トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの「ヒント」機能が実は超便利だった件
iPhoneの「ヒント」機能が実は超便利だった件
更新
まとめ・説明書

iPhoneの「ヒント」機能が実は超便利だった件

iPhoneの「ヒント」機能が実は超便利だった件

え、ヒントくれるの?

こんにちは! Applisionです! iPhoneのヒントって使った事ありますか?

私は比較的使う方なのですが、iPhoneって結構、使い方が分からなくても、なんとなーく使えちゃうので、ヒントって必要なかったりしますよね。

でも、それでは勿体ない!実はこのiPhoneの「ヒント」使ってみるとすごーーく便利なんです。

iPhoneの機能説明のみならず、ちょっとした小技や裏ワザなんかのテクニックまで教えてくれるんです! そこで今回は、縁の下の力持ち? 的な、便利な機能を併せ持つ、iPhoneの「ヒント」についてご紹介してみましょう。

役に立つ事間違いなしです!

iOS8から標準アプリとして追加されたアプリ「ヒント」

便利なTipsを持っていると言う、iPhoneのアプリである「ヒント」一体どんなお役立ち講座を、私たちにしてくれるのでしょう?

これ、実は「毎週」新しいヒントがiPhoneに届いているんですよ。毎週って凄くないですか?これが、見てるだけでも結構面白いんですよね。

ちょっと覗いてみると、メッセージアプリの使い方や、Siriの便利な使い方等等。知ってると、人に教えてあげたくなるようなiPhoneの使い方のヒントをくれるようです。

このヒントアプリがあれば、iPhoneの使い方のヒントとコツもばっちり習得できそう!

iPhoneのどんなヒントがあるの?

結構いろいろあるんですよ?

標準アプリとして搭載されたころは、1ケタしかなかったヒントの数も、今では2桁を優に超え、3ケタになるのもそう遠い未来ではなさそう。

そんなiPhoneのどんなヒントがあるのか、少しご紹介してみましょう。

・通知に素早く対応する方法
・Siriで曲を聞き分ける方法
・自分の現在地を知らせる方法
・アドレスをすばやく入力する方法

結構やり方を忘れた物もあると思います。なので、暇な時にでもぜひ、開いてみてどんなヒントがあるか見てみてください。

しかし悲しいかな……邪魔者扱いのiPhoneの「ヒント」

iPhoneのヒントとは、本来iPhoneを使う人に、役に立ったと思ってもらえるように、使えるヒントをお届けするはずなのに……「iPhone」「ヒント」で検索すると、出るわ出るわ。

「邪魔」とか「いらない」とか「表示しない」なんてキーワードが(汗)そんな訳で、一応皆様のご要望にもお応えするべく、ヒントの通知や表示を消す方法をご紹介してみましょう。

iPhoneに標準で搭載されてるアプリは、アンインストールする事は出来ません。iPhoneの「ヒント」のアプリもその一つ。

使いもしないのにiPhoneのホーム画面にアイコンがいつまでも鎮座していたら、邪魔と思ってしまう気持ちもなんとなく分かります。そこでiPhoneのホーム画面からヒントアプリのアイコンを削除する方法を、お教えしちゃいます!

正確には「削除」ではないんですが……まあ細かい事は言いっこなしで(笑)フォルダの中にフォルダを入れる方法をご存知ですか?

1.消したいアプリをまとめたフォルダを、iPhoneのホーム画面に作り、別のフォルダの中に格納します
2.フォルダの中に「消したいアプリ」だけが入ったフォルダを残して、その他のアプリはフォルダの外に出しましょう
3.フォルダから「消したいアプリ」フォルダを出して、画面一番下にある「ドック」に重なるように移動させ、1秒くらい待ちます
4.そのまま指を話すと「消したいアプリのフォルダ」が消えてしまいます

この方法を使えば、iPhoneのホーム画面に溢れてしまうアイコンの整理が、容易に可能になります。iPhoneに初期搭載されて目障りだった「ヒント」アプリも、これで片付けてしまいましょう!

文字では少し分かりにくいかもしれませんが、ゆっくり順を追えばすぐわかるとおもいますよ!

ヒントから届く通知をオフにしたい!

初期搭載されているアプリからはやたらと通知が届きますよね。ヒントのアプリもまさにそれ。

iPhoneの「設定」→「通知」→「ヒント」を開き、その中の「通知を許可」をオフにしましょう。これだけで心穏やかになれますよ~。

iPhoneの「ヒント」機能が実は超便利だった件、まとめ!

意外に面白い機能であるiPhoneの「ヒント」アプリ。iPhoneの達人たちにはかなり物足りないのかもしれませんが、初心者の方には間違いなく役に立つはず!

より便利に!iPhoneでショートカットを設定しよう

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る