トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 海外に行く前に!iPhoneの「データローミング」機能を知っておこう
海外に行く前に!iPhoneの「データローミング」機能を知っておこう
更新
まとめ・説明書

海外に行く前に!iPhoneの「データローミング」機能を知っておこう

海外に行く前に!iPhoneの「データローミング」機能を知っておこう

iPhoneのデータローミングとは

こんにちは! Applisionです! 近々海外へ行くと言う方、iPhoneのデータローミングの機能は、お使いになられる予定ですか?

今回は海外でiPhoneを使う時に絶対必要になる機能「データローミング」とは何か、「データローミング」のオン・オフの方法等を、ご紹介してみましょう。

データローミング機能って何?

データローミングとは、海外でiPhoneを使用する際に、使用したデータを、海外の通信事業を経由するように通信する設定なんです。各キャリアの、通常のパケット定額契約を、国内でしておく事が、絶対条件となっています。

物によっては、海外でのデータ通信をするための「国際定額プラン」等と言うものもありますので、窓口で確認してみましょう。

国内で使っているパケット定額契約のまま、海外でiPhoneを使用すると、契約外の地域と言う事になってしまいます。そんな時、iPhoneでこのデータローミングと言う機能を、オンにする事で、海外の通信事業経由で通信する事が、可能になるんです。

絶対忘れないで!iPhoneの注意点!

iPhoneのデータローミング機能を使用するにあたって、絶対に忘れてはいけない事があります。それはデータローミング機能をオンにしたまま、海外へ行ってしまう事です。

iPhoneのデータローミング機能を、オフにするのを忘れて海外へ渡航してしまうと、現地の通信業者と日本……と言う形でアクセスしてしまいますので、パケット定額の契約対象外となってしまうんです……。

酷い時には数十万円分の高額なパケット料金が請求される事となってしまいます。なので海外へ行くときは、iPhoneのデータローミング機能を、必ず「オフ」にしてから渡航するよう、忘れないでくださいね!

iPhoneのデータローミング機能の切り方

海外に行くときはもちろんですが、そんな予定が無いと言う方も、必ずデータローミング機能を「オフ」にしておいてもらいたいので、是非お手持ちのiPhoneの設定を、確認してみてください。オフにする為の設定方法は、以下の通りとなります。

iPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」→「データローミング」

この項目がオフにする、なっているかを必ず確認しておきましょう!オフにするやり方もとても簡単なので、オンになっていたらすぐオフにしてくださいね。

iPhoneのデータローミング機能、帰国後は?

基本的に帰国後にデータローミング機能の設定を変更する必要はありません。もちろん、通信事業者の設定を、「自動選択」にする事は可能ですが、iPhoneの「データローミング」機能はあくまでも海外での利用を前提とした設定なので、日本国内ではオンでもオフでも使用する事が出来ます。

そうなれば、普段からオフにしておくのが一番良さそうですね。

iPhoneのデータローミング機能を国内でオンにしてしまったら?

国内で、うっかりデータローミングの機能がオンになっていても、課金される事はありませんのでご安心ください。別途料金が発生してしまうのは、あくまでも海外で使用してしまった場合の事です。

各キャリアの電波は、データローミングがオンになっていようが、いまいが、別キャリアの電波を受信しない設定になっているんです。

どうやってやるのか分かりませんが、国内で使用している時に、海外の電波を受信しない限り、課金される事はありません。

海外に行く前に!iPhoneの「データローミング」機能を知っておこう、まとめ!

iPhoneの初期設定では、「データローミング」機能はオフになっています。データローミング機能は、iPhoneの全ての設定をリセットしたり、復元を行ってもオンになる事はありません。

もちろん、電源を落として再起動したりした程度でも、なりませんので安心してください。

しかし稀に、iPhoneの何らかの動作の影響や、原因不明のエラーでデータローミング機能がオンになっているかもしれません。

海外のどこへ行くにも、このデータローミング機能の設定は必ず必要になります。海外へ行く前に、確認するようにしてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る