お使いのiPhoneの状況が分からない場合は、ご契約しているキャリアの窓口等に、問い合わせてみましょう。

・メッセージの容量をオーバーしていませんか? 「iPhoneで大きなサイズの画像を送信する方法!」でご紹介した、送信可能な画像ファイル一覧を確認しましょう。

これらを全て確認してみてもダメな場合は、まずはアプリの再起動を行いましょう。それでも駄目な場合は、iPhone本体の再起動を行ってみてください。

ここまでやってもダメな場合は、ネットワーク設定のリセットを試みてください。「設定」→「一般」→「リセット」の中にある「ネットワーク設定のリセット」をタップ。

注意したいのは、このネットワーク設定のリセットを行うと、Wi-Fiの設定が全部消えてしまいます。後で再設定しないといけない事をお忘れなく!

そして念のため、iPhone本体の再起動を行って、もう一度メッセージで画像を送信できるか試してみてください。……これでダメな場合は、Appleのサポートか契約しているキャリアへ連絡してみると言う流れになります。

iPhoneで画像や写真が送信できない時に確認すべき事

一番多いのは、送信したい画像のサイズが大きすぎる事! そして次に多いのが、送信する時のネットの接続状況。

画像加工アプリも、他の用途で色々使えますので、いくつか使いやすいのを入れておけば、写真画像を送信できない時のリサイズ(サイズ変更)に、役立てる事ができますよ。

iPhoneでメールが送信できない時の対処法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る