トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 消音!iPhoneのカメラのシャッター音を消す簡単な方法
消音!iPhoneのカメラのシャッター音を消す簡単な方法
更新
まとめ・説明書

消音!iPhoneのカメラのシャッター音を消す簡単な方法

消音!iPhoneのカメラのシャッター音を消す簡単な方法

iPhoneカメラをサイレント仕様に

こんにちは! Applisionです。iPhoneでカメラを使う時、音が鳴ると不便な事、ありますよね。

可愛い子どもや、ペットの寝顔をiPhoneのカメラで撮影したい時とか、静かな場所や飲食店等でiPhoneのカメラで撮影したい時とか……。

iPhoneの画面のスクリーンショットを撮りたい時もそう! iPhoneのカメラ撮影時のシャッター音に困る事、結構ありますよね。

今日は、そんなiPhoneでのカメラ撮影時にシャッター音を消す・音を小さくする方法をご紹介してみたいと思います!

iPhoneのカメラの、シャッター音を消すならやっぱり「アプリ」?

一番簡単に、うるさいiPhoneのシャッター音を消す方法は、専用のアプリを使う事。これに尽きると思います。

iPhoneでのカメラ撮影時のシャッター音を、完全に消す事が出来る物から、音量を限りなく小さくする事が出来るもの等、色々ありますので、いくつかご紹介してみましょう!

有料のアプリで有名な所だと、「OneCam」と言うアプリ。

価格は240円となっています。

App Storeの説明文にも「iPhoneでの、静音撮影も可能な、カメラアプリ」と記載されています。

しかし、そこは有料のアプリ! 実際は静音どころか、iPhoneでのカメラ撮影時にはシャッター音は「鳴らない」と言っても過言ではありません。このアプリがあれば、念願のiPhoneでのカメラ撮影が音なしで行えるんです!

通常のカメラ機能も、結構使える高機能カメラアプリのようなので、使えそうですね。スクリーンショットを撮影する時にも、音消しが出来ますよ!

無料のカメラアプリでシャッター音を微音にするなら「超微音カメラ」です。

その名の通り、ずばりiPhoneでのカメラ撮影時に出る音を小さくする事が出来るんです。完全に音を無しにしてしまう訳ではないので、防犯にも配慮されていると言っても構いません。

もちろん、シャッター音を完全になくす事が出来る、無料アプリも存在しますが、カメラ機能も良い方がいいですよね。他の無料の消音カメラアプリと異なって、高画質で撮影が可能と言うから、超ありがたい!

無料とは言え、どうせアプリを入れるなら、カメラ機能も高機能だと嬉しいですよね。使うのが手軽、簡単なカメラアプリな事も需要なので、用途に応じたカメラアプリを探してみてくださいね。

iPhoneのカメラの音は消したいけど、アプリは入れたくない

iPhoneのカメラの音は消したいけど、アプリは入ちょっと……なんて方もいらっしゃいますよね! 分かります、あまりアプリを入れ過ぎるのも、iPhoneが重くなる原因となります。

そんな方の為に、iPhoneにアプリをインストールしないで、カメラ撮影時の音を消す方法をご紹介します。

まずはiPhoneのカメラを起動しましょう。次にカメラの設定の中からビデオ撮影にモードを切り替えます。

iPhoneは動画の撮影を始めると、画面の右下に丸い「シャッターボタン」が表示されているのが分かりますね?

実は、このボタンをタップする事で、iPhoneの動画を撮影している途中で「静止画」を撮影する事が出来るんです。

そして当然、ムービー撮影中のiPhoneで、静止画をカメラが撮影してもシャッター音は鳴らないんです!

さらにもう一つ、簡単にiPhoneのカメラ撮影時のシャッター音の消し方

カメラアプリのシャッター音は、通常、盗撮等からの防犯対策もあり大きい音が出ますよね。でもiPhoneのカメラアプリって意外に、簡単にシャッター音が消せちゃうので、喜んでいいのか悪いのか……(笑)

これはスクリーンショットを撮影する際の、シャッター音を消す方法にも通じる方法です。

やり方は超簡単。

・iPhoneにイヤホンを挿したままの状態で、カメラアプリで撮影すると、シャッター音が出なくなるんです

もう少し詳しく説明してみましょう。iPhoneで音楽を再生しながら、ボリュームを最小にします。この時、当然iPhoneには、イヤホンが刺さっている状態となります。

次に、カメラアプリを起動し、シャッターを切ってみると、見事シャッター音は鳴らないのです。

防犯対策の為になるシャッター音

iPhoneのカメラアプリでの、撮影時に鳴る「シャッター音」を消す方法をご紹介してみました。

しかし、シャッター音が鳴るのは「盗撮防止」等の防犯対策でもありますので、必要が無ければ使わないのが良いかもしれませんね。

そして、例え音が鳴らなかったとしても、観光地や公共の場、飲食店等、必ず撮影していいか確認してから、カメラアプリで撮影するようにしましょうね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る