トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ
おすすめ人気記事
更新
まとめ・説明書

iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ

iPhoneがバグった?と思ったらまずやるべき対処法まとめ

何かiPhoneの調子がおかしい

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っていたら、急に画面がフリーズしたり、動きがおかしくなったりするバグ……ありますよね。

他にも、バッテリーが急激に減ったり、iPhoneの画面に残像が残ったりしたら、びっくりしますよね。もっと些細な所だと、iPhoneの画面をタップしても反応しないとか、画面がちらつく……なんていうのも、実はバグった時に起こる現象なのです。

このようなバグがiPhoneで起こってしまった時、「故障?」と思って慌てて修理に出したり、AppleStoreに駆け込んだり、サポートセンターに問い合わせしようとする気持ち、よーくわかります!

でもちょっと待って! ここでご紹介する対処法をまずは試してみませんか? iPhoneのバグ……自分でも治せるかもしれません!

そんな訳で、今日はiPhoneがバグった場合どうしたらいいか!iPhoneのバグの解消法をご紹介してみたいと思います!

iPhoneのバグの治し方!

まずは一番簡単な所で、「アプリを終了させる」と言うのからやってみましょう!

iPhoneのアプリと言うのは、閉じたはずでも、終了していない事が多いんです。それらの終了しきらなかったアプリは、何時までもiPhoneのバックグラウンドで静かに動作しています。これらがいくつも重なると、iPhoneにとても大きな負荷がかかり、バグる原因となってしまうんです。

使っていないアプリを終了させるには、iPhoneのホームボタンを2回押して、アプリを上にスワイプする事で終了させる事ができます。

さて、次に簡単な解消法なのが「再起動」パソコンでもそうですが、iPhoneでも同じで、バグったかなーとか、動きがおかしくなったかなーなんて思った時は、再起動してあげる事で、リセットし、バグを治す事ができる場合もあるんです。

なので、何か困った時やバグったかなと思ったら、さくっと再起動してみましょう。

次に試して欲しいのが「リセット」です。さっきの「再起動」でiPhoneをリセットしたんじゃないの? ……と思われるのもごもっとも。

でもこの「リセット」は「再起動」とはちょっと違うんです。「リセット」はバグ等が原因でiPhoneが動かない場合や、起動しない時に使用します。

電源ボタンとホームボタンを一緒に長押しします。するとiPhoneの画面が真っ暗になります。そのまま、Appleのロゴマークが表示されるまで押し続けましょう。Appleのロゴマークが表示されたと同時にボタンから指を離せばOKです。

リセットでは、設定や保存しているデータが消える事はありません。ただし、リセットの直前に使用していたアプリ等、保存していないデータがある場合は、消えてしまいますのでご注意ください。

続いての対処法は「様々な機能にターゲットを絞ってリセット」です。ちょっと難しそうになってきましたね。でも大丈夫!やる事は簡単なんです。

iPhoneに発生したバグ。そのバグの原因を元に、どの機能をリセットすればいいか見えてきます。例えば、

・Wi-Fiのバグ?→「ネットワーク設定をリセット」
・文字変換のバグ?→「キーボードの変換学習をリセット」
・文字入力のバグ?→「予測変換の学習機能をリセット」

……と、上記のように、一部をリセットする事で、iPhoneのバグを解消出来る場合もあります。

iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」この中から、問題に近い機能を見つけ出してリセットしてみましょう!

最後に試して欲しいのが、iPhoneの「初期化」

ここまでご紹介した方法を試しても、iPhoneのバグが改善されない場合は、iPhoneの「初期化」を行いましょう。初期化と言うのは、iPhoneを工場出荷状態……つまり購入した時と追ない状態に戻すと言う事です。バックアップがあれば、それを元に復元する事も可能です。

普段からこまめにバックアップを心がけたいものですね。

……これでも駄目なら、やはりAppleのサポートセンターに電話をするか、AppleStoreに直接持ち込みするのが良いかもしれません。

おおまかに説明するとこの通りとなります。さて次では、もう少し細かいiPhoneのバグごとの対処法が無いかを探してみましょう。

関連カテゴリ一覧
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる