iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ

iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ

何かiPhoneの調子がおかしい

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っていたら、急に画面がフリーズしたり、動きがおかしくなったりするバグ……ありますよね。

他にも、バッテリーが急激に減ったり、iPhoneの画面に残像が残ったりしたら、びっくりしますよね。もっと些細な所だと、iPhoneの画面をタップしても反応しないとか、画面がちらつく……なんていうのも、実はバグった時に起こる現象なのです。

このようなバグがiPhoneで起こってしまった時、「故障?」と思って慌てて修理に出したり、AppleStoreに駆け込んだり、サポートセンターに問い合わせしようとする気持ち、よーくわかります!

でもちょっと待って! ここでご紹介する対処法をまずは試してみませんか? iPhoneのバグ……自分でも治せるかもしれません!

そんな訳で、今日はiPhoneがバグった場合どうしたらいいか!iPhoneのバグの解消法をご紹介してみたいと思います!

iPhoneのバグの治し方!

まずは一番簡単な所で、「アプリを終了させる」と言うのからやってみましょう!

iPhoneのアプリと言うのは、閉じたはずでも、終了していない事が多いんです。それらの終了しきらなかったアプリは、何時までもiPhoneのバックグラウンドで静かに動作しています。これらがいくつも重なると、iPhoneにとても大きな負荷がかかり、バグる原因となってしまうんです。

使っていないアプリを終了させるには、iPhoneのホームボタンを2回押して、アプリを上にスワイプする事で終了させる事ができます。

さて、次に簡単な解消法なのが「再起動」パソコンでもそうですが、iPhoneでも同じで、バグったかなーとか、動きがおかしくなったかなーなんて思った時は、再起動してあげる事で、リセットし、バグを治す事ができる場合もあるんです。

なので、何か困った時やバグったかなと思ったら、さくっと再起動してみましょう。

次に試して欲しいのが「リセット」です。さっきの「再起動」でiPhoneをリセットしたんじゃないの? ……と思われるのもごもっとも。

でもこの「リセット」は「再起動」とはちょっと違うんです。「リセット」はバグ等が原因でiPhoneが動かない場合や、起動しない時に使用します。

電源ボタンとホームボタンを一緒に長押しします。するとiPhoneの画面が真っ暗になります。そのまま、Appleのロゴマークが表示されるまで押し続けましょう。Appleのロゴマークが表示されたと同時にボタンから指を離せばOKです。

リセットでは、設定や保存しているデータが消える事はありません。ただし、リセットの直前に使用していたアプリ等、保存していないデータがある場合は、消えてしまいますのでご注意ください。

続いての対処法は「様々な機能にターゲットを絞ってリセット」です。ちょっと難しそうになってきましたね。でも大丈夫!やる事は簡単なんです。

iPhoneに発生したバグ。そのバグの原因を元に、どの機能をリセットすればいいか見えてきます。例えば、

・Wi-Fiのバグ?→「ネットワーク設定をリセット」
・文字変換のバグ?→「キーボードの変換学習をリセット」
・文字入力のバグ?→「予測変換の学習機能をリセット」

……と、上記のように、一部をリセットする事で、iPhoneのバグを解消出来る場合もあります。

iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」この中から、問題に近い機能を見つけ出してリセットしてみましょう!

最後に試して欲しいのが、iPhoneの「初期化」

ここまでご紹介した方法を試しても、iPhoneのバグが改善されない場合は、iPhoneの「初期化」を行いましょう。初期化と言うのは、iPhoneを工場出荷状態……つまり購入した時と追ない状態に戻すと言う事です。バックアップがあれば、それを元に復元する事も可能です。

普段からこまめにバックアップを心がけたいものですね。

……これでも駄目なら、やはりAppleのサポートセンターに電話をするか、AppleStoreに直接持ち込みするのが良いかもしれません。

おおまかに説明するとこの通りとなります。さて次では、もう少し細かいiPhoneのバグごとの対処法が無いかを探してみましょう。

iPhoneの画面拡大のバグ?!

ある日突然、iPhoneの画面が拡大されたまま、戻らなくなったらどうしましょう! 使い辛いったらないですよね。

このiPhoneのバグは、アクセシビリティの中にある、視覚サポートの「ズーム機能」が原因となっているようです。iPhoneの画面、どこでも構いませんので、「3本指」で「ダブルタップ」してみてください。なんと!たったこれだけの事で、iPhoneのバグが解消してしまうんです!

ズーム機能なんて使いません!……と言う方は下記の方法で機能を停止してしまうのもありですね。

iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」→「オフ」です。

アプリを使用していると勝手に落ちるバグ!

アプリの動きがやけに遅い時も同様です。最初の項目でご紹介した「iPhoneのバグの治し方!」の一番最初にある「アプリを終了させる」を行う事で、このバグは解消できるかもしれません。

念の為、アプリを全て終了させた後に、iPhoneを再起動するのも良さそうですね。

ネットワークのバグ?

ウェブページの読み込みができない、メール等が出来ない、圏外になる……このようなバグは、USIMカードの接触不良から起こる場合も考えられます。iPhoneを落下させてしまった時等にも、このバグはよく起こるようです。

先ほどのアプリを全て終了させる「マルチタスクの削除」次にiPhoneの再起動の後、それでも改善されない場合はiPhoneの「強制リセット」をおこないましょう。

USIMカードの挿し直しは、必ずiPhoneの電源を落とした状態で行いましょう。正しく挿し直せてない場合は「SIMカードが挿入されていません」と言う警告がiPhoneの画面に表示されます。

iPhoneが充電できないバグ

まずは、iPhoneがフリーズしていないか確認しましょう。フリーズしているようであれば電源ボタン長押しで、電源を切ってみましょう。コンセントのマークが表示されたままのバグは、バッテリーが極端に少なくなっている時に起こるようです。

最低でも15分以上は充電状態で放置してみてください。充電ケーブルやコネクタ、コンセントが消耗等により、破損している事も考えられます。まずは純正の物を使用する事ですが……ご友人に充電ケーブルを借りて、充電できるか試してみましょう。

最悪な状況となると、バッテリーの寿命が原因の場合もあります。水没経験等があると、バッテリーが故障する事もあります。この場合は修理会社か、Appleのサポート問い合わせてみましょう。

音が出ないバグ?

まずはiPhoneの音が出ないバグについて。これは実に簡単な作業から入ります。iPhoneの「掃除」をしましょう。ヘッドフォンコネクタの部分に、ホコリが詰まっているとiPhoneがイヤホン等を挿しているとご認識してしまう事があるんです。

その為、iPhoneの音が鳴らなくなってしまう事があります。iPhoneの側面の音量ボタンを押してみてください。その時挿してもいない「ヘッドフォン」と言う文字が、画面中央に表示されたら、恐らくホコリが原因と言えそうです。

音楽が再生されないバグ!

ちょっとだけ残念な事に、iPhoneのミュージックは少しバグ等が多いみたいですね。音楽が再生されない!と思ってミュージックを確認すると、大量にあった音楽が、たった数曲になってたなんてバグが起こるようです。

まずはiPhoneを再起動。

それでも駄目な場合は、iTunesでミュージック同期の項目を空にし、iPhoneを同期します。そして、もう一度ミュージックの同期を選択した状態で同期してみましょう。それでも駄目な場合は、iPhoneをパソコンのiTunesを使用して復元しましょう。

これ以外だと、iOSが最新バージョンになっているかを確認してみてください。最新になるとバグが解消されている可能性もあります。

恐らくこの辺りで、解決するとは思うのですが……こんな方法も試してみてください。

パソコンにiPhoneを接続し、そのパソコンに入っているiTunesを起動します。「概要」を表示して、オプションにある「ビットレートの高い曲を次の形式に変換」を選択するか、解除する。

iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ

いきなりバグが起こると、焦りますよね。

でもここまでを見て頂いても分かる通り、iPhoneのバグは、ある程度自分で解消する事ができる可能性があります。

設定の見直しや、アプリの修了、そして困った時の再起動。色々なやり方で、バグをやっつけちゃいましょう!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介