トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの連絡先をバックアップする簡単な方法
iPhoneの連絡先をバックアップする簡単な方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneの連絡先をバックアップする簡単な方法

iPhoneの連絡先をバックアップする簡単な方法

連絡先バックアップは最後のライフライン

こんにちは! Applisionです。iPhoneを使っていると、必ず覚えておきたいのが連絡先等のバックアップのやり方。

特に、お仕事で使われている方なんかは、ある日いきなりiPhoneが故障して、復元出来ない状態になってしまい、連絡先が消えるなんて事が起こったら、かなり困りますよね、

またiPhoneを機種変更する時にも、大切な連絡先等のデータは、必ずバックアップしておきたいもの。

iPhoneに慣れていないと、「iPhoneのバックアップ」と言う言葉を聞くだけで、なんだか頭が痛くなりそう……でも連絡先が、消えたら困る!……大丈夫!

iPhoneのバックアップの方法は、かなり簡単なんです。今日は、iPhoneの中のデータでも重要な部類に入る、「連絡先」のバックアップの方法について、紹介してみたいと思います!

iPhoneの連絡先をバックアップするには

iPhoneの連絡先をバックアップする方法は3通りあります。

・1. iTunesで、iPhoneの電話帳の連絡先をバックアップする
・2. iCloudで、iPhoneの電話帳の連絡先をバックアップする
・3. アプリを使って、電話帳の連絡先をバックアップする

この3通りとなります。

もちろん、この3つの方法については、連絡先のバックアップだけには限りません。iPhoneのデータであればなんでも、この方法のどれかでバックアップを取る事となります。

iPhoneの連絡先をバックアップする方法の「3つ」の違い

読んで字のごとく、3通り目の「アプリで」と言うのは、無料だったり有料だったりのアプリを使う事でiPhoneに入ってる連絡先のデータをバックアップします。

では残りの二つの違いはどんなものなのでしょう? この二つのバックアップ方法では、保存できるデータの違いがあります。

iCloudでバックアップする場合は、下記のデータを保存する事が出来ます。

・カメラロールの中にある写真や動画
・デバイスの設定
・アプリのデータ
・ホーム画面のアプリの配置
・iMessage・SMS・MMS のメッセージ
・着信音
・ビジュアル・ボイスメール

かたやiTunesでのバックアップはどうでしょう?

・連絡先や、よく使う連絡先
・アプリのデータ
・アプリの設定や、環境設定、書類等のデータ
・ウェブページに自動入力する内容
・カレンダーのアカウントや、登録している予定
・電話アプリでの、通話履歴
・カメラロールの写真や、ビデオ
・Game Centerのアカウント
・ホーム画面のアプリの配置
・アプリ内で購入した音楽や動画やゲームやアプリ等
・メールアカウントやWi-Fi、ウェブサイトやアプリのパスワード
・位置情報の使用を許可したアプリやウェブサイト
・インストールされている、プロファイル
・マップアプリの、ブックマークや、検索履歴
・Microsoft Exchangeのアカウント設定
・ネットワーク設定
・Nike+iPodのワークアウトと設定
・オフラインのウェブアプリの、キャッシュやデータベース
・登録されているBluetoothのデバイス
・SafariのブックマークやCookie、履歴やオフラインデータ、現在開いているページ等
・保存されている文字変換の候補
・iMessage・SMS・MMS等のメッセージ
・ボイスメモ
・壁紙
・ウェブクリップ

……出来る事の違いは、確認するまでもなくiTunesでのバックアップの方が多いですね。

iTunesでのバックアップは、暗号化しておこなわれますので、iCloudよりも沢山の種類のデータを、保存する事が可能なんです。

そして、今回はiPhoneに入っている、「連絡先」をバックアップするのが目的となりますので、バックアップの方法は、iTunesのみと言う事になります。

iPhone内にある連絡先をバックアップしてみよう

それでは、iPhone内にある連絡先を、バックアップする方法をご紹介していきましょう。

1.iPhone購入時に付属していた「Lightningケーブル」のUSB端子をパソコンに挿しましょう。

反対側のコネクタはiPhoneに挿してください、きちんとUSBが接続されれば、自動的にパソコンのiTunesが起動します。
自動的に起動しない場合は、Windowsのスタートメニュー、Macのアプリケーションフォルダから、iTunesを開きましょう。

2.次にiTunesの初期設定を行います。(すでに初期設定がお済の方は、この項目は飛ばしてください)

iTunesの画面の左上にある「iPhone」のアイコンをクリックします。次に表示される、iPhoneの情報や状態を示す画面の中から「バックアップ」の項目を選択してください。

3.「このコンピュータ」を選択。そして「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて下さい

暗号化する事で、iPhoneのバックアップのデータを保護できたり、iPhoneに登録されているアカウントの、パスワードなんかも、バックアップする事が可能となります。

4.暗号化するためのパスワードの設定を行いましょう

このパスワードを忘れてしまうと、iPhoneのデータが復元できない状態になります。パスワードを再設定する方法はありませんので、慎重に行い、忘れないパスワードにしましょう。

パスワードを設定すると、バックアップが自動的に始まります。問題なくバックアップが終わりましたら、先ほどの「バックアップ」の項目から次の点を確認して下さい。

1.「このコンピュータ」が選択されているか
2.「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックが入れてあるか
3.「最新のバックアップ」が「このコンピュータ:今日(時刻)」の表記になっているか

確認が出来れば初期設定は完了です。

ではいよいよ、通常の流れでのiTunesからのバックアップの方法をご紹介しましょう。

先ほどと同じく、「Lightningケーブル」でiPhoneとパソコンを繋ぎます。そしてiTunesの「バックアップ」画面の右下にある「同期」をクリックします。「同期」ボタンの上にある、「最新のバックアップ」の日時を確認しましょう。

「このコンピュータ : 今日(時刻)」に、更新された事が確認できるはずです。なぜか同期できない現象が起こったり、日時が更新されない場合は、「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

ちなみに、この方法でのバックアップは「連絡先」のみならず、全てのデータをバックアップしますので、ご注意ください。

本当にiCloudでiPhoneの電話帳をバックアップ出来ないの?

先ほどのバックアップできるデータリストの中で、iCloudには連絡先の項目がありませんでしたね。そうなんです、そのはずなんですが……どうも出来るらしいので、やり方をご紹介してみましょう。

1.iPhoneの「設定」→「iCloud」→「連絡先」だけをオンにします
2.次に「バックアップ」→「iCloudバックアップ」をオンにしましょう
3.「今すぐバックアップを作成」をタップします

これでiTunes以外でも連絡先のバックアップを取る事が可能となります。iCloudでのバックアップの最大のメリットは、パソコンが無くてもWi-Fi接続の環境さえあれば可能な事です。

しかし注意したいのは、iCloudの容量制限はかなりシビアになりますので、容量不足になるとバックアップを行う事は出来ません。

連絡先のバックアップを取るアプリ

Friends Note

auユーザーの方なら一度はお目にかかった事のあるアプリではないでしょうか? 名前だけ見ると「なんだこれ……?」なアプリですよね。しかも初期からあるアプリなので削除も出来ないし(笑)

このアプリの魅力はSNS等との連携に特化している事。iPhoneの電話帳や、SNS等の、全ての連絡先を一括管理する事が出来るんです。

連絡先のバックアップ & エクスポート & インポート

なんとも分かりやすい、明瞭な名前ですね。こちらは有料のアプリとなりまして360円となっています。やはり有料のアプリは違いますね。

Wi-Fi接続の環境があれば、パソコンに一発で、iPhoneの中にあるアドレス情報を送る事が出来るんです。これは凄い! そして仕事でiPhoneを使ている方に嬉しい機能が

・Excel
・Gmail
・Outlook

これらの、どの形式でもエクスポートする事が可能なんです。

この他にもいろいろ便利な機能付きのアプリがありますので、さくっとアプリに任せてしまうのも手ですね!

iPhoneの連絡先をバックアップする簡単な方法、まとめ

消えてしまってからでは遅い、連絡先のバックアップ。やり方はそんなに難しくありませんので、ぜひ今すぐにやってみてくださいね。

iPhoneの連絡先をGmailで同期させる方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る